仕事を辞めるには。知っておくべき転職の現実

仕事を辞めるには

何か嫌なことや納得のいかないことがあって、「仕事を辞めたい」と思うと、「仕事を辞めるにはどうすればいいのか」と考えてしまいますよね。

仕事を辞めるための手続きは「退職届を提出する」というシンプルなもの。

実際に仕事を辞めた経験から言わせていただけば、驚くほどあっさりと仕事を辞めることができます。

ですがもし、「今の仕事を辞めたい」という思いだけで仕事を辞めようとしているのなら、迷惑かもしれませんが全力で止めさせていただきます。

なぜなら今の日本は転職者に冷たいから。

「転職が当たり前になった」と煽る記事は沢山ありますが、まだ転職へのハードルは高いのが現実です。

なので今の仕事を辞める前に、転職の現実と問題点について紹介します。

転職の現実

先ほども書きましたが、転職はまだまだハードルが高いのが現実です。

年齢によって転職の難易度は大きく違う

20代であれば未経験職種への転職もできますし、求人も豊富にあります。
ですが、一流と呼ばれる企業の求人は少なく、中小企業の求人が多くなります。

まだ第二新卒や新卒枠で応募できるのなら、一流企業への転職も可能かもしれません。

30代は前半であれば、それなりに求人があります。
ですが35歳を超えると徐々に求人が減っていきますし、企業が求める人材像もハードルが高くなっていきます。

実際に求人を検索してみると、「長期的な人材育成のため」として、35歳以下を求める求人がおおいのです。

なので35歳を超えて転職する場合は、よく考えた方がいいですね。

40代に入ると求人が一気に少なくなります。
求人が少なくなる理由は、40代の人材を欲しがる企業が少ないから。

求人が出ていたとしても、管理職経験や資格・スキルなど、かなりのハイスペックを要求されるでしょう。

個人的に40代に入ったら、転職は辞めた方がいいと考えています。
どうしても転職したいのであれば、在職中に次の仕事を見つけるべきです。

もし40代の転職で失敗したら…。
あとは転げ落ちるだけの人生になるかもしれません。

学歴によって応募できる求人に差がある

学歴によって応募できる求人にも差があります。
なぜなら大卒は高卒の求人に応募できますが、高卒が大卒の求人に応募しても採用されにくいからです。

つまり、転職で成功するかどうかは、学歴が大きく関係してくるということ。

もちろん高卒でもスキルと経験があれば、転職で成功することはできます。
できますが、かなり厳しいと考えるべきです。

転職が当たり前はウソ

まことしやかにささやかれている「転職が当たり前の時代になった」は、はっきり言ってウソです。
一体だれが「転職が当たり前」などと言い出したのでしょうか。

たしかに厚生労働省の統計を見れば、2人に1人が転職を1回以上しています。
ですが逆に言えば、半分の人は1回も転職をしないのです。

「転職が当たり前」だと言われているのは、転職サービス(転職サイトや転職エージェント)が増えたことにより、昔より転職しやすくなったからです。

もっといえば「転職が当たり前」だとするサイトが増えたのも、原因だと考えられます。

何しろ「仕事辞めたい」とかで検索すれば、「辞めていい、早く転職しろ」と煽られ、転職エージェントのサイトに誘導されますから。

つまり「転職が当たり前」は、転職関連で利益を得ている方達が作り出した風潮なのです。

転職するリスク

転職することは決して悪いことではありません。
転職の現実を知ったうえで、それでも仕事を辞めて転職したいのなら、ガンガン突き進んでもいいのです。

ただし、転職にはリスクが付きまといます。

例えば、いままで築き上げてきた人間関係も、1から作り直さないといけません。
経験を積んで確保した社内でのポジションも、完全に失うことになります。

当然一番の新人になりますから、仕事を覚えるまでは窮屈な思いもするでしょう。
上司や先輩と気が合わない可能性もあります。

残業や休日出勤が今の会社より多くなるかもしれません。
給与も下がる可能性がありますし、通勤時間も長くなるかもしれないのです。

もっと最悪のケースを考えると…

転職先がいつまでたっても見つからず、アルバイトで食いつなぐようになる。

入社した会社が絵にかいたようなブラック企業。

経験が生かせない会社に入社し、キャリアが台無しになる。

など、考えてもいなかった人生を歩むことになるかもしれないのです。

転職エージェントも万能ではない

とはいえ最近は転職エージェントのような、転職を全てサポートしてくる無料のサービスがあります。
なので「転職サービスを利用して転職しよう」と、考えている方も多いでしょう。

たしかに転職エージェントは、求人の紹介から応募書類の添削、面接対策や内定後の交渉まで、本当にきめ細かなサービスを受けることができます。

ですが転職エージェントは、求職者と求人企業を結び付けて報酬を得る商売だということを忘れないでください。

つまり転職エージェントが1円でも多く稼ぐには、転職を成功させないといけないのです。

なので、いつまでたっても転職が決まらない方は、相手にされなくなります。
また企業が欲しがらない人材(転職回数が多い、年収が低過ぎる、キャリアが浅いなど)も、登録を断られます。

商売ですから、お金にならないことに時間をかけてくれないのです。

転職エージェントは素晴らしいサービスです。
とはいえ「誰でも利用できるわけではない」ことと、「転職エージェントも商売」だということは知っておいてください。

つまり転職エージェントに登録したからと言って、確実に転職できるわけではない、ということです。

最後に

仕事を辞めるのは自由です。
ですがやめる前に、本当に辞めないといけないのか、真剣に考えてください。

少なくとも一時の感情に流され、勢いだけで仕事を辞めるべきではありません。

はっきり言って一時の感情だけで仕事を辞めると、その先の人生が大きく狂ってしまいます。
経験者が言うのですから間違いありません。

「転職が当たり前になった」と煽る記事は沢山ありますが、実際にはまだハードルが高い。

だからこそ、一時の感情で仕事を辞めるのだけは、避けてほしいのです。




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職