仕事ができない、つらいを克服するには

仕事ができなくてつらい

仕事ができないと、周りに迷惑をかけている気がして辛いですよね。

仕事ができないことを周りから責められると「申し訳ない」という気持ちが強くなり、仕事に行くことも嫌になってしまいます。

そんな状態が長く続けば、「仕事を辞めたい」と思うこともあるでしょう。

この記事では、なぜ仕事ができないといわれるのか、どうすれば仕事ができる人になれるのかを紹介しています。

先に答えを言うと、仕事ができる人・できない人を分けるポイントは、「期待に応えているかどうか」です。

最後まで読んでいただけば、仕事ができる人になるポイントが理解できます。

仕事ができない人とは

仕事ができない人とは、ひとことで言えば「期待に応えられない人」のこと。

つまり、会社や上司、先輩が望む結果を出せない人、周りの期待に応えられない人が、仕事のできない人です。

その証拠に仕事のできない人の特徴をあげると…

  • 同じミスを繰り返す
  • ミスの処理が苦手
  • 時間の使い方が下手
  • 指示されないと動けない
  • 口だけ達者
  • 締め切りを守らない
  • 目標が達成できない

…などがあります。

これらの特徴はすべて、周りの人の期待が根本にありますよね。

つまり「同じミスを繰り返す」なら「ミスをしないでほしい」という期待が、「目標が達成できない」なら「目標を達成してほしい」という期待が根本にあります。

なので「仕事ができない人」とは、「期待に応えられない人」のことです。

仕事ができなくてつらいのは責任感が強いから

「仕事ができない人」とは、周りの期待に応えられない人のこと。

そして責任感の強い人ほど、周りの期待に応えられないことをつらく感じます。

つまり仕事ができなくてつらいと感じる方は、責任感が人一倍強い人なのです。

責任を一人で背負いやすい

責任感が強いと、仕事の遅れやミスを一人で背負おうとします。

周りに迷惑がかかることを申し訳ないと思い、誰にも相談できなくなるのです。

仕事を一人で背負うと作業量ばかりが増えてしまい、時間が足りなくなっていきます。

すると長時間残業せざるを得なくなり、仕事がつらくなっていきます。

一人で何とかしようとしてしまう

また任された仕事やミスを、一人で何とかしようとするのも、責任感の強い方の特徴です。

ですが結局一人では処理できず、どこかで上司や先輩から叱責を受けることになります。

その結果「頑張っているのに失敗ばかりだ」と、思い込むようになり、仕事がつらくなっていきます。

つらさを解決するには最低限の役目を果たす

「仕事ができなくてつらい」から抜け出すには、最低限の役目を果たす必要があります。

例えば営業なら、売上目標は必ずクリアする
経理なら期日までに必要な事務処理をする、などです。

最低限の役目を果たせば、最低限の期待に応えることができます。

すると「仕事のできない人」から、「仕事をしている人」に格上げされるでしょう。

「仕事をしている人」としれ見られれば、仕事ができなくてつらいと、感じることはなくなります。

仕事ができる人になるには

「仕事をしている人」で満足できず、仕事ができる人になりたければ、周りの期待に応える必要があります。

なぜなら仕事ができる人とは、周りの期待に応える人のことだから。

仕事で周りの期待に応え続ければ、自然と「仕事ができる人」として扱われます。

完璧である必要はない

勘違いしてほしくないのは、仕事ができる人=完璧に仕事をこなす人、ではないということ。

仕事ができる人でもミスはしますし、期日に遅れることがあります。

それでも「仕事ができる人」だといわれるのは、次の人が喜ぶ仕事をしているからです。

次の人とは

次の人とは、あなたの仕事を次に受け取る人のことです。

例えば製品を作る工場で働いているのなら、次工程の人が「次の人」です。

書類を作成する仕事なら、出来上がった書類を受け取る人が「次の人」になります。

一言でいえば、あなたの仕事を次に受け取る人が「次の人」です。

次の人が喜ぶ仕事をする

次の人が喜ぶ仕事をすれば、自然と仕事ができる人になれます。

例として、仕事のミスを考えてみます。

仕事でミスをしたときに、迷惑をかけたくないと一人で頑張ったらどうなるでしょうか?

ギリギリで期日に間に合えば、結果オーライで終わります。
ですがもし、ミスが原因で期日に間に合わなかったら?

とても次の人が喜ぶ仕事にはなりません。

ではどうすれば、次の人が喜ぶ仕事になるのでしょう。

ホウレンソウが基本

次の人が喜ぶ仕事とは、ミスが分かった時点で報告・連絡・相談をすることです。

事前に報告と相談があれば、次の人は対策を打つことができます。

期日に遅れることが分かっていれば、全体の日程を調整することもできるでしょう。

確かにミスで迷惑は掛かります。
ですが報告・連絡・相談をきちんと行うことで、ダメージは最小限で済むのです。

きちんとホウレンソウをすることで、たとえミスをしたとしてもきちんと仕事をしていると、思ってもらえます。

次の人のために何ができるかを考える

大切なのは「次の人のために何ができるのか」を考えること。

ミスをしたときに隠して一人で処理することが、次の人のためになるのでしょうか?

隠さずに報告・連絡・相談したほうが、次の人のためになると思いませんか?

次の人のために何ができるのかを考えること。

これが「次の人が喜ぶ仕事をする」という意味です。

結果を出すことが大切

仕事ができる人になるために、もう一つ大切なことは結果を出すこと。

結果を出さなければ「あいつは仕事ができる」と、言われることはありません。

そして結果を出せば、小さなミスを責められることはなくなります。

仕事ができる人は必ず結果を出します。

言い方を変えれば、結果を出し続ければ自然と「あいつは仕事ができる」と言われるものです。

最後に

「周りの期待に応える」ことが、仕事ができる・できないを分ける重要なポイントです。

そして仕事ができる人になるには、「次の人」のことを考えて働く必要があります。

はっきり言って細かいテクニックなどは必要ありません。

あなたの仕事で「次の人」が喜べば、あなたは仕事ができる人だと思ってもらえます。

ポイントは2つ。

  • 周りの期待に応える
  • 次の人に喜んでもらう

たったこれだけのことをクリアするだけで、あなたの仕事に対する評価は大きく変わるはずです。