転職年齢限界説とは。年齢で転職が厳しくなる理由

転職年齢限界説

転職を考えたことがあれば、一度は「35歳の壁」を聞いたことがあるはず。
「35歳の壁」とは、俗に言う「転職年齢限界説」のことです。

転職年齢限界説は35歳だけじゃなく、27歳・28歳・32歳・40歳でも言われています。

これだけ多くの年齢で転職の限界だと言われるのには、それなりの理由があります。

例えば27歳が転職の限界だと言われるようになったのは、ある企業が行ったテストの結果からです。

27歳転職限界説

ある企業が工場を閉鎖することになった時に、「従業員にはITのエンジニアとして働き続けてもらおう」と、考えたそうです。

そこである企業では、従業員がITエンジニアとして働くために研修を行いました。
そして研修の結果を確認するために行われたテストで、ある傾向が示されたのです。

それは…27歳の従業員が26歳の従業員に比べて、著しく点数が悪い、というもの。
このことから、27歳になると未経験の分野に適応しづらくなると、考えられるようになりました。

つまり、未経験の分野に適応できる年齢は、27歳が限界だと考えられたのです。

未経験へチャレンジできる限界が27歳だなんて…。
ちょっと切なくなるような結果ですよね。

転職年齢限界説は27歳だけじゃありません。
28歳でも、転職年齢限界説が言われています。

28歳転職限界説

28歳手職年齢限界説は、30歳を基準に考えられたものです。
つまり30代前半で一人前として働き実績を残すためには、最低2年間の経験が必要だ、と考えられていたのです。

30歳までに未経験の仕事で2年間の経験を積むには、28歳で転職しないといけませんよね。
だから転職の限界は28歳だ! と、言われるようになったのです。

ちなみに30代は専門性を確立する「確定期」だと言う考え方があります。
その確定期から考えると、20代のうちに転職をして、自分に合った仕事に就くことがすごく大切。
だから28歳の転職が限界だ! とする説もあります。

まぁ、28歳がひとつの節目だと考えられていたのでしょう。

28歳を超えると、次は32歳が転職の限界になります。

32歳転職限界説

32歳転職限界説は、企業内における年齢のバランスを考えて作られたものです。

つまり32歳は、転職先で上司が年上になるギリギリの年齢。
32歳以上で転職すると、年下の上司と仕事をしなければいけないのです!

恐らく終身雇用・年功序列が当たり前だった時代には、年下の上司の下で働くことを嫌がる方が多かったのでしょうね。

また企業としても、年齢のバランスを考えれば年下が上司になるような一般社員を、好ましく思わなかったのかもしれません。

その結果、32歳が転職の限界だ! とする転職年齢限界説が生まれました。

そして32歳を超えると訪れるのが、有名な「35歳の壁」です。

35歳転職限界説

35歳転職年齢限界説は、俗にいう「35歳の壁」と言われるものです。

35歳の壁が言われるようになったのは、昔の定年である60歳まで25年しかなく、キャリアを育てる時間が無くなるため、だからです。
また終身雇用の時代には、35歳を超えてから転職する人が少なく、募集する求人も少なかったことも理由にあるそうです。

ちなみに35歳以上の離職者と入職者を調べてみると、今も昔もそれほど変わっていません。

ですが、定年が65歳以上に引き伸ばされたことや、経験者を欲しがるベンチャー企業が増えたことで、35歳の壁は崩壊した印象があります。
ただし、年齢に見合ったスキルや経験がなければ、転職が難しいことは確かです。

そして35歳を超えると訪れるのが、40歳転職限界説です。

40歳転職限界説

40歳が転職の限界だと言われるのには、企業の採用基準が関係しています。
なぜなら平成19年10月に求人票の年齢制限が禁止されるまで、年齢を理由に採用が断られていたからです。

当時は30歳を限界とする求人も多く、40歳になると求人自体がほぼない状態でした。
また40歳以上は新しい職種に転職することが難しく、それ相応の人脈や経験が求められたのです。

その上40歳以上で転職を考える方も少なかったので、自然と40歳転職限界説が生まれてきました。

とまぁ、色々な理由があって40歳が転職の限界だと言われています。
実際に40歳以上になると、転職は厳しいものです。

なぜなら本当にスキルや経験、人脈のある方は、ヘッドハンティングや知人の紹介で転職してしまうから。
転職市場で転職先を探しているということは、能力が不足している可能性が高いんですよね。

なので、40歳転職限界説は、あながち間違いとは言えないかもしれません。

結局は本人のスキルと経験次第

27歳から40歳まで、段階的に転職年齢限界説が出てきます。
それぞれの転職年齢限界説は、転職者を戒めるような理由がほとんどです。

つまり、転職年齢限界説を現実のものにするのか、ほら話にするのかは、結局本人のスキルと経験次第だ、ということ。

企業が欲しがるスキルや経験を身につけていれば、年齢に関係なく転職することができます。
実際に60歳でも他企業へ転職する方がいるくらいですから。

都市伝説のような転職年齢限界説を気にするよりも、スキルや経験を身につけることを考えた方がよさそうですよ。




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職