「人手不足の仕事を辞めたいのに辞められない」ときの辞め方

「人手不足の仕事を辞めたいのに辞められない」ときの辞め方

人手不足の仕事を辞めたいのに辞められない。そう悩んでいる方は大勢います。

ですが、実際に辞められる人はそう多くはありません。
ほとんどの人が辞めたい気持ちを抑え、我慢して働いています。

ではなぜ、辞められないのでしょうか?

原因は日本の就職が「仕事」に就くのではなく、「会社の一員」になることだからです。

そのため会社に「辞めたい」伝えると、次のように言われます。

  • 辞められると後が困る
  • 人がいないから大変になる
  • 代わりが見つかるまで働いてほしい

こんな風に言われると、残された仲間のことを考えてしまい、辞めたいのに辞められないという状況になってしまうのです。

ですが、そんな辞めにくい会社でも、きちんとした手順を踏めば辞めることができます。

つまり「辞めたいのに辞められない」と悩んでいる方に必要なのは、「絶対にやめる」という決意だけ。

この記事では、「人手不足で辞めにくい職場を辞める方法」について紹介しています。

スポンサーリンク

人手不足の会社をスムーズに辞める方法

人手不足の会社をスムーズに辞める方法

最初に人手不足の会社を、正規の手順でスムーズに辞める方法について説明します。

上司に伝えるタイミング

上司に退職の意思を伝えるタイミングは重要です。

ポイントは次の2つ。

  • 忙しくない時期や時間を狙う
  • すぐに言わずアポを取る

忙しくない時期や時間を狙うのは、話をちゃんと聞いてもらうため。

なぜなら忙しいと気持ちに余裕がなくなり、話をちゃんと聞いてもらえません。
これは、いきなり退職の話を切り出した時も同じです。

なので忙しい時期や時間は、なるべくさけるようにします。

そして「お話したいことがありますので、少しだけお時間をいただけないでしょうか」と、アポを取ってください。

もし「どうした?」と聞かれたら、「ここではちょっと」とでも言ってお茶を濁しましょう。

なかなか上司と話すタイミングがない方は、メールでアポを取っても構いません。
メールは次のように書きます。

〇〇課長
お疲れ様です。▲▲です。
今後のことでお話したいことがございます。
お手すきの際にお時間をいただけませんでしょうか。
お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

上司に時間を作ってもらえたら、退職の意思を伝えてください。

退職は「相談」せずに「報告」する

上司に退職の意思を伝えるときに、いくつか押さえるべきポイントがあります。

  • 退職を報告する
  • 退職日を明確に伝える
  • 会社への不満や愚痴を言わない
  • 退職理由は「個人的な理由」にする
  • 後任を手配する猶予を設ける

最大のポイントは相談しないで報告すること。
そして報告するための、上司への伝え方は次のようになります。

「申し訳ございませんが、一身上の都合により〇月〇日で退職します。」

ポイントは「退職します」と言い切ること
間違っても「退職させていただきたいのですが」とは、言ってはいけません。

退職日は、退職の意思を示した日から2週間以上間を空ければ、いつでもかまいません。
とはいえ基本は、社内規則に沿った形になります。

一般的に多いのが、退職の意思を示した日から1か月後です。
会社が後任を手配する猶予を設けるためにも、1か月は期間を見ましょう。

相談せず報告する理由

退職を相談せずに報告するのは、主導権を会社に握られないようにするため
なぜなら主導権を会社に握られると、次のような引き留めを受けることになるからです。

  • 考え直せ
  • もう少し頑張ってみろ
  • 今やめても意味がない

執拗な引き留めを受けると精神的につらくなります。
「絶対に退職する!」と思っていても、引き留めに負けてしまうかもしれません。

なので、退職の意思を示すときは必ず「〇月〇日で退職します」と宣言します。
間違っても「退職させていただきたいのですが」と、相談してはいけません。

一度相談してしまうと、退職するかどうかの判断を会社に任せることになります。
当然あなたの希望日に、退職することはできません。

主導権を会社に握られないためにも、退職は報告することが大切です。

不満や愚痴は絶対に言わない

退職理由では、絶対に「会社への不満や愚痴」は言ってはいけません。
なぜなら会社への愚痴や不満を理由にすると、必ず「改善するから」と引き止められます。

しかもきついのは、次の等式が成り立ってしまうことです。

  • 退職理由=会社への愚痴や不満
  • 愚痴や不満の改善=退職理由がなくなる

つまり会社への退職や愚痴を退職理由にすると、「改善するから」の一言で退職する理由がなくなってしまうのです。

当然、退職できなくなります。
なので会社への愚痴や不満は絶対に言ってはいけません。

退職理由を聞かれたら「一身上の都合です」と答えれば十分。
詳しい理由を会社に伝える法的な義務はありません。

もし退職理由に困るなら「プライベートなことなので…」とでも伝えればいいでしょう。

間違っても会社への愚痴や不満を退職理由にしないでください。

退職日は可能な範囲で応じる

退職日について上司が交渉してきた場合は、可能な範囲内で応じてください。
あまりにも頑なに「〇月〇日です!」と言い切ると、相手の心証を悪くしてしまいます。

相手の心証が悪くなれば、退職までの日々がつらいものになるでしょう。

できる範囲で構いません。
退職日の交渉には応じるようにしましょう。

引き留められたらどうするべきか

引き留められたらどうするべきか

人手不足の仕事だと、退職を思いとどまるように言われるかもしれません。

なので引き留められたときの対処法を紹介します。

必要な人材だと言われた

「会社にとって君は必要な存在だ」と、引き留められれば誰だって悪い気はしません。
ですがここで受け入れてしまっては、人手不足の会社に逆戻りします。

必要とされると嬉しいものですが、なぜ退職を決意したのかを考え、意思を曲げないようにしましょう。

回答としては、「ありがとうございます。しかし辞める意思は変わりません」と、伝えてください。

待遇の改善を打診される

退職を止めるために、「給与を上げる」「残業をなくす」「昇進させる」といった待遇の改善を打診されることがあります。

これを受け入れてしまうと、やはり人手不足の会社に逆戻りです。

また引き留める材料として使われる「待遇の改善」は、口約束で終わることもあります。
いえ、間違いなく口約束で終わるでしょう。

なぜなら一度引き留めてしまえば、約束を守る必要がないからです。

なので待遇の改善を打診されたら、「ありがとうございます。しかし辞める意思は変わりません」と伝えましょう。

引継ぎが終わるまで続けてほしいと言われる

会社によっては社内規定で「引継ぎをすること」を、義務付けているケースもあります。
そのため「引継ぎが終わるまでは働くように」と、言われることがあるようです。

ここで勘違いしてほしくないことは、引継ぎは必ずしも「人(後任)」にする必要はない、ということ。

担当していた業務内容をまとめた「引き継ぎノート」を作成することで、引継ぎの義務は果たすことができます

なので「引継ぎが終わるまで続けてほしい」と言われたら、「必要なことをノートに書いておきます」と答えてください。

そして退職日の変更には応じないことが大切です。

後任が決まるまで待ってほしいと言われる

人手不足の会社では、後任が決まるまで待ってほしいと、言われることもあります。
ですが後任が決まるまでの期間を考えて、退職日を1カ月から2カ月先にしていますよね。

なので無理に応じる必要はありません。

応じられる範囲で調整するのは構いません。
ですが、あまりにも長いと退職できないので、期間を区切ってください。

この場合は「退職日まで1カ月あります。私としても退職後の予定がありますので、それ以上延ばすことはできません」と伝えても構いません。

あくまでの退職の主導権をあなたが握ること。
後任が決まるまで待つのは、会社に主導権を渡すことと同じです。

きっぱりと断り、退職日は変更しないようにしましょう。

脅してくる

一番対応に困るのが、脅してくる場合です。

  • 会社に迷惑をかける気か
  • 残された人のことを考えたことがあるのか
  • 損害賠償を払ってもらう
  • 引継ぎが終わるまで退職は認めん

まず一般論で話をしますね。

まず民法627条で退職の自由が定められています。
なので、退職の意思を示してから2週間で辞めることができます。

これは、会社の社内規定の内容に関係なく2週間、です。

また、会社が従業員に損害賠償を請求できるのは相当レアなケースだけです。
退職するだけで損害賠償を請求できることは、まずありません。

なので、脅されても「なんと言われようと、〇月〇日で退職します」と、答えれば十分です。

……ですが実際に脅されると怖いですよね。

私も退職するときに上司に怒鳴られた経験があります。
あの時の怖さは、今でも忘れることができません。

理屈では「やめると言い続ければいい」と分かっていても、一人で対処することは難しいと思います。

なので怒鳴られた日は、素直に引き下がりましょう。
下手に立ち向かっても、火に油注ぐだけです。

そして、話をする相手を上司から人事部や社長など、別の人に変えてみてください。
それでもダメなら、労働基準監督署か弁護士に相談しましょう。

荒業としては「退職届」に2週間後の退職日を書き、内容証明郵便で会社に送付する方法もあります。
ですが個人で行うにはハードルが高い。

なので脅されたときは弁護士への相談をお勧めします

労働基準監督署も間に入ってくれます。
ですが費用はかかるものの、弁護士のほうが即効性があります。

ほとんどの会社は弁護士が出てきただけで、脅すことも退職を止めることもなくなります。
そのくらい、弁護士という名前には力があります。

あるいは退職代行を使ってもいいでしょう。
弁護士が行っている退職代行なら、確実に仕事を辞めることができますよ。
退職代行を使ってみた

同僚との関係が気になるときは

同僚との関係が気になるときは

退職するときに、できれば避けたい人間関係のいざこざ。
人手不足で忙しい職場だと、同僚の目も気になりますよね。

そこでここでは、人間関係のいざこざを最小限に抑えるためのポイントを紹介します。

退職は自分の口からは伝えない

まず大切なのは、退職を決意しても自分から、「退職します」と同僚に話をしてはいけません。
なぜなら、話をすることで逆に混乱が生じたり、業務に支障が出たりするからです。

引継ぎの相手や仕事でかかわっている人には、上司を通して知らせるようにしてください。

もし上司が動いてくれないのなら、引継ぎの相手や仕事で関わっている人に、自分から話すしかありません。

自分から話すときは、周りに話が広がらないよう十分注意してください。

退職を喜んだり、転職先の自慢をしてはいけない

人手不足の職場では、同じように「早く辞めたい」と思っている人がいるもの。
なので、「なんであいつだけ辞めるんだ」というやっかみが、少なからずあるはずです。

それなのに退職を喜んだり、転職先の自慢をしたら火に油を注ぐようなもの

下手をすると全員から白い目で見られてしまいます。

それを避けるためにも、常に謙虚な姿勢で、滞りなく引き継ぎを進めましょう。

最終日には全員に挨拶する

最終日には全員に挨拶をしてください。
難しく考える必要はありません。

「お世話になりました。ありがとうございました」

そう感謝の気持ちを込めて、伝えるようにしましょう。

責任を勘違いすると辞めにくくなる

責任を勘違いすると辞めにくくなる

まじめな人ほど人手不足が原因で起こる問題を、自分のせいだと考えがちです。

例えば「私が辞めると同僚が困る」という考え方。
これは事実かもしれませんが、考え方が間違っています。

確かに人手不足の会社で誰かが辞めてしまえば、その分周りが忙しくなります。

ですが人手不足を解消し、職場の環境を改善するのは会社がやるべきこと。
そして責任は会社が負うべきものです。

人手不足で終わらない仕事を従業員がカバーして限界まで働くのは、明らかに間違っています。

「人手が足りないから今いる人員でカバーするしかない」

これは会社の都合であって、従業員が負うべき責任ではありません

「人手不足が原因で仕事を辞められない」というのは、従業員が責任を勘違いしているとも言えるのです。

人手不足はだれの責任?

この際はっきり言いますが、人手不足は会社の責任です。

「人を採用するのは人事部でしょ?」

そう思われるかもしれませんが、人員の補充や採用は会社の方針に沿って行われます。
各部署の長が「人を入れてくれ」と頼んだとしても、会社がそれを認めなければ採用されることはありません。

ついでに言うと「募集をかけても人が集まらない」のも会社の責任です。

人手が不足し仕事が忙しくて従業員が疲弊しているような会社に、人が集まるわけがありませんよね。

そうしたのは「会社」ですから、従業員が「人手不足で辞めたくても辞められない」と責任を負う必要はありません。

つまり、会社が人手不足になった全責任は「会社」にあります。

会社が潰れたらどうするんだ!という勘違い

「人手不足をカバーしないで、会社が潰れたらどうするんだ!」

そういう声が聞こえてきそうですが、これも気にする必要はありません。

もちろん人手不足が一時的なもので、すぐに解消されることが分かっているのなら、協力して乗り切ることも必要です。

ですが慢性的な人手不足で一向に解消されないのなら、従業員が人手不足をカバーする理由はありません。

仕事は生活を豊かにするための手段です。

慢性的な人手不足で仕事量が増える。
休みもなく毎日仕事をするだけで、心身ともに疲弊していく。

そんな生活が、豊かだと言えるでしょうか。

その結果たとえ会社が存続できたとしても、そこで働く従業員が幸せになれるとは思えません。

なので会社が人手不足を解消できず、従業員を疲弊させるだけなのであれば、潰れても仕方がありません。

ましてやその責任を、従業員が負う必要など微塵もないのです。

次の仕事の探し方

次の仕事の探し方

さて、せっかくなので次の仕事の探し方も紹介します。

まず効率よく次の仕事を探すには、ハローワークだけに頼ってはいけません。
今は転職サイトや転職エージェントなど、無料で利用できるサービスがあります。

使えるサービスは使い倒して、より良い職場を見つけましょう!

仕事が忙しくても転職エージェントを利用する理由

私は、仕事が忙しい人ほど転職エージェントに相談するべきだと考えています。
なぜなら転職エージェントは、手間のかかる部分を無料でサポートしてくれるからです。

人手不足の仕事だと残業も多くなりますよね。
当然転職活動に割ける時間も少なくなるでしょう。

「時間がないから」と、転職エージェントの利用を諦めている方もいるはずです。
実は転職エージェントは、手間のかかる次のことを代わりにやってくれます。

・キャリアに合った求人の紹介
・面接の段取り(日時の調整)

とくに面接の段取りは、忙しく働いている方に必須のサポート

しかも一度登録してしまえば、あとはメールで送られてくる求人をみて、応募するかどうかを決めるだけ。

つまり、あなたが忙しくてできない部分を、転職エージェントが代わりにやってくれる、というわけです。

忙しいからとあきらめるのではなく、忙しいからこそ転職エージェントを利用してください。

おすすめは最大手のリクルートエージェント

おすすめは転職エージェント最大手のリクルートエージェント。
なぜなら取り扱っている求人の数が段違いに多いから。

取扱求人数が2万~3万件の転職エージェントが多い中
リクルートエージェントは25万件以上とダントツで多いのです。

転職は企業と求職者のマッチングで決まります。
つまり出会う求人が多いほど、自分に合った求人を見つけやすくなるわけです。

仕事に追われる人生なんて嫌ですよね?
時間に余裕のある生活を送りたいと思いませんか?
もっとプライベートを楽しみたい! そう思いますよね?

自分に合った求人が見つかれば、それは夢じゃなく現実になります。
そのためには、取扱求人数が多いサービスを選ぶべき!

つまり、求人数がダントツで多いリクルートエージェントがおすすめなんです。

公式サイトはこちら➣リクルートエージェント

最後に

「人手不足の仕事を辞めたいのに辞められない」ことについて色々書いてきましたが、まとめます。

  • 退職は相談せず「報告」する
  • 辞める会社に気を使う必要はない
  • 辞めたいならいつでも辞めることが出来る

そして人手不足の仕事を本気で辞めたいのなら、「明日やろう」ではなく「今動くこと」が大切。

例えば求人情報を集めてみる。
転職サイトに登録する。
職務経歴書を書いてみる。

などですね。
具体的な行動をすることで、より退職が身近なものに感じられるはずです。

はっきり言いますが、会社に気を使って限界まで働く必要はありません。

人手不足で忙しくても「辞めにくい」などと考えず、自分の幸せを最優先に行動してください。

そして仕事を探しは必ずプロに相談すること。
なぜなら転職で手間のかかる部分を、無料でサポートしてくれるから。

諦めたらそこで終わりです。

退社後に趣味を楽しむ余裕がある!
休日に家族や友達と遊べる!
プライベートに幸せを感じる!

そんな、あなたの人生を取り戻すために、行動しましょう!
公式サイトはこちら➣リクルートエージェント

 

 

タイトルとURLをコピーしました