40代が転職に迷うのは当たり前! ってことでポイントを説明するよ

こんにちは、ぶのしです。

さて今日は、40代の転職について話していきます。

40代って、かなり微妙な年代ですよね。

転職したいと思っても、次の仕事が見つかるかどうか、つよい不安を感じるはず。
年齢を考えると、転職そのものが冒険に感じるものなんです。

だって40代だから。

「40代の転職は最後のチャンス」

なんていう人もいます。

ここで転職しないと後がない。
だから、思い切ってチャレンジしろ!という意味でしょう。

ですが、はっきり言っておきます。
40代の転職は本当に厳しい。

最後のチャンス?

いやいやいや。
40代が転職で成功するのは「奇跡が起きた!」と、思ってもいいくらい厳しいんです

だからチャンスだ! なんて軽い気持ちで挑んじゃダメ!

なにしろ私が40代で転職したとき、ハロワークの職員にこう言われたんです。

40代を対象とした求人はほぼない。
40代を求める企業もほぼない。

とね。

毎日求職者の相談に乗っている方が、40代の転職は厳しいと断言しているんですよ。

しかも!

求人はほぼない。
求められてもないと言い切っているんです。

この事実だけでも、相当厳しいことがわかりますよね。

だから、40代が転職で悩むのは、ある意味当たり前。
むしろ、サクッと転職できる人のほうが少ないと思ってください。

この事実を踏まえたうえで、40代で転職したい人がどう行動するべきなのかを、私の経験を踏まえて話していきます。

スポンサーリンク

40代の転職は厳しいという現実

さて、しつこいようですがもう一度言います。

40代の転職は厳しい!

誤解のないように言っておきますが、40代だと転職できない、という意味じゃないですよ。

40代でも転職はできます。
とくに仕事を選ばなければ、結構簡単に転職できます。
これ、マジです。

ちなみに私は、応募1社、面接1社で採用されました。
そのくらい簡単に決まることもあるんです。

とはいえ、希望に沿った転職は難しい。
ある程度妥協しないと、次の仕事が見つからないのが40代の転職なんです。

え?
40代でも転職できるっていうデータがあるって?

確かにありますよね。
よくある「40代でも転職できる」という根拠に、次の仕事が見つかるまでの期間を上げるサイトが結構あります。

40代でもおおむね半年程度で、次の仕事が見つかるというデータですね。

これ、別に間違っていないんです。
確かに半年もあれば次の仕事が見つかります。

でもね。
希望する仕事が半年以内で見つかったわけじゃないんです。

半年以内で転職できた人がこのくらいいますよ。
という話だけなんですよ。

数字はうそをつかないが、うそつきは数字を使う

数字はうそをつきません。
ですが、うそつきは数字を使うんです。

40代の転職者のうち、80%が半年以内に次の仕事を見つけました。

さて問題です。

80%のうち何割の人が、転職先の仕事に満足しているんでしょうか?
給与が増えた人はどのくらいいますか?
そもそも、希望した職種に転職できた人はどのくらいいるんでしょう?

この質問に答えているサイトって、ありませんよね。

ほとんどのサイトは、次の仕事を見つけた人が何割いるのかを示しているだけです。

転職に成功した人がどのくらいいるのか。
満足している人がどのくらいいるのかを、教えてくれるサイトはありません。

つまり、運営者が自分に都合のいい数字だけを持ってきて、都合のいいように見せているだけ。

数字はうそをつきません。
でも、うそつきは数字を都合のいいように使うものなんです。

はっきり言って40代の転職は厳しい

はっきり言いますが、40代の転職はめちゃくちゃ厳しい。
特に、普通にサラリーマンとして働いてきた方ほど、転職が厳しくなります。

なぜなら、企業に「あなたが欲しい!」と思わせる経験やスキルを持っていないから。

40代って、一定レベル以上のスキルや経験、人脈が求められる年代なんです。

20代のように将来性を加味されることはありません。
30代のように、マネジメント経験だけで採用されることもないんです。

企業が求める人材像をクリアするのは最低条件。
そこに、プラスアルファの魅力がないと、希望通りの転職を実現することが難しい。

それが40代です。

出来すぎも嫌われる

さて、40代の転職を難しくする要因がもうひとつ。

それは、出来すぎても嫌われる、です。

これは中小企業ほど、その傾向が強い気がしますね。
なぜなら中小企業の面接には、求人を出した部署の管理者が同席するから。

そしてある程度の地位にいる人ほど、自分を脅かすような人を採用したくないと思っているからです。

つまり、優秀すぎる人は嫌われる。
採用されにくくなるんです。

単なる嫉妬なんですけどね。
優秀な人を採用したほうがいいと、個人的には思うんですけどね。

それでも、自分の立場を守ろうとする人は多い。
その結果、自分の立場を脅かしそうな人は不採用になりがちなんです。

未経験はまず採用されない

さてもうひとつ、40代の転職が厳しい理由書きますね。
それは、未経験だと採用されないことです。

意外といるんですよ。
40代で未経験職種に転職したいと思う人が。

私のところにも、何人か面接に来ました。

営業が嫌になったら事務職がやりたいとか。
心機一転新しいことにチャレンジしたい! とかいう理由で。

これね。
40代だと通用しないんですよ。

なぜなら、未経験なら若いほうがいいから。

若い人ほど人件費は安いし、覚えも速い。
なので、わざわざ40代を採用する理由がないんですよ。

でもいるんですよね。
40代で未経験職種を希望する人が。

多分、自分だけは違うと思っているんでしょう。
壮大な勘違いだとも知らずに…。

はっきり言って、40代で未経験職種を目指すのは無謀です。

これも多分、40代の転職が厳しくなる原因の1つ…でしょうね。

おまけ:少子高齢化だから40代が求められている? という大嘘

おまけで少子高齢化について話をします。

じつは…。

少子高齢化で若い人が減っているから、40代を求める企業が多い、という話をする人がいるんです。

20代は人数が減っているから採用しづらい。
30代も減っている。

だから、40代を求める企業多い!

という理屈です。

でもこれって、おかしいと思いませんか?

企業が若い人を求めるのは、将来を考えているからなんですよ。

そうだな。
例えば定年が60歳の会社で、従業員の半分が50代だとしたら…、10年後どうなると思いますか?

いきなり従業員が半分になってしまうんです。
これ、会社としてかなりまずいことになりますよね。

だから、年代のバランスをとるように採用するのが当たり前。

つまり、少子高齢化だからと言って、若い人の代わりに40代を求めることはないんです。

これもまぁ、よくみる嘘。
なんどもはっきり言っていますが、40代を求める企業は少ない。

特に、普通に働いてきた40代を求める企業は、ほとんどないと思ってください。

あ、ついでに言っておきますが、少子高齢化が進むのはこれからです。
今はまだ、目に見えて若い人、特に20代や30代が減っているわけじゃないんですよ。

40代は転職できないのか

さて、しつこく40代の転職は厳しいと言ってきました。

ここまでしつこく言うと、40代は転職できないのか! と言われそうですが…、そんなことはありません。

40代でも転職はできます。
現に私は、40代で未経験職種(営業から購買)に転職しています。

40代の転職で大切なのは、まず厳しいことを理解すること。
次に、自分のことをよく知ること。
そして、企業のことをしっかりと研究することです。

ということで!

次からは、40代の転職で大切な考え方について、話していきますね。

40代の転職で大切な考え方

40代の転職で大切なのは、ずばり次の4つ。

・夢を見すぎない
・家族に迷惑をかけない
・後悔する決断をしない

これ、私が40代で転職するときに心がけていたことです。
ひとつずつ説明しますね。

夢を見すぎない

まず、40代の転職で夢を見すぎちゃだめです。
というのも「転職すれば何とかなる」と思う方が、多いんですよね。

これ何度も言っていますが、40代の転職って厳しいんです。
希望がかなわないことが多々あります。

言い方を変えると、夢を見てもその夢は叶わない、ってことです。

・転職で給与を大きく上げたい
・未経験職種に転職して心機一転頑張りたい
・人間関係の良い職場に転職したい
・ホワイト企業に転職したい
・いま部長だから部長で転職したい

などなど。

もうね。
ハイハイ、って感じです。

もう一度言いますね。
40代の転職は厳しいんです。

大きな夢を見すぎると、ギャップの大きさに絶望します。
なので、夢を見すぎちゃダメです。

言い方を変えれば、身の丈を知れってことです。

家族に迷惑をかけない

つぎが家族に迷惑をかけないこと。
これ、家族がいるなら絶対に意識しないとダメです。

というもの、あなたの決断ひとつで家族の生活までガラッと変わってしまうから。

ちなみに、男性だから女性だからという話じゃないですよ。
稼いだお金が生活費として家庭にはいっているなら、だれでも同じです。

それに、転職すれば環境が変わりますよね。

出勤時間も通勤する場所も、人間関係も大きく変わります。
結果として、一緒に生活している家族にも影響が出るんです。

なので、最低限家族には迷惑をかけないようことを考える。

つまり!

一人で決めずに相談しようね、ってことです。

これ、結構大切なことだったりします。

後悔する決断をしない

40代の転職は本当に厳しい。
失敗したからやり直したいと思っても、やり直せないのが40代の転職です。

だから、後悔する決断をしちゃダメ!

その転職で失敗しても、やり直せないと思ってください。
そのくらいの覚悟で挑むべきなんです。

40代で転職して、合わないと思ったから1か月で辞めました。

こんな人を雇う会社はありません。

自分のことをわかっていない。
企業研究ができない。
こらえ性がない
踏ん張ることもできない

つまり使えない40代だ。

そう思われてしまいます。
そう思われたら、すべてが終わります。

だから絶対に!
後悔する決断をしちゃダメです。

40代の転職で大切なこと

さて、最後に40代の転職で大切なことをお話しします。

ポイントは3つ。

・企業研究はマスト
・ニーズを絶対に満たす
・迷ったらプロに相談

ひとつずつ説明しますね。

企業研究はマスト

まず、応募先の企業研究は絶対にやること!
これが、ものすごく大切です。

なぜなら、転職だと企業研究を怠る人が多いから。
そして、企業研究をしない人ほど転職で失敗するからです。

これ、企業側に立って考えればわかることですよ。

少しだけ想像してください。

あなたの部署に転職希望者が来たとします。
で、あなたはその方の面接を担当しました。

そこであなたはこう質問します。

「当社の業務内容をご存じですか?」と。

もしこの質問に、答えられなかったり、的外れなことを言われたりしたらどう思いますか?
そのくらい調べて来いよ、って思いませんか?

そういうことです。

相手のことを知らないのに、「私を雇ってください!」といっても無駄なんです。

だから企業研究は絶対にやらないとダメ。

ニーズを絶対に満たす

次に大切なのが、企業のニーズを満たすこと。
つまり、企業が求める人材になることです。

例えば、営業を求めている企業が、事務職希望の人を採用することはありませんよね。
営業を求めている企業は営業を。
事務を求めている企業は事務を採用します。

これ、当たり前の話なんです。

この当たり前の話を理解していない人が、結構いるんですよ。

購買経験者を募集しているのに、経験なし購買に対する知識なしとか。
「一生懸命勉強します!」とか言って応募してくる人が。

そんな人を採用する企業はありません。

仮に未経験で応募するとしても、その仕事ができる根拠を示さないとダメ!
つまり、企業のニーズを満たさないとダメなんです。

ニーズを満たす。

これ、メチャクチャ大切なことですよ。

転職エージェントは絶対に使う

最後に大切なのは、転職エージェントを使うこと。

これは実際に求人を出して気が付いたこと。

実は、普通に求人を出しても人を集めるのが結構難しいんです。
なので、転職エージェントを利用することが多いんですよ。

で、応募してくる人数は圧倒的に転職エージェントのほうが多い。

つまり!

本気で人を採用したい企業ほど、転職エージェントを利用しているものなんです。

これ逆に言うと、転職エージェントを利用しないと見つからない求人が結構あるってことです。

だから、転職エージェントは絶対に使ってください。

企業が手職エージェントに求人を出すのに、使わない理由なんてありませんよね。

ちなみに私のおすすめはリクルートエージェント。
理由は、取り扱い求人数が圧倒的に多いから。

転職の成功率は、応募する求人の数で決まります。
1の1で採用されようとするより、10の1のほうが採用されやすいのは間違いのない事実です。

そして、より多くの求人に応募するには、取り扱っている求人が多くないとダメですよね。

だから、リクルートエージェントがおすすめなんです。

公式サイトはこちら➡リクルートエージェント

まとめ

さて、まとめます。

40代が転職で迷うのは当たり前の話です。

なぜなら40代の転職は厳しいから。
だから、安易に転職を考えちゃいけません。

40代で転職するときは、在職中から転職活動を始めることが大切。
そして、納得のいく求人が見つかるまで、根気よく取り組むようにしてください。

「これが最後のチャンスだ!」

なんて勢いだけで行動すれば、ほぼ確実に失敗します。
もし失敗したら、もとに戻れなくなるのが40代という年齢です。

在職中に転職活動をする。
企業研究を怠らない。
企業のニーズを満たすことを考える。

そして、必ず転職エージェントを利用する。

そのうえで、納得のいく仕事を探すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました