転職初日の挨拶であなたの印象が9割決まる。第一印象は3秒で、55%は見た目39%は声で決まる事実。

転職初日の挨拶であなたの印象が9割決まる。第一印象は3秒で、55%は見た目39%は声で決まる事実。

転職が無事決まり初出社の日にちも決まった。となると次に不安になるのは、「新しい職場になじめるか」と言う事ではないでしょうか。

特に前の職場を人間関係が原因で退職した人ほど、不安を感じるはずです。

人の印象は初めて会った瞬間から3秒で決まると言われています。

そして100%のうち55%は見た目の印象で、39%は声のトーンや大きさで決まります。

転職後の初出社なら初対面の見た目と挨拶であなたの印象が決まるということです。そしてその印象を覆すには、何年もの時間が必要です。

つまり、初出勤日の挨拶はすごく大切。その後の仕事がうまく進むかどうかも、挨拶にかかっていると言っても過言ではありません。なのでこの記事では、初出勤の挨拶で気をつける事を書いています。

早めに出社する

転職初日の出社時間は、基本的に就業時間の10分前で問題ありません。
ただ企業によっては、早めに出社してもらい制服などに着替えてから、朝礼で紹介してくれることもあります。

なので事前に採用担当者に、初日の出社時間を確認してください。

また中には慣習により、就業時間より早く出社する企業もあります。
ただし慣習だからといって、就業時間の1時間前出社とか、タイムカードを押さない早朝会議などがある場合は、労働基準法に違反している可能性があるのでご注意を。

身だしなみに注意する

身だしなみはあなたの印象を決める、とても重要な要素です。

事前に採用担当者に初出勤の服装を確認し、きちんとクリーニング(洗濯)をした、清潔感のある服装で出社します。
見落としがちな靴の泥や、靴下の色にも注意してください。

当たり前のことですが、寝癖は直して髪型は整え、ひげは剃り、顔を洗って歯を磨くこと。
そして制汗スプレーもつけていきましょう。

もし服装は何でもいいと言われた場合は、スーツにネクタイが基本
私服で来るように言われた場合は、職場の服装を確認し、場違いにならないよう注意してください。

関連記事:職場で一緒に働きたくない人の特徴と見た目

働くつもりで出社する

初出勤だからと言って、挨拶や会社の案内だけで終わるだろうとは、考えないでください。
会社によっては初日から、仕事を行うこともあります。

できれば会社のホームページを参考に、会社の組織図や主要な取引先、商品名や特長などの情報を集め、把握することをおすすめします。
予備知識が何もないよりは、スムーズに仕事へと入っていけるはずです。

話しかけてくれることを期待しない

人見知りに多いのが、「新人だから相手から話しかけてくれるだろう」と言う甘えです。

実際ぼくもそう思っていた時期がありました。でもこれ、大きな勘違いです。

中途採用の人が入社したところで、相手から積極的に話しかけてくれることはありません。会社によっては、中途採用が頻繁に来るから、慣れっこになっているところもあります。ひどいと、いつ入社したのかさえ知らない。なんてこともあります。

なのでちょっと恥ずかしいかもしれませんが、挨拶は自分から積極的にしましょう。

もちろん挨拶が終わった後も、積極的に自分から話しかけていかないと、会社の輪に入ることは難しいです。

関連記事:コミュニケーション関連記事のまとめ

1人1人に自分から挨拶と自己紹介をする

印象の良い挨拶には共通点があります。それは自己啓発の本でもよく書かれていることですが、「笑顔」で「愛想良く」「大きな声で」挨拶することです。

自分に置き換えてみても、暗い顔をした人に小さな声でぼそぼそっと挨拶をされても、嬉しくありませんよね?

だから「笑顔」「愛想」「大きな声」は鉄則。さらに言えば、自分から1人1人積極的に挨拶をする必要があります。

初出社だと応接や会議室で待たされることもありますが、会社によってはいきなり机に案内されることもあります。

机に案内され隣に人が座っているのに、無視したら変な人ですよ。だから自分から挨拶をすること。出来れば時間の許す限り、周りにいる人全員に、1人ずつ挨拶をして回りましょう。

「自己紹介する場があるんじゃないの?」

と、不思議に思われるかもしれませんが、自己紹介する場があるかどうかは会社によって違います。朝礼で紹介されることもあれば、一切紹介されずにいきなり仕事が始まることもあります

自分から1人1人に挨拶をして回る。この気持ちが大切です。

挨拶での注意点

挨拶をする上で大切なことはさっき言った3つです。そして注意すべき点は「目立とうとしない」ことと「長さや内容に気をつける」ことです。

早く仲良くなりたいからと大げさな事を言ったり、オーバーなリアクションをとるのは逆効果。うっとうしい奴だと思われます。

また、自己紹介の中で前職の批判をしたり、やたらベラベラとしゃべるのもNGです。

名前と所属になった部署名。前職での経験や趣味などをなるべく短く話すようにしましょう。

挨拶の例文

参考までに挨拶の例文です。このまま使用せず、アレンジを加えて自分らしい挨拶をしてください。

「おはようございます。本日より御社にお世話になることになりました、〇〇です。これまでは〇〇会社で〇〇の仕事をしておりましたが、このたび縁あって、御社で働くこととなりました。1日でもはやく、皆様のお役に立てるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。」

「おはようございます。〇〇と申します。〇〇出身、〇〇歳です。このたびこの会社に採用していただき、一緒に働かせていただくことになりました。経験のない仕事の為、不慣れな点も多く、色々と皆様にご迷惑をおかけすると思いますが、精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

「ご指導・ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。」でも良いんですが、そう挨拶をした人を、ほとんど見たことがありません。中小企業だからかもしれませんが。

どちらかと言うと、名前と年齢、趣味や特技を簡潔に話、「精一杯頑張ります!」と結ぶほうが、好印象を得やすいです。中には「出来る奴になります!」と挨拶をした人もいましたが、思い切りがよく気分の良い挨拶だった印象があります。

結局は「笑顔」で「愛想良く」「大きな声」で、明るくあなたらしさが伝わる挨拶が、一番伝わるよい挨拶になる。と言うことです。

会えなかった人には挨拶メールを送っておく?

挨拶メールはあまりお勧めしません。SNSが普及し、メールやLINEなどで挨拶をすることが増えていますが、同じ職場で働くのであれば、直接出向き目を見て挨拶をするのがマナーです。

入社してその後何日も研修の為不在になるのであれば、メールで挨拶をするのもありです。でも出社したら改めて出向き、きちんと目を見て挨拶をするべきです。

意外と挨拶に来た来ないを根に持つ人もいますし、メールだと失礼だ! と考える人もいます。最低限のマナーとして必ず出向いて、目を見て挨拶をしましょう。

どうしてもメールで送る場合は「氏名」「所属になった部署名」「前職の仕事内容」を短く書くのが良いでしょう。前文として「ご不在でしたのでメールで失礼いたします。」と書けばより丁寧になります。文字数としては500文字程度を目安にして、長文にならないようにしましょう。

もちろん後日きちんと挨拶をしに行きます。挨拶は出向いて、目をみてする。これが鉄則です。

最後に

印象は最初の5秒で決まります。

転職であれば、最初の挨拶であなたがどんな人なのかが決まってしまいます。そして一度ついた印象は、なかなか変える事ができません。

事前に何を話すか考え、自分なりに文章を作って、準備して初出社に臨みましょう。

中途採用であれば、皆の前で紹介してもらえる。周りから話しかけてもらえる。などと思わない事。学校の転入性のように、周りが興味を持ってくれることはまずありません。

自分から積極的に話しかけ、1人1人目をみて挨拶をすること。「笑顔」で「愛想よく」「大きな声」で話す事。

これが出来れば、あなたの印象はずっとよくなるはずです。

関連記事:転職してすぐ辞めたいと思うのは無責任?




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職