女性の多い職場で無難に働くコツ

女性の多い職場は人間関係が複雑になりがち。

うわさ話や悪口が多い、グループや派閥がある、プライベートなことを聞いてくるなど、人間関係の悩みが尽きないものです。

そこでこの記事では、女性の多い職場(主にドラッグストア)で20年近く働いたベテランパートさんに、女性の多い職場で無難に働くコツを聞きました。

女性の多い職場の人間関係で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性の多い職場で無難に働くコツ

女性の多い職場で無難に働く7つのコツを紹介します。

全員に挨拶をする

挨拶は全員にすることが基本です。

女性の多い職場では、挨拶がきちんとできるかどうかを見られています。

なので先に出社している人を探し、1人1人傍に行って挨拶をしてください。
また退社するときも、全員を探して「お先に失礼します」と言って挨拶をしましょう。

面倒くさいと思うかもしれませんが、挨拶をされて悪い気のする方はいません。

女性の多い職場では、従業員全員に敬意を払い、きちんと挨拶をすることが基本になります。

悪口や影口は言わない・聞かない、見ない・参加しない

悪口や影口は言わない・聞かない・見ない・参加しないが鉄則です。

職場で人の悪口や影口を言う人は、だいたい決まっているもの。
できるだけ近づかないようにすれば、悪口や影口に関わらずに済みます。

もし参加していた会話で人の悪口や影口が始まってしまったら、仕事を始めるふりをして、その場から離れるようにしましょう。

もし意見を求められても「分からない」などと言って濁してください。

告げ口は絶対にしない

人の悪口や影口を耳にしても、本人やほかの人に話をしてはいけません。
なぜならあなたの話をきっかけにして、人間関係のいざこざが始まるかもしれないからです。

女性の多い職場だと、影口や悪口に対して「やっぱり私納得できない! 直接話してくる!」と言って口げんかが始まり、険悪な雰囲気になるのは良くある話。

そのきっかけをあなたが作ってしまうと、後々面倒になります。

だからこそ、悪口や影口を耳にしても、余計なことは一切話をしない方が無難です。

約束は守る

人間関係ができてくると、プライベートな話を聞く機会も増えていきます。
その中で「絶対に人に言わないでね」と言われることもあるでしょう。

もし口止めされたり、何かしらの約束をしたときは、必ず守るようにします。

当たり前のことですが、一度でも約束を破ってしまえば信用を失います。

失った信用をもう一度構築することは、想像以上に大変なものです。

だからこそ、約束は絶対に守るようにしてください。

仕事はきちんと終わらせる

女性の多い職場で無難に働くには、与えられた仕事を確実に終わらせることが基本です。

なぜなら仕事の出来ない方は、例外なく嫌われるから。

自分の仕事を終わらせるのは当たり前のこと。
でも人間関係などで悩んでいると、仕事もおろそかになりがちです。

仕事は仕事と割り切り、きちんと終わらせるようにしてください。

聞き役に徹する

職場では聞き役に徹することも、無難に働くコツになります。

話が人の悪口や影口じゃない限り、「そうですね」「わかります」などと相づちを打ちながら、しっかりと話を聞いてみてください。

人は喋りたがる生き物なので、話をきちんと聞いてくれる方は、人から好かれやすくなります。

なので職場では聞き役に徹することが、無難に働くコツになるのです。

グチは社外の人だけに言う

仕事のグチは仕事と関係のない、社外の人だけに話しましょう。
少しでも仕事に関係のある人に、グチをこぼすのは絶対にやめてください。

どこから職場の人の耳に入るか分かったものじゃありません。

最適な話し相手は恋人や家族です。

最後に

女性の多い職場で無難に働くコツを7つ紹介しました。

  • 全員に挨拶をする
  • 悪口や影口は言わない・聞かない、見ない・参加しない
  • 告げ口は絶対にしない
  • 約束は守る
  • 仕事はきちんと終わらせる
  • 聞き役に徹する
  • グチは社外の人だけに言う

もし女性の多い職場で人間関係に悩んでいるのなら、紹介したコツを試してみて下さい。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談