転職を繰り返す人の特徴と繰り返さないための方法

自慢じゃありませんが何回か転職をしています。

20代での平均転職回数が0.9回、30代になると1.7回だといいますから、ぼくは転職回数が多いのかもしれません。

日本では、まだまだ転職回数が少ない方が良い。

転職を何回も繰り返していると、落ち着きがないとか、こらえ性がないとか、何かと悪く言われ、次の仕事を探すのも難しくなってきます。

では、転職を繰り返さないためにはどうすればいいのか。

この記事では、ぼくの実体験を踏まえ、転職を繰り返す人の特徴と、転職を繰り返さないための心構えを書きます。

転職を繰り返すと社会的信用が低下する日本の社会

転職サイトや転職エージェントと言ったサービスも、少しずつ一般的になり、「転職」することがある程度は一般的になってきました。

30代での平均転職回数が1.7回と言うのがその証拠。

この数字だけを見れば、誰でも1回は転職していると言えます。

でも実際には、誰でも転職を経験したことがあるとはとても言えないでしょう。

まだまだ「会社に使える」「一度働いたら定年まで勤め続ける」のが美学のように定着しているのが、日本の会社。

終身雇用が崩壊したと言っても、やっぱり就職したらできるだけ長く、出来れば定年まで勤めたいと思う人が多いようです。

実際に転職を繰り返していると、給料や待遇で不利になることも多くなります。

履歴書の職歴の欄に、会社名がずらずらずらっと書かれていれば、それだけで不採用にする会社もあるでしょう。

給料も年功序列で年齢に従って増えていくところが多く、中途採用は安い給料で採用されることも珍しくありません。

しかもすぐに退職してしまっては、ベースが増えることはないのです。

そして転職を繰り返しながら年齢を重ねていけば、いつの間にか「即戦力」として扱われるようになり、転職回数が多ければ多いほど、「戦力」と言う面でもマイナスになります。

目的を持って数回の転職をする分には、プラスになることもありますが、ただただ増えていく転職の回数は、マイナスにしかなりません。

転職をする理由で多いのは?

dodaが発表している2015年10月から2016年3月までの、転職理由ランキングでは、

  1. ほかにやりたい仕事がある
  2. 会社の将来性が不安
  3. 給与に不満がある
  4. 残業が多い/休日が少ない
  5. 専門知識・技術力を習得したい
  6. 幅広い経験・知識を積みたい
  7. 雇用形態を変えたい
  8. U・Iターンしたい
  9. 市場価値を上げたい
  10. 業界の先行きが不安

と、なっています。

1位の「他にやりたい仕事がある」は結構曲者で、転職して別の仕事についたとしても「思っていたのと違う」と言って、辞めてしまうことがあります。

転職理由としてはとても前向きに感じるのですが、下調べをきちんとして、本当に自分がやりたいと思っている仕事なのかどうかを把握しておかないと、意に反して転職を繰り返すことになるかもしれません。

また、似たような理由で5位の「専門知識・技術力を習得したい」や6位の「幅広い経験・知識を積みたい」も、一歩間違えると転職を繰り返すことにつながる危険性があります。

前向きな人で有ればある程、「こんなはずじゃなかった」と思ったら危険です。

理想と現実に開きがあることを理解し、事前にきちんと調べることでギャップをなるべく減らすようにしましょう。

転職を繰り返したいわけじゃない

3回転職していますが、別に3回も転職をしたかったわけじゃありません。

出来れば最初の職場で、定年まで勤めたかった。

2つ目の職場でもっと頑張りたかった。

3つ目の職場で腰を落ちつけたかった。

好き好んで転職回数を増やす人はほとんどいないでしょう。

転職を繰り返す人には、色々な理由があります。

ぼくの場合もそうでした。

2つ目の職場では、人間関係に馴染めず。

3つ目の職場は、選択を間違えました。

もっと努力すれば良かったのかもしれませんが、出来なかった。

ちなみに、3つ目の職場はぼくが退職してから1年以内に事業所が閉鎖。当時の従業員は全員解雇されています。

なぜ、転職を繰り返すのか

転職を繰り返すのには理由があります。

良く言われる理由が

  1. 隣の芝生が青く見える
  2. 飽きっぽい
  3. 勢いで辞めてしまう

です。

ぼくの場合は最初の退職を勢いで辞めてしまったために、転職を繰り返すことになった。とも言えます。

勢いで仕事を辞めたのは良いけれど、次の仕事が見つからない。

やっと次の仕事を見つけても、思っていたのと違う。

これじゃダメだと、また辞めて他の仕事を探しても、結局長続きしない。

こう言う悪循環にはまっていくのですね。

隣の芝生が青く見えるのも、飽きっぽいのも同じ。

「あの仕事楽しそうだな」

「あっちの仕事は給料がよさそうだ」

で、また転職をする。

結局自分に合った仕事を見つけることができない。

転職することで、何を手に入れたいのか明確になっていないのが問題なのです。

転職を繰り返さないためには

自分自身の性格を知り、転職することで何を手に入れたいのかをはっきりさせること。

これが大切。

転職で重視することは人によって違います。

  • 給料を増やしたい
  • 休日を増やしたい
  • 土日休みにしたい
  • 残業が少ない会社が良い
  • 転勤はしたくない

など、色々ありますよね。

全てを叶えるのはなかなか難しいので、絶対に譲れない事を1つ決めて仕事を探すようにしましょう。

後は、仕事が決まったら「この会社で最後まで勤め上げる」と強く思う事です。

嫌なら辞めればいいは、若いうちだからこそ通用すること。

転職を何回も繰り返して年齢を重ねてしまうと、「絶対に譲れない事」も、譲らないと仕事が見つからないようになります。

失敗しないために、転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録すれば、転職に関わるほぼすべてのことに、無料でサービスを受けることができます。

なので、つい転職を繰り返してしまう人にも一度は相談してほしいサービスです。

転職エージェントは複数の転職希望者を見てきていますから、あなたにあった仕事を紹介してくれる可能性がかなり高い。

また、こちらから希望を伝えれば、それに沿った仕事を紹介してもらうことも出来ます。

転職を繰り返す人は、

  1. 隣の芝生が青く見える
  2. 飽きっぽい
  3. 勢いで辞めてしまう

と言った人が多いので、希望に沿った仕事を紹介してくれる転職エージェントは、心強い味方になるはずです。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです

リクルートエージェント

まとめ

転職を繰り返すと、自分が不利になるだけ。

転職エージェントに相談し、希望がかなう仕事を見つけましょう。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ