転職年齢限界説とは。年齢で転職が厳しくなる理由

転職年齢限界説

転職年齢限界説は「35歳の壁」以外にも、27歳・28歳・32歳・40歳でも転職の限界だとする説があります。

これだけ多くの年齢で転職の限界だと言われるのには、それなりの理由があります。

例えば27歳が転職の限界だと言われるようになったのは、ある企業が行ったテストの結果からです。

この記事では、様々な年齢で言われる「転職年齢限界説」について紹介しています。

27歳転職年齢限界説

27歳転職年齢限界説は、ある企業が行ったテストの結果から、言われるようになりました。

そのテストとは、次のようなものです。

企業Aでは工場の閉鎖が決まったときに、「従業員にはITのエンジニアとして働き続けてもらおう」と、考えました。

とはいえ工場で働いていた方を、いきなりITのエンジニアにすることはできません。

そこでITエンジニアとしてのスキルを身に着けてもらうために、研修を行うことにしました。

そして研修の結果を確認するために行われたテストで、ある傾向が示されたのです。

それは、27歳の従業員が26歳の従業員に比べて著しく点数が悪い、というもの。

このテストの結果から、27歳になると未経験の分野に適応しづらくなると、考えられるようになりました。

つまりある企業が行ったテストの結果から、未経験の分野に適応できる年齢は、27歳が限界だと考えられたのです。

その結果「未経験分野への転職は27歳が限界だ」と言われるようになり、いつしか27歳転職限界説が生まれました。

未経験へチャレンジできる限界が27歳だなんて…。
ちょっと切なくなるような結果ですよね。

転職年齢限界説は27歳だけじゃありません。
28歳でも、転職年齢限界説が言われています。

28歳転職年齢限界説

28歳転職年齢限界説は、30歳までに一人前になることを前提に考えた結果、生まれたものです。

その考え方の元になっているのは次の2つ。

  • 30歳で一人前になる
  • 一人前になるには2年の経験が必要

つまり「30歳で一人前として働き実績を残すためには、最低2年間の経験が必要だ」と、考えられていたのです。

30歳までに2年の経験を積むには、遅くても28歳までに転職しないといけません。
なので「転職の限界は28歳だ」 と、言われるようになったのです。

28歳転職限界説はもう一つある

28歳転職限界説には、もうひとつの説があります。

それは、30代は専門性を確立する「確定期」だ、という考え方を基準に言われ始めたもの。

30代(確定期)で専門性を確立するには、20代のうちに「これだ!」と思う仕事を見つけないといけません。

そして仕事の内容を理解するには、最低でも2年はかかります。
つまり28歳までに転職しておかないと、30代で専門性を確立することができません

このことから「28歳が転職の限界だ」と、言われるようになった、という説です。

まぁ簡単に言えば、仕事でスキルなどを成熟させるには、28歳が節目だと考えられていたのでしょう。

その結果、転職の限界は28歳だとする説が生まれたわけです。

28歳を超えると、次は32歳が転職の限界になります。

32歳転職限界説

32歳転職限界説は、企業内における年齢のバランスを考えて作られたものです。

年齢のバランスとは年功序列のこと。
つまり年上は上司であり、年下は部下である、という固定概念のことです。

そして当時(結構昔)32歳は、転職先で上司が年上になるギリギリの年齢でした。
32歳以上で転職すると、年下が上司になるケースが増えてきたのです。

その結果、年上が上司になるギリギリの年齢は32歳、つまり転職するなら32歳が限界だと、言われるようになりました。

恐らく終身雇用・年功序列が当たり前だった時代には、年下の上司の下で働くことを嫌がる方が多かったのでしょう。

また企業としても、年齢のバランスを考えれば年下が上司になることを、好ましく思わなかったのかもしれません。

その結果が「32歳転職年齢限界説」です。

そして32歳を超えると訪れるのが、有名な「35歳の壁」です。

35歳転職限界説

35歳転職年齢限界説は、俗にいう「35歳の壁」と言われるものです。

35歳の壁が言われるようになったのは、昔の定年である60歳まで25年しかなく、キャリアを育てる時間が無くなるため、です。

また終身雇用の時代には、35歳を超えてから転職する人が少なく、募集する求人も少なかったことも理由にあります。

つまり1つの会社でキャリアを積むには35歳が限界だと、考えられていたのです。

ちなみに35歳以上の離職者と入職者を調べてみると、今も昔もそれほど変わっていません。

最近では定年が65歳以上に引き伸ばされたり、経験者を欲しがるベンチャー企業が増えていることで、35歳の壁は崩壊したといえます。

ただし、年齢に見合ったスキルや経験がなければ、転職が難しいことは確かです。

そして35歳を超えると訪れるのが、40歳転職年齢限界説です。

40歳転職限界説

40歳が転職の限界だと言われるのには、企業の採用基準が関係しています。

なぜなら平成19年10月に求人票の年齢制限が禁止されるまで、年齢を理由に採用を断ることができたからです。

つまり…

  • 40代を対象とする求人が少ない
  • 応募しても年齢で断られる

…といった現状があったため、40歳が転職の限界だといわれるようになったのです。

40歳転職年齢限界説は、かなり的を射た考え方です。

なぜなら最近では40歳以上を対象としてリストラが、黒字の企業でも行われているから。
つまり転職市場に40歳以上が大勢いるわけです。

人数に対して求人が少なければ、自然と転職は難しくなります。

その結果として、40歳が転職の限界だといわれても、仕方がないでしょう。

また40歳以上でスキルや経験・人脈のある方は、ヘッドハンティングや知人の紹介で転職します。

つまり転職市場で転職先を探しているということは、能力が不足している可能性が高いのです。

なので、40歳転職限界説はかなり真実味のある、転職年齢限界説です。

結局は本人のスキルと経験次第

27歳から40歳まで、段階的に転職年齢限界説が出てきます。
それぞれの転職年齢限界説は、転職者を戒めるような理由がほとんどです。

そして転職年齢限界説を現実にするのか、ほら話にするのかは、結局本人のスキルと経験次第です。

企業が欲しがるスキルや経験を身につけていれば、年齢に関係なく転職することができます。
実際に60歳でも他企業へ転職する方もいます。

転職年齢限界説をただの説にするよりも、自分がその説に当てはまっていないかを考え、行動したほうがいいかもしれません。