転職活動で感じる不安を解消する方法

転職活動で感じる不安の多くは、次の仕事がなかなか見つからないことに原因があります。

ぼくも初めて転職したときは、次の仕事が決まらないことに大きな不安を感じました。

  • このまま仕事が決まらなかったどうしよう
  • 一体どのくらい時間がかかるんだろう
  • いままでの経験やスキルは評価してもらえないんじゃないか
  • 無職のままだったらどうなってしまうんだろう

そんなことを毎日のように考え、ひたすら求人票とにらめっこしたこともあります。

この記事では転職活動の不安と、解消するための方法を紹介しています。
同じように不安を感じている方の、参考になれば幸いです。

転職活動の不安は仕事が決まらないから感じるもの

転職活動の不安は、次の仕事がなかなか決まらないから感じることがほとんどです。

20社、30社と書類を送ったのに、面接までは行くんだけど内定がもらえない。
面接で失敗してしまった、というだけでも結構堪えます。

さらにきついのは、手ごたえを感じたのに不採用になること。

このままだといつ採用されるか分からない。
自分の経験やスキルは評価してもらえないんじゃないか。

そんな考えさえ浮かんできます。

次の仕事が決まらない不安は、拭い去るのがなかなか難しいものです。

そもそも書類選考や面接は通りにくい

仮に書類選考の通過率が30%だとします。
そして面接の通過率が30%だとすれば、二次面接まである場合の通過率は3%もないことになります。

この数字は企業や職種によって違うので一概には言えません。
ですが、採用されにくいことは、数字から想像することができますよね。

なので、なかなか内定がもらえないからと言って、そこまで悩む必要はありません。
それよりも、どこが悪かったのかを分析し、次につなげることが大切です。

内定をもらうには

転職活動の不安を解消するには、内定をもらうことが、一番効果があります。
内定をもらうためには企業が求めている人材像と、応募者のスキルや経験が一致しないといけません。

いままでの経験を活かして転職する場合はもちろん、新しい分野にチャレンジする場合でも同じです。
「入社してから仕事を覚えればいい」「採用されればいい」と言う考えでは、なかなか仕事は見つからないものです。

ではどうすればいいのか。

まずは自分のスキルと経験を棚卸することが大切です。

スキルと経験を棚卸する

スキルと経験の棚卸は簡単にできます。
まずは、いままで経験してきた仕事を書き出してください。

例えば営業なら…

  • 法人営業
  • 法人向けの新規開拓
  • 無形商材の販売
  • 主任(5人のチームリーダー)
  • 自動車業界での営業経験

と言った具合に分けることができます。
このスキルと経験をさらに2つに分けます。

  • 法人営業
  • 法人向けの新規開拓

まず上の2つが「専門的な技術」です。

  • 無形商材の販売
  • 主任
  • 自動車業界での営業経験

そしてこの3つが「経験」になります。

次に企業のニーズを把握します。

企業のニーズを調べる

企業のニーズは求人票から読み取ります。
募集している職種はそのまま「専門的な技術を持っている人」を求めていると考えられますよね。

「仕事内容」や「求める人材」にも、入社後どんな仕事をしてほしいのか、どんな人材に来てほしいのかが書いてあります。
また「募集の背景」が書かれていれば、なぜ人を募集しているのかを読み取ることができます。

欠員の補充であれば、その仕事に精通している人を求めるものです。
事業拡大による増員であれば、会社と共に成長したい、なんてでもやってみたいという意欲的な人を欲しがります。

さらに企業のホームページや、行っている事業の情報を集めれば、顧客の姿や仕事内容も見えてくるはずです。
するとより具体的に、企業のニーズが分かってきます。

ニーズに合わせて経験やスキルをアピールする

一番大切なことは、企業のニーズに合わせて自身の経験やスキルをアピールすること。

先ほどの営業を例にすると…。

事業拡大による増員であれば、「新規開拓営業」の技術や、「無形商材の販売経験」を役立てることができます。
主任としての経験もチームをけん引することで、貢献できますよね。

自分がその企業に入社したとき、どういった経験やスキルを活かすことができて、どう貢献できるのか。
そしてそれが企業のニーズに合致しているのか。

こういった視点で考え、履歴書やアピールポイントを作ることが大切です。

不安に潰されないための考え方

転職活動の不安は、次の仕事がなかなか決まらないから感じることがほとんどです。
つまりその不安の正体は、「見えない未来に対する不安」になります。

未来が見えないからこそ、仕事が決まらないかもしれない、評価されないかもしれない、不安で眠れない、と、思ってしまうのです。

この気持ちは痛いほどわかります。
この先どうなるのかわからない、という不安は耐えがたい恐怖でもあるからです。

ですがこの不安は、自分で勝手に作り上げた幻想にすぎません。
なぜなら未来は今を生きた結果であり、どうなるかは誰にも分からないからです。

どうなるか分からない未来に悩んでも仕方がありません。
それよりも「今」を大切にし、できることを精いっぱいやりましょう。

そして選考書類を送った後、面接の後は「なるようにしかならない」とおもい、深く考えないこと。
1社に申し込んで悩むのではなく、続けて次の応募先を探すこと。

採用されないと無くならない不安なら、採用されるために行動するしかありません。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード