40代の転職は想像以上に厳しい!できれば仕事は辞めない方がいい

40代の転職は想像以上に厳しい

40代の転職は想像している以上に厳しい!です。

インターネットで調べると、「40代で転職成功」とか「40代の転職でキャリアアップ」などの記事や広告を見かけますが、現実は全く違います。

はっきり言って40代の転職で成功するのは、学歴や経歴がかなり上の方のほんの一部の人だけです。

なので「一般人」だと思っている方が40代で仕事を辞めると、仕事が見つからない生き地獄を味わうことになります。

もし今40代以上で仕事を辞めたいと思っているのなら、絶対に次の仕事を見つけてから辞めるべきです。

スポンサーリンク

40代の転職が厳しい理由

40代の転職が厳しい理由

40代の転職が厳しい理由は次の3つ。

  • 40代という年齢
  • スキル・経験不足
  • 給与が想像以上に安い

ひとつずつ説明しますね。

40代という年齢がネックになる

40代の転職が厳しい理由は、はっきり言えば「40代だから」です。
なぜなら多くの企業は40代の転職者を求めていません

インターネットで調べると、「中高年の転職を理解していない」「プライドが高すぎる」「我慢強さがない」「年齢のせいにする」などが、40代の転職で失敗する理由として言われていますよね。

ですがこれはトップクラスの大学を卒業した、輝かしいキャリアがある人を対象にした話。

普通に就職して普通に働いてきた方は、40代という年齢だけで転職に失敗します。
企業が40代を求めていませんから、転職で失敗するのは当然のことです。

それに40代の転職で成功するのなら、ぼくはアラフォーで主夫にならずに再就職しています…。

40代の転職は想像しているよりも厳しいものです。

40代のスキル・経験不足は致命的

40代は社内で重要なポジションを任されることも多い年代。

そのため転職でも、中堅社員としての経験やスキルを求められる傾向があります。

また特定分野のスキルや経験を持っている方ほど、転職しやすくなるのも特徴です。

言い換えればスキルや経験のない人が転職しようとしても、ろくな仕事がないってことです。

40代転職希望者のスキル・経験不足は致命的な欠点になります。

なぜなら、40代を教育して育てようという企業がないからです。

もし「採用されてから仕事を覚えればいい」と思っているなら、転職は絶対にやめるべきです。

そんな甘い考えだと、仕事が見つからない生き地獄をさまようことになります

給与が想像以上に安い

ハローワークの求人票を見てもらうとわかりますが、はっきり言って給与がすごく安い。
ほとんどの求人が総支給額で20万円そこそこです。

40代で20万円そこそこって…生活が成り立ちませんよね…。

下手をすると転職に踏み切ったことで、10万円以上給与が下がることがザラにあります。

10万円も給与が下がってしまったら、さすがに転職に失敗したとしか、言えないでしょう。

社会人経験のある40代だし、そこそこの給与はもらえるだろう。

なんて思ったら大間違い!

その辺にいる普通の40代の中途採用に、高い給与を支払ってくれる会社なんてありません。

自分は特別なんて思わないこと。

現実を知りたければ、時間を作って求人を調べてみてください。

あまりに安い給与に愕然とするはずです。

ハローワークでもきついと言われた

40代の転職はプロもきついと認めている

参考までにぼくが43歳の時、ハローワークへ転職の相談に行ったらはっきりと

  • 「40代の転職は相当厳しい。求人はないと思ったほうがいい」

と言われました。

窓口で毎日求人を見て、求職者と相談している方が。
ハローワークで働いている方が「40代の転職は厳しい」と言い切ったのです。

しかも「そもそも40代を求めている企業がない」とまで言われました。

30代の頃は「どんな仕事を探していますか?」と聞かれたのに、40代になったら「厳しい」の一言。

この一言に40代の転職の現実が詰まっている気がします。

40代でも採用されやすい業界

40代でも採用されやすい業界

さて、40代の転職は相当厳しいのは事実。
ですが40代でも比較的採用されやすい業界はあります。

それは慢性的な人手不足に悩まされている業界、つまり仕事がきつい業界です。

分かりやすく言えば次の4つ。

  • タクシー
  • 運送業
  • サービス業
  • 小売り業

などです。

ただしこれらの業界に初めて入るのであれば、かなり厳しい現実が待っていると思ってください。

なぜなら今までのキャリアは関係がなくなり、ゼロからスタートすることになるからです。

それに「比較的採用されやすい」だけで、必ず採用されるわけではありません。

40代で仕事を辞めてからの転職は危険

40代が仕事を辞めてから転職活動を行うのは本当に危険です。

なぜなら先ほども書いたように、40代を求めている企業がすごく少ないから。

仕事を辞めてしまえば収入が途切れてしまいます。

退職金や失業給付金があるので、しばらくは生活できるはずですが、それでも不安は無くなりません。

とくに自信があった分野の仕事で不採用が続くと、精神的にもきつくなってきます。

さらに転職活動に時間がかかれば、生活費の心配をしなければいけなくなるのです。

その上転職に失敗してしまったら…。

「仕事を辞めなければよかった…。」

と後悔しますよね。

なので40代で転職したいのなら、必ず在職中に仕事を探して次を見つけてからやめること。

絶対に何の当てもない状態で辞めてはいけません。

40代の転職を成功させる方法

40代で転職するにはプライドを捨てる

40代の転職は想像以上に厳しい。
ですが、それでも転職で成功する方法はあります。
それは、利用できる「モノ」は全て利用することです。

転職エージェントに片っ端から登録する

まず、できるだけ多くの転職エージェントに申込みましょう。
なぜなら40代は、「紹介できる求人がない」と登録を断られることがあるからです。

なので、できるだけ多くの転職エージェントに、申し込む必要があります。

「断られるなら申し込まなくていいんじゃないか」

そう思うかもしれません。

ですが転職エージェントは、毎日誰かの転職をサポートしているプロです。

採用担当者の目に留まる履歴書・職務経歴書の書き方。
効果的な自己アピールの方法、面接のコツ。

など、プロだからわかるポイントを知っています。

つまり転職エージェントを利用すれば、プロだけが知っているポイントを教えてもらえるわけです。
これがかなり大きい。

ひとりでは厳しい戦いも、プロにサポートしてもらえばグッと楽になります。

転職で失敗しないために、転職エージェントは必ず登録してください。

早期退職の支援も行っている

余談ですが、転職エージェントは企業からの依頼で、早期退職者の支援も行っています。

つまり、それだけ転職に慣れている、ということです。

実際に私の友人は早期退職後に、転職エージェントのサポートで転職しました。

その際に紹介された求人が10個。
申し込んだ求人が5個。
そして、内定が出た求人が3個です。

ちなみにこの友人は特別優秀というわけでもなく、どこにでもいる普通のおじさん(48歳)です。
一緒に働いていたのでよく知っています。

それでもこの高確率で転職できたのですから、うらやましい限りです。

おすすめの転職エージェント

わたしがおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。
先ほど紹介した、早期退職の支援もリクルートエージェントが行っています。

おすすめする理由は1つだけ。
取り扱い求人数がメチャクチャ多いから。

求人数の多さはそのまま成功率へとつながります。
出会える求人が多ければ、それだけあなたに合った求人が見つかりやすい。
これ、当たり前の話ですよね。

はっきり言って、受けられるサービスはどこも似たようなもの。
で、あれば、より多くの求人に出会えるサービスを利用したほうがいい。

転職が難しい40代なら、なおさらです。

ほかのサービスを使うとしても、リクルートエージェントだけは絶対に登録してください。
そのくらいおすすめのサービスです。

公式サイトはこちら➣リクルートエージェント

ハローワークは必ず利用する

ハローワークには全国の求人が集まっていますから、必ず利用してください。

ただしハローワークの求人には年齢制限がないので、企業とコンタクトを取る際に「40代でも採用するかどうか」を確認すること。

確認せずに応募していると、年齢フィルターのかかっている企業へも応募することになり、履歴書や職務経歴書を書く手間だけが増えてしまいます。

年齢制限が禁止されているので仕方がないことですが、はっきり言って効率が悪いですし、郵送代も勿体ない。

聞けば答えてくれることも多いので、申し込む前に確認しましょう。

また、ハローワークは基本受け身のサービスです。

こちらからやってほしいことを言わないと何もしてくれません

これは批判しているわけではなく、ごくごく当たり前の話です。

まさか40代にもなって、周りが全部サポートしてくれる、なんて思っていませんよね?

履歴書の添削や面接の練習など、聞けば受けられるサービスがたくさんあります。

ハローワークを利用するときは、やってほしいことを積極的に相談してください。

友人・知人に紹介をお願いする

40代の転職で一番採用される確率が高いのは、友人・知人の紹介です。

  • 紹介をお願いすることが恥ずかしい
  • 何かあったら迷惑をかけてしまう

そう考える方もいると思いますが、仕事がないよりはマシです。

なので紹介をお願いできる友人や知人がいるのなら、絶対にお願いするべきです。

あるいは在職中にお世話になった方に依頼するのもありです。

私の周りで転職に成功した方は、転職エージェントを利用したか、スカウトを受けたかのどちらかです。

とくに在職中にお世話になった会社からのスカウトは、待遇がかなり良くなる傾向があります。

ダメもとで聞いてみるのもいいかもしれません。

40代を対象としたリストラが増えている

最近は40代以上を対象とした「早期退職者の募集」を、黒字の企業も行っています。

つまり!

多くの企業が人事体制を一新するために、40代以上のリストラを行っているのです。

かなり多くの企業が40代以上を対象とした早期退職者を募集しているため、一部では40代・50代を対象とした、大量の早期退職者募集が始まる、とも言われています。

逆言えば、転職市場に40代以上が増えている、ということ。

ということは…。
40代以上の方が何も考えずに仕事を辞めれば、自然と激しい競争に巻き込まれることになるということです。

はっきり言いますが、今の環境は40代以上にとってとても厳しいものになっています。

だからこそ、40代以上は安易に仕事を辞めてはいけないのです。

40代で仕事を辞めると地獄が待っている

40代で辞めると地獄が待っている

40代で何の準備もせずに仕事を辞めると、仕事が見つからないという地獄が待っています。
なので悩んでいるのなら、今の仕事を辞めてはいけません。

何度も言いますが、40代の転職は厳しい。

安易にやめると「仕事が見つからない」という地獄が待っています。

首尾よく仕事が見つかったとしても、給与がめちゃくちゃ下がる可能性すらあります。

だから悩むなら辞めないほうが無難です。

それでも転職したいのなら、利用できるサービスはすべて利用してください。
最低でも次の3つは利用するべきです。

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 友人知人の紹介

「何とかなるだろう」で何とかなるほど甘くありません。
「何とかなるだろう」でなんとなるのは若いうちだけです。

悪いことは言いません。
悩むなら辞めないこと。

それでも転職して成功したいのなら、転職エージェントは必ず利用してください。

無料でプロのサポートが受けられるサービスです。
利用しない手はありません。

それとはっきり言いますが、ひとりで転職しようとすれば、間違いなく失敗します。
下手をすれば路頭に迷います。

給与が目も当てられないほど減るでしょう。
奥さんに愛想をつかされるかもしれません。

やりたくもない仕事に就き、家庭環境も悪くなるなんて、最悪ですよね。

でも、40代の転職はそのくらい厳しい。

なので成功したいのなら、転職エージェントを必ず利用してください。

>>リクルートエージェントはこちら

タイトルとURLをコピーしました