人気上昇中!?Uターン就職、Iターン転職が増加中

東京・大阪など大都市に進学した学生の半数は、地元に戻って就職するといいます。
騒がしい都会ではなく、静かで落ち着いた田舎で生活したいという思いは、少しずつ広がりを見せています。

一度都会で生活し、地方に移動して就職することをつぎの3つで言い表します。

  • Uターン
  • Iターン
  • Jターン

地方が人気になるは嬉しい限りですが、都会とのギャップや、企業と就職希望者との気持ちのすれ違いから、離職率が高い現状もあるようです。

この記事ではそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しています。
「田舎で生活したい」と考えている方の、参考になれば嬉しいです。

・Iターン・Jターンとは

これらの言葉は人が移動する動きを、アルファベットに当てはめて表現しています。

Uターンとは

地方に住む人が大都市に進学し、地方に戻ることをいいます。
新卒が就職の為、地方に戻ればUターン就職。
地方から都会に進学し、一度都会で採用された人が地方の企業に転職すれば、Uターン転職といわれます。

地方から都会に出て田舎に戻る。この流れを線で結ぶとUのように見えるからUターンと言います。

Iターンとは

都市部で生まれ育ち一度就職した後に、地方へ転職することをいいます。
転職か就職かで「Iターン転職」「Iターン就職」と使い分けていますが、都会育ちの人が地方で就職することです。

大都市から地方を結ぶ線が、Iに見えるからIターンと呼ぶのでしょう。

Jターンとは

地方に住む人が大都市に進学し、故郷とは全く別の地方で就職することをいいます。

地元に戻らず、都会を経由してほかの地方に行くことから、Jターンと呼ばれるようです。

地方の人気が上がっている

地方で生活したいと考える方が増えているのは、都市部での生活に疲れたからかもしれません。

地方であれば夜は静かですし、出勤ラッシュも都会ほどではない。
近所付き合いや町内会など、人間関係も温かい。

そんなイメージを抱いているようです。
旅行で1度訪れただけの地方に、就職を決める方もいるそうですから驚きますよね。

都会で働いた感想

仕事の面だけを考えるのなら、断然都会の方が働きやすいといえます。
たとえば東京で働くメリットは次の3つ

  • 交通の便が良い
  • 都会が拠点の企業も多い
  • 国内交通網は東京を中心に広がっている

東京は日本の中心として発展していますから、仕事は本当に進めやすい。

ですが人が多くラッシュがキツイなどのデメリットもあります。

働くなら東京。
住むなら田舎。

これがベストかもしれません。

地方で生活するメリット・デメリット

地方で生活するメリットとデメリットを紹介します。

生活するメリット

地方で生活するメリットは次の4つ。

  • 家賃が安い
  • 物価が安い
  • 人間関係が濃い
  • 空気が綺麗

人間関係が温かく、人が少ないことはあっても多すぎることはない。
近所付き合いもあるので、隣に誰が住んでいるのか分からない、ということもありません。

野菜や果物などのお裾分けもありますし、新鮮でおいしい食べ物が沢山あります。

ほのぼのとした雰囲気があることが、生活する上でのメリットでしょうか。

では働く上のメリットはどのようなものがあるのでしょう。

仕事上のメリット

地方で働くメリットは、残念ながらありません。
なぜなら仕事としては「都会」も「地方」も同じだからです。

しいていうなら、住居や就職先のあっせん・サポートを受けられる自治体があることでしょうか。
ただ行っている自治体は少ないため、メリットと言えないかもしれません。

生活するデメリット

地方で生活するデメリットはつぎの3つ。

  • 交通網が発達していない
  • 車がないと移動できない
  • ご近所付き合いが面倒くさい
  • 給与が安い

地方には都会のような交通網がありません。
電車が1時間に1本しか来ない駅もあります。

そのため車がないと移動できません。
就職するにも「普通自動車免許」は必須。
通勤も車が当たり前です。

温かいと思えるご近所付き合いも、結構面倒くさいものです。

また物価や家賃が安い分、給与も安くなります。

仕事上のデメリット

地方で働くデメリットは、次の2つ。

  • 移動が大変
  • 給与がやすい

地方から県外の取引先へ行くのは、思っている以上に大変です。
一度都市部に出ないと移動できないこともあり、思いのほか時間が掛かります。

また先ほども書きましたが、都会と比べて給与が安いこともデメリットでしょう。

地方に就職すると運動不足になりやすい

都会と違い地方は車社会が多く、一人一台車を持っています。
しかも移動はほとんど車で行い、歩くことがありません。

田舎の人が歩かず車を利用するのには次の理由があります。

  • 「車も買えない」と思われるのが嫌
  • 歩くと「不審者」扱いされる

車を使いすぎて運動不足になりやすいのも、田舎の特徴です。

地方での就職希望者と企業とのギャップ

最近問題になっているのが、地方への就職希望者と地方にある企業との意識の違いです。

地方への就職を希望する方は「その土地に住むこと」を目的としています。
そして中には「就職先はどこでもいい」と考えている方も多いのです。

地方の企業としては、「地元に住みたい」と言ってくれる人に好感を持ちますよね。
するとトントン拍子に話が進み、就職が決まるのです。

そして地方への就職を希望した方は、働きだしてからこう考えます。
「こんなはずじゃなかった」と。

なかには短期間で辞めてしまう方もいるようです。

地方だから仕事が楽なわけではない

問題なのは「地方で就職すれば悠々自適な生活が送れる」と、勘違いしていることです。

先ほど仕事上のメリットでも書きましたが、働くことに「都会」と「地方」の差はありません。
地方の企業に次のようなイメージを持つことは、大きな間違いです。

  • 残業が少ない
  • 仕事が楽
  • 休みが多い

むしろ地方の企業は「ブラック」と言われる企業が多い傾向もあります。
その理由は次の2つ。

  • 濃い人間関係
  • 外からの刺激が少ない

そのため間違った体質でも改善されることがほとんどありません。
地方特有の濃い人間関係からくる「ブラックな体質」もあるので、注意が必要です。

人間関係に注意が必要

地方は人間関係が温かいと言われますが、温かいかどうかは場所によります。

それどころか小さな町や村では新参者を受け入れない地区もあり、場合によっては村八分にされるケースもあるのです。

ぼくが知っている限りでも、建築中家を見て「あんな場所に家を建てるバカは誰だ!」と古参の氏子が言い始め、地元の集まりで議題に上がったことがあります。

このときは家の諸州者が昔からその地区に住んでいる方の子供だったので、何も起こりませんでしたが、もし他所から来た方だったら…どうなっていたでしょうね。

また「地元で顔が利く(偉そうにできる)」ことを自慢する方も多く、逆らうと面倒くさいことになりやすいのも地方の特徴です。

地方に移住するときは、土地柄や人間関係などをしっかりと調べることをおすすめします。

冗談ではなくて本当に面倒くさい風習や習わし、上下関係のある地区がありますから、注意してください。

地方の仕事を探すには

地方で仕事を探すなら、リクルートエージェントがオススメです。

求人数が業界最多と言われるほど多く、非公開求人も多数持っています。

地方でも転職実績も多いので、登録しておきたいエージェントのひとつです。

リクルートエージェント

最後に

地方は都心部よりもはるかに早いスピードで少子高齢化が進み、子供の数も減っています。
学校の統合も当たり前のように行われているのが現状です。

なので地方に戻って就職する人が増えるのは、とても嬉しいことです。

地方には地方なりの良いところがあり、都会とは違う住みやすさがあります。

最近では都市部に行く手段も増え、2,3時間あれば東京や大阪に行くこともできます。
都市部のベットタウンとして開かれている町もできてきました。

今は好きな地方で好きな仕事ができますから、IターンUターン希望者が増えるのも当然の流れかもしれません。

ですが「地方だから楽」だという幻想は持たないことです。
仕事をする上で地方も都会も関係ありません。

「楽をしたいから地方へ」と考えるのなら、都会にいた方が「楽」ですよ。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード