「でも、だって、どうせ、ですが」を使うとネガティブな印象になる

コミュニケーションを邪魔する言葉、「でも」「だって」「どうせ」「ですが」。会話中に使われるととても嫌な印象を持たれます。4Dと呼ばれるネガティブワードです。

なぜネガティブワードと言われるのか。それは否定する言葉だから。ネガティブワードから続く言葉を聞いていると、こっちの気分が滅入ってきます。

この言葉の後にはまず間違いなく否定的な言葉や相手を責める言葉が続きます。「でも、あなたが言ったことでしょ」とか「だって、知らなかったんだからしょうがないじゃん」とか。

この4つの言葉は「負け犬の口癖」「成功しない人の口癖」とも言われています。

相手の話を否定すると嫌われる

相手の話を否定してどうするんでしょうか?嫌われたいと思っているなら「でも」「だって」「どうせ」「だから」を連呼すればあっという間に嫌われますのでお試しあれ。

会話のすべて打ち消すことができますから、「でも」「だって」「どうせ」「ですが」を何度も言う人とは、誰も会話を続けたいとは思わないでしょう。それどころか喧嘩になることもありますので覚悟してください。

もし相手が間違ったことを言っていたとしても、4つのネガティブワードは使ってはいけません。面と向かって否定されればだれだって気分を害しますよね。

あなたの心にも悪影響

この4つのネガティブワードを使い続けていると、あなたの心にも悪影響があります。

「でも~ですよね」こんな表現で他人を否定し、言い負かしていると、なんとなく自分が賢くなったような気がしてくるものです。

「だって○○でしょ。そんなことも知らないの?」

「でもさ○○だから。□□なんだよ。」

私はあなたよりも賢い、いろいろ知っている、そんなことも知らないの?そんな心が透けて見えます。

言葉で相手の上を行くと少し気分が良くなりますよね。そこから自分は賢い、頭がいいと勘違いが始まります。繰り返しているうちに、人と話し合うことができない人になってしまうことも。

言い回しを変えましょう

もし4つのネガティブワードが口癖になっていて、その口癖を直したいと思うのなら、言い方を変えることを考えて話しましょう。

基本は人の話を否定しないことです。たとえ間違っていることでも一度受け入れる癖をつけてください。否定するときは一度受け入れた上で「なるほど、そういう考えもありますね。私はこう思いますがどうでしょう」と言うと相手の受け取り方が全然違ってきます。

まとめ

「でも」「だって」「どうせ」「ですが」は悪い印象しか持たれません。4Dとかネガティブワードと言われますが、結局は「人の言葉を否定しないこと」がすべてです。

「でも」「だって」「どうせ」「ですが」「いや」「しかし」「むり」などなど、否定する言葉は使わないようにしたいですね。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

ジョブクル
ジョブクル
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ