仕事で納得がいかなくてもやめるべきではない

仕事で納得がいかなくてもやめるべきではない

仕事で納得がいかないこと、ありますよね。

あまりにも理不尽な仕打ちに、「もうやめたい!」と、思うこともあるでしょう。

ですが仕事で納得がいかないことがあっても、やめるべきではありません。

働いている限り、納得のいかないことはいくらでもあります。

何しろ働いている人の8割以上が、仕事で納得のいかないことがあると回答しているのですから。(参考サイト

もし納得のいかないことがあるたびに仕事を辞めていたら、まともに働くことができなくなってしまいます。

納得のいかないことはいくらでもある

仕事で納得のいかないことは、本当にたくさんあります。

ちょっと考えただけでも…

  • 責任から逃げる上司
  • 「急ぎ」だといわれたのに取りに来ない
  • 指示がコロコロ変わる
  • 責任を押し付けられる

…なんてことが、毎日のように起こります。

いくつか体験談を紹介します。

急ぎだといわれたのに…

「急ぎの仕事だから明日までに終わらせて!」

そう上司から言われ、残業をしてまで終わらせたのに、「やっぱりいらなくなった」と言われた。

「急いで」が5分後に「必要ない」に代わる

「急いで出荷してほしい」と客先から連絡が入り、慌てて用意したら「必要なくなりました」と、連絡が入ることもよくあります。

急がせた分金を払え! と言いたくなりますが、我慢するしかないんですよね。

上司と客からミスを責められる

クレーム対応で上司に同行してもらったら、客先で客と一緒にミスを責めてきた。

「お前がすべて悪い!」「本当に謝る気はあるのか!」と、上司から客先で責められたときは、「同行なんて頼むんじゃなかった」と、心の底から思った。

納得がいかないことは数えきれないほどある

納得がいかないことは、本当に数えきれないほどあります。

「明日までにやっておく」といったくせに、「できませんでした」という置手紙を残して休む社員もいました。

見積を依頼したら、「作っちゃったから」と請求書を送ってくる取引先もありましたね。

納得がいなかないことなんて、本当に数えきれないほどあるものです。

問題はストレスが溜まること

納得がいかないことで問題なのは、ストレスが溜まることです。

「それ、おかしいだろ」と思っても、強く言うことができないからつらいのです。

だから、仕事で納得のいかないことあるとストレスが溜まり、やめたくなってしまうのです。

聞き流すくらいでちょうどいい

仕事で納得がいかないことがあっても、聞き流すくらいが丁度いい。

真面目にとらえると、ひたすらストレスが溜まっていくだけです。

責任から逃れる上司がいたら、いつものことだと諦めましょう。

指示をコロコロ変える上司がいたら、変わるものだと思って対処すればいいだけです。

言ったことをやらない人がいたら、ちゃんとやってくれる人に頼みましょう。

納得のいかないことに正面から向き合う必要はありません。

適当に聞き流すくらいの感覚で受け止めて、気にしないことが大切です。

仕事で納得がいかなくても辞めてはいけない

仕事で納得のいかないことは、毎日のように起こります。

それこそ話のネタに尽きないくらい、日常的な出来事なのです。

なので、仕事で納得がいかないことがあっても、簡単に辞めてはいけません。

なぜならほかの仕事に転職しても、同じような思いをするからです。

働いていれば納得のいかないことなんて、本当にたくさんあります。

いちいち気にしていいたら身が持ちません。

「良くあることだ」と軽く受け止めて、深く考えすぎないようにしてください。