転職でキャリアアップするには

転職でキャリアアップするには

キャリアアップのために転職する人は大勢いますが、自分にとってのキャリアアップが何か分からないまま、転職してしまう人も多いようです。

本来キャリアとは経歴のことを指しますから、キャリアアップとはより高い知識を身に着け経歴を高めていくこと。
つまり転職でキャリアアップするということは、今よりも深く広くスキルを身に着け、経歴を高められる環境に移る、という意味になります。

ですが「キャリアアップ転職」の場合は、人によってその意味合いが異なります。
給与UPをキャリアアップと考える人もいれば、中小企業から大企業への転職をキャリアアップだと考える方もいるのです。

この記事では、転職でキャリアアップしたい方に向けて、キャリアアップ転職の意味と、転職でキャリアアップするための考え方を紹介しています。

関連記事:給料、年収を上げる方法は3つ。出世するか、転職するか、副業を始めるか

キャリアとは

最初に書きましたがキャリアとは「経歴」のこと。
そして経歴とは「今まで経験してきた仕事や学業、身分、地位など」のことです。

キャリアの意味から考えると、キャリアアップとは今よりも広く、深く、仕事や学業の経験を積み、知識やスキルを身に着け、さらに高い地位や身分になっていくことを指します。

またキャリアアップとは、「経歴を磨いて稼ぐ力を身に着け、自分が望む未来を実現するために行うもの」です。

キャリアアップだけを目的とした結果、収入は上がってもプライベートがつまらないものになってしまっては本末転倒だと言えるでしょう。

転職≠キャリアアップ

最近では「キャリアアップ=転職」と言う考え方が広まってきていますが、キャリアアップ本来の意味を考えると「キャリアアップ=転職」ではありません。

キャリアアップは転職しなくてもできますから、「キャリアアップ≠転職」になります。

ではなぜ、「転職=キャリアアップ」になったのでしょう。

それは、終身雇用が崩れ大手企業でも倒産する時代になったことで、1つの会社でキャリアを高めていくことが難しくなってきたからだと考えられます。

また「キャリアアップ転職」の意味が人によって異なるため、「キャリアアップ=転職」と考えられているのかもしれません。

人によって異なるキャリアアップ転職

キャリアアップ転職の意味が人によって異なるのは、転職で実現したい姿が違うからです。

よく言われるキャリアアップ転職の意味として「待遇の改善」があります。
「待遇の改善」とは、年収UPや年間休日の増加、残業時間の減少を転職で獲得することです。

また人によっては、中小企業から大企業への転職を、キャリアアップと表現します。
非正規社員から正社員になることや、希望する職種へ転職することをキャリアアップと考える方もいるでしょう。

つまり転職で望む姿に近づくことが、キャリアアップ転職だともいえるのです。

キャリアを積むには

人によってキャリアアップ転職の意味が異なるため、キャリアの積み方も1つではありません。
ですが1つだけ共通することがあります。

それは、必要とされる経験やスキルを身につけて、理想とする姿を目指すことです。

例えば今よりも良い待遇を目指す場合でも、転職市場で必要となる経験やスキルを身につけなければいけません。
また中小企業から大企業を目指す場合も、希望する職種への転職を目指す場合も、必要とされる経験やスキルを身につけないといけないのです。

つまりキャリアを積むとは、必要とされるスキルや経験を身につけて、理想の姿を目指すこと、だと言えます。

管理系のキャリアアップ

人事や総務、経理と言った管理系のキャリアアップは、仕事で経験を積みながら自宅で知識を身に着けることで積むことができます。

例えば経理なら、実務経験を積みながら簿記2級、簿記1級、税理士、公認会計士と言うように資格を取得していけば、それに応じて任される仕事や職級も変わっていきます。

ある意味キャリアアップの形がとても分かりやすい職種だとも言えます。

技術系のキャリアアップ

技術系の場合は、プログラミングの技能や使える言語、プロジェクトを中心に立って動かせるかどうかなどで変わってきます。

設計であれば、自分で設計することはもちろん、人に指示が出来るか、プロジェクトの管理が出来るか、仕様決定に関わるのか、詳細部分だけなのか、などですね。

こちらも身に着けるスキルと仕事内容で、キャリアアップの形は分かりやすい職種になります。

営業系のキャリアアップ

営業の場合は、より利益の高い商品を沢山売れるほどキャリアが高いと言えます。

例えば、ホームセンターなどの店頭販売よりは、個人宅への訪問販売の方が利益は高くなります。
個人宅よりも法人への販売はもっと利益が高くなりますし、同じ法人でも大企業に販売したほうが、大企業でも管理職より役員に販売したほうが、利益は多くなります。

さらに、販売する商品が有形商材か無形商材なのかでも違ってきますし、個人で利益を出すのか、リーダーとしてチームで利益を出すのか、あるいは部署として利益を出すのかでも違ってきます。

誰に対して何を売るのかでキャリアが変わってくるのは、営業だけにある特徴です。

キャリアと市場価値

キャリアアップ転職と自分の市場価値は、切り離せない関係にあります。
たとえキャリアを積んだとしても、それが市場で求められないキャリアでは、何の価値もないからです。

市場価値は次の3つの視点で考えます。

  • 専門性と経験
  • 人脈
  • 業界

専門性は「法人営業」や「経理」など職種に近いもの。
経験は「チームリーダー」や「事業の立ち上げ」などです。

人脈は転職しても変わらずに、仕事を出してくれる人がいるかどうか。
そして業界は、伸びでいる業界で働いているかどうかです。

一般的に20代は「専門性」、30代は「経験」、40代は「人脈」が重要になってきます。

キャリアアップ転職とは

キャリアアップ転職とは、より多くの経験やスキルを身につけることで、将来なりたい自分に近づいて行くことを指します。

例えば給与を増やしたいと言う希望が叶うのであれば、「大企業から中小企業への転職」でもキャリアアップ転職だと言えるのです。

逆に、仕事の幅が狭くなり新しいことが学べない、望んでいたキャリアとは違う道へ進んだのなら、「中小企業から大企業への転職」でも、キャリアアップ転職とは言えません。

そしてキャリアアップ転職を行い、自分が望む未来に少しでも近づけたのなら、その転職は成功したと言えるでしょう。

将来性のある業界に転職する

どのようなキャリアアップ転職をするにせよ、1つだけ気を付けてほしいことがあります。
それは、衰退する可能性が高い業界へ転職しないこと。

なぜなら衰退している業界で働くだけで、転職市場での価値が下がるからです。
さらに業界の市場規模が縮小すると、リストラが行われる可能性もあります。

逆に「伸びている業界で働く」と、転職市場の価値が高くなります。

伸びているのは将来性が高いということ、つまり様々な企業が参入してくる可能性が高いのです。
すると伸びている業界で成功した経験のある人材を、欲しがる企業が増えます

つまり伸びている業界で結果を出せば、任される仕事も増えますし、権限も増えていきます。
結果としてキャリアを積みやすくなるのです。

まとめ

キャリアアップとは「今よりもより多くの経験を積み、自分が望む未来に少しでも近づく」ことを言います。

そしてキャリアアップを実現するために転職することが「キャリアアップ転職」です。

キャリアアップ転職はプロに相談

キャリアアップ転職を行う場合、出来るだけ質の高い求人の中から選択した方が、成功する確率は高くなります。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。
非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富。なので思わぬ求人と出会えることがありますよ。
求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

リクルートエージェント




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職