語尾の 「 さ 」 が気になって仕方が無い

ま、人それぞれだから良いんだけどね。気になるものは気になる。

「あの、それで、だから

長野の方言って「」がつきましたっけ。

聞いたことないよ。

人それぞれ口癖ってありますよね。だから気にする僕が悪いんです。気にしなければ良いんです。えぇ、よくわかっています。

でも、言わせてください!

語尾に「さ」をつける話し方は、なんだかすっごく残念な気がします!

職場で流行ってる(?)んですよねー。語尾にさがつく話し方。

おばちゃんA「昨日。スーパーに行ったら。CMでやってるチョコ?が売ってて。それで。美味しいのかなと思って買ったの。そしたら。すっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って。今日持ってきたの」

おばちゃんB「そうなんだ、ありがとう~。私も。そのチョコ食べたいって思ってて。スーパー行ったんだけど見つからなくって。やっぱり人気なんだなって思ってたの。そしたら。旦那が買ってきてくれて。食べたらすっごく美味しくて。また食べたいなって思ってたんだ」

部長「そのチョコ。俺も食べたよ。ところで。昨日言ってたお店が。」

さ、さ、さ、さ、やかましい!

なんで語尾に「さ」がつくんでしょうね。聞き取りにくい、何言ってんのか分かんない、「さ」しか印象に残らないと三拍子揃った話し方ですよ。

さを抜くとこんな感じ。

おばちゃんA「昨日スーパーに行ったらCMでやってるチョコ?が売ってて、それで美味しいのかなと思って買ったの。そしたらすっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って今日持ってきたの」

おばちゃんB「そうなんだ、ありがとう~。私もそのチョコ食べたいって思ってて、スーパー行ったんだけど見つからなくって。やっぱり人気なんだなって思ってたの。そしたら旦那が買ってきてくれて、食べたらすっごく美味しくて。また食べたいなって思ってたんだ」

部長「そのチョコ俺も食べたよ。ところで昨日言ってたお店が。」

あれ?ちょっとさみしい?

なんでも「さ」は間投助詞といって感動を表す意味合いもあるとか無いとか。語尾につく「ね」とか「な」と同じらしいですよ。

間投助詞がないと淡々としている印象になるかもしれませんね。

だからと言って。語尾すべてに「さ」がつくのは嫌。

「そんな細かいこと気にするなよ」と言われそうですが、気になるものは気になる!

付け過ぎるから気になるんです!

どうせつけるならこのくらいで良いんじゃないかな。

おばちゃんA「昨日スーパーに行ったらCMでやってるチョコ?が売ってて、それで美味しいのかなと思って買ったの。そしたらすっごく美味しくて。〇〇さんにも食べてほしいと思って今日持ってきたの」

美味しさに感動した!と言う使い方。

ま、人それぞれだから良いんですけどね。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード