【40代】向いていない仕事を辞めたい!なら行動しよう

今の仕事に向いていない。
できれば辞めたい。

そう悩む40代も多いようです。

ただ年齢を考えると、気持ちだけで転職に踏み切るのは考え物。
なぜなら40代の転職は、いろいろな意味で難しいからです。

ちなみに私は40代で転職しています。

が!

給与ががっつり下がりました…。
年収で100万円以上下がりましたね。

なので、40代は情報収集から始めるのが定石。
いきなり退職すると、路頭に迷う可能性もありますよ。

スポンサーリンク

向いていない仕事を辞めたいと思っても我慢

40代の転職はかなり難しい。
なので、向いていないからと仕事を辞めるのは、お勧めできません。

40代を求める企業は少ない。

まず、40代を求める企業はほとんどありません。
人件費は高いうえに、これから育てるような年齢でもないからです。

私がハローワークに相談した時も言われました。

40代向けの求人はほとんどない! と…。

転職を考えるのは悪いことじゃありません。
ただ、年齢で厳しくなることは承知しておいてください。

まず年収は下がる

40代で転職すると、ほぼ確実に年収は下がります。
というのも、今貰っている給与は勤続年数などで底上げされているからです。

特に成績の良かった人ほど、下がる額が大きくなります。
下手をすれば、100万円以上下がることもあるんです。

なので、次を見つけずに辞めると、ほぼ確実に後悔します。

ちなみに、40代の転職で年収が増える人もいます。
こういった人は、プロに相談したり、ヘッドハンティングされたりしているんですよね。

普通の人が普通に転職すると、間違いなく年収は下がります。

仕事があれば生きていける

これも変な表現ですが…。
とりあえず仕事があれば、生きていけます。

合わない仕事を続けるのはつらいと思いますよ。
でもね。
仕事がなくなって、明日からの食事をどうしようと悩むよりましですよね。

冗談に聞こえるかもしれませんが、40代が勢いで仕事を辞めると、ガチで路頭に迷う可能性があります。

だから、つらくても辞めちゃいけません。

じゃぁどうするかというと、40代の転職は情報収集から始めるべきなんです。

まずは情報を集める

40代の転職は、求人情報を集めることから始めます。

・どんな仕事があるのか
・給与はどのくらいか
・待遇はどうなのか
・どんな人材を求めているのか

こういった情報を、転職サイトなどを使って集めましょう。

情報を集めれば、40代の転職のリアルな現状が見えてきます。

生活に必要な金額を把握する

生活に必要な金額も把握しておきましょう。

注意点は、福利厚生で補われている部分も、忘れずに計算すること。

・制服代
・備品代
・社宅の費用

こういったものです。

意外と会社が負担してくれている費用って、多いんですよ。
で、この金額を見落とすと、転職してからヤバいことになります。

毎月赤字だー! とかね。

なので、生活費必要な金額はきちんと計算すること。
そのうえで、いくら給与があればいいのかを、しっかりと把握してください。

必要な給与がもらえるか確認する

生活に必要な金額を把握したら、集めた情報と比べてください。
そして、ちゃんと生活できそうか確認します。

給与が全然足りなければ、当然転職はできません。
転職したければ、生活水準を大幅に落とす必要があります。

というようなことを見極めてください。
家族がいる場合は、特に大切なポイントです。

今の生活が維持できるだけの給与がもらえるのか。
しっかりと、確認しましょう。

転職できる見込みがあるか考える

次に、あなたの経歴で本当に転職できそうかを考えます。
企業が望んでいる人材像に、マッチしているかどうかです。

ここも、すごく大切なポイント。
なぜなら40代の転職は、即戦力として見られるのが当たり前だからです。

人材像にマッチしていなければ、転職してからすごく苦労します。
いえ、それどころか採用されないかもしれないのです。

なので、企業が望む人材にマッチしているかどうか。
募集内容をよく見て、確認してください。

プロに相談する

転職エージェント使って、転職できるかどうか判断することもできます。

例えばスカウト専門の転職エージェントに登録すれば、市場価値がどの程度か判断できますよね。

あなたに需要があれば、スカウトがバンバン来るはずです。
もし全く来ないなら、市場価値がないといえます。

結構シビアですが、ある意味わかりやすいともいえる。

それに、スカウトがたくさん来る人は、年収がアップする可能性も高い。

見極めるには丁度いいので、ぜひスカウト型の転職エージェントに登録してみてください。

ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト

転職エージェントを利用する

スカウト型じゃない転職エージェントを利用するのもありです。
なぜなら転職エージェントは、転職に関する相談にも乗ってくれるから。

もちろん、あなたの経歴にあった求人紹介もしてくれます。
さらに、面倒な面接の段取りもつけてくれるんです。

極めつけは内定後の給与交渉をしてくれること。

これだけでも、利用する価値があると思いませんか?

おすすめの転職エージェント

私のお勧めはリクルートエージェント。
理由は、取り扱い求人数がめちゃくちゃ多いから。

はっきり言いますが、40代を対象とした求人はかなり少ないんです。
なので、取り扱っている求人は、多ければ多いほどいい。

紹介できる求人がない!

そういわれたら、元も子もありません。
だから、取り扱い求人数の多いリクルートエージェントがおすすめです。

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

最後に

40代で向いていない仕事を辞めたいと思っても、安易にやめてはいけません。
なぜなら思っている以上に、40代の求人は少ないからです。

安易にやめると、次の仕事が見つからず、路頭に迷う可能性もあります。

なので、40代の転職活動は、仕事を辞めずに行いましょう。

そのために大切なのが情報収集。
希望する職種の情報をできるだけたくさん集めてください。

そして、本当に転職できるのか。
転職後の給与はいくらなのか。

といったことを見極めていきます。

難しければ、転職エージェントに相談するのもアリです。
プロに相談すれば、よりリアルな40代の転職を知ることができます。

なんにしても、思い付きだけで辞めないこと。

辛くても仕事があるだけましです。

仕事があれば、とりあえず食べていくことはできますから。

タイトルとURLをコピーしました