転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由

転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由

転職を繰り返すと再就職が難しくなるというのは、昔から当たり前のように言われてきたことです。

なぜ転職を繰り返すと再就職が厳しくなるのでしょうか。

実は「転職を繰り返した」だけで再就職が厳しくなることはありません。
再就職が厳しくなるのは、「短い期間で何度も転職を繰り返した」からです。

この記事では転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由を、できるだけ詳しく解説しています。

関連記事:転職を繰り返す人の特徴と繰り返さないための方法

転職の回数が少ないほうが良いという考え方

転職の回数が少ないに越したことはありません。
なぜなら日本では、いまだに「転職する人=我慢が足りない人」として見る傾向があります。

この傾向は、一度就職すれば定年まで働き続けるのが当たり前だった、終身雇用制の名残とも言えます。
終身雇用が当たり前だった時代では、転職する人は何か特別な事情があるか、問題を起こした人、もしくは我慢が足りない人が多かったのでしょう。

  • 会社に入ったら定年まで勤めるべき
  • 転職をすると社会的な信用がなくなる
  • 会社は辞めずに続けるもの

そんな考え方がまだ残っている会社も実際にあるのです。

だからこそ転職を何回か経験した人は、「転職を繰り返すと就職できなくなるって本当ですか?」と聞いてきます。

人によっては親から「転職すると再就職できなくなる」と言われることもあるようです。

「転職する人=我慢が足りない人」という考え方が根強く残っていることが、転職回数は少ない方がいいと言う考え方につながっています。

勤めた期間でも判断される

「転職する人=我慢が足りない人」と言う考え方は、1つの会社にどのくらいの期間勤めたか、でも判断されます。
とくに転職回数が問題になるのは、1つの会社に勤める期間が短い場合です。

例えば…

  • 1年で3回転職したAさn
  • 20年で3回転職したBさん

…の2人が書類選考にかけられた場合。

1年で3回転職しているAさんは、「我慢ができないと」と判断され、書類選考で不採用になります。
ですがBさんの場合は、すんなり書類選考を通るのです。

AさんとBさんの違いは、1つの会社に勤めた期間です。

Aさんは1年で3回転職していますから、1番長く勤めた会社でも1年未満ですよね。
逆にBさんは20年で3回の転職ですから、3で割っても6年は1つの会社に勤めていることになります。

1年未満で転職を繰り返す人は「こらえ性が無い」「飽きっぽい」と言う評価を受けますが、6年間1つの会社に勤めていれば、「何か事情があって退職した」と考えてもらえるのです。

再就職が厳しくなる理由は転職回数だけじゃなく、1つの会社に長く勤められないことも関係しています。

転職を繰り返す理由にもよる

転職を繰り返すと再就職が厳しくなるのは、転職を繰り返した理由も関係しています。

例えば人の入れ替わりが激しいIT業界では、5回や6階の転職は当たり前、人によっては10回以上転職している方もいるのです。

「転職=我慢のできない人」で考えれば、10回も転職をしていては、再就職できなくなります。
でも10回転職していても、ちゃんと次の仕事が見つかるのです。

なぜ10回も転職しているのに次の仕事が見つかるのか。

なぜ10回も転職しているのに次の仕事が見つかるのでしょうか。
その理由の1つは、もともと人の入れ替わりが激しいIT業界で働いていることがあげられます。

もう1つの理由は転職で職が変わることがなく、キャリアアップしたいと言う前向きな理由があったことです。

IT業界では興味の持てる仕事、やりがいのある仕事を求めて転職することが、ある意味当たり前になっています。

例であげた10回転職した人も、職場は変わっても仕事内容は変わらず、スキルと経験が磨ける環境を求めて転職していました。

その結果、転職回数が増えることと比例して、経験やスキルも磨き込まれていき、プロとして仕事ができるようになっていたのです。

ポジティブかネガティブか

つまり転職回数が増えたとしても、キャリアをきちんと積み、転職市場で求められる経験やスキルを身につけていれば、影響は少ないと考えられます。

ということは、転職回数が再就職に影響を及ぼすのは、理由がネガティブだからともいえるでしょう。

先ほどの10回転職をした人のように、仕事にやりがいを求めて転職を繰り返しているのなら、転職理由はポジティブになります。

次の仕事を探すための面接でも、退職理由や志望動機をはっきりと答えることができるでしょう。

人事担当者としても自分自身を成長させるための転職であれば、好意的に受け止めるはずです。

でも転職理由が、「仕事が面白くない」「やりがいがない」「やりたくない」などのネガティブなものだったら。

最初に紹介したように、「転職=我慢のできない人」の構図が当てはまってしまうのです。

ネガティブな理由で転職を繰り返す人は、採用してもすぐにやめてしまうのではないかと思われます。
仕事を教えても覚えないかもしれませんし、ちょっとしたことで退職してしまうかもしれません。

となると、採用は見送ろうと考えることが普通ですよね。

転職を繰り返すと就職できなくなるのは、その理由がネガティブな場合が多いのです。

まとめ

転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由をまとめると、ネガティブな理由で何度も仕事を辞めているため、採用しても利益に貢献してくれない人だと考えられる、からです。

逆に言えば…

  • キャリアプランがしっかりしている
  • 転職のたびに必要な経験やスキルを身につけている
  • 転職理由が前向きである

…という方は、転職回数が増えても再就職で困ることは少ないと、考えることができます。

最後に

転職を繰り返すと、本当に再就職に影響が出るのかを考えてきました。

人事担当者の中には、「書類選考を通過する転職回数は3回まで」と、明言している方もいます。
このことから考えても、転職を繰り返せば再就職に影響が出ることは明らかです。

転職を繰り返すことが無いように、仕事選びは慎重に行いたいですね。




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職