40代未経験の転職が難しい3つの理由と成功するためのポイント

・40代で未経験職種に転職したいけど…難しいってほんと?
・40代未経験の転職で大切なことってなに?

そんな疑問に答えます。

先に言っておきますが、40代の転職は、冗談じゃなくて本当に厳しい。
ましてや未経験職種への転職となると、メチャクチャ厳しいと思ってください。

たとえば私の周りを見ても、40代で未経験職種へ転職しているのは、部長などの管理職として採用される方がほとんど。
完全未経験で転職に成功している方は、一人もいない! と言ってもいいくらい、見たことがありません。

え?
お前の周りだけの話だろうって?

もしそう思うなら、あなたの友人知人を当ってみてください。
あるいは、ハローワークやキャリアコンサルタントの話を聞いてみてもいいでしょう。

みんな口を揃えて「40代未経験で転職するのは難しい」と言うはずです。

でも、安心してください。
40代未経験の転職が、絶対に無理!! ということではないんです。

というのも私が、40代未経験で転職に成功しているから。

ちなみに私は高卒で、特別な資格を持っているわけでもありません。
その辺にいる、普通のサラリーマンです。

そんな私でも、40代で未経験の職種に転職しているんです。
だからあなたも、ポイントさえ押さえれば不可能じゃない!

ついでにいうと、私は採用担当も経験しています。

採用する側として、40代未経験で応募してきた方の面接を担当したり、履歴書など書類をみたりしているんです。

そんな応募と採用両方の経験から、40代未経験の転職が厳しい理由と成功するためのポイントについてお話します。

最後まで読んで、転職の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

40代未経験の転職が難しい3つの理由

40代未経験の転職が厳しい理由。
それは、大きく分けると次の3つです。

・40代未経験者向けの求人が少ない
・企業とあなたのニーズが合わない
・年上は扱いづらいと思われがち

ひとつずつ説明しますね。

40代未経験者向けの求人が少ない

40代未経験の転職が厳しくなる理由。
それは…。

40代未経験者向けの求人が、メチャクチャ少ないからです!

なにしろ求人が少なければ、応募することもままならないわけですから…。

そりゃ厳しいよね!

という話なんです。

そもそも、40代を対象とした求人自体が少ないんですよ。
私が転職したときも、ハローワークの職員に「40代向けの求人は無いよ」って言われましたから。

ただでさえ少ない求人の中から、さらに少ない未経験者向けを探さないといけない。

求人を見つけても、同じことを考えている人が申し込むから、当然競争がはげしくなる。

そんなわけで、求人が少ないと本当に厳しいんです。

企業とあなたのニーズが合わない

40代未経験の転職が厳しくなる最も大きな理由は、ニーズが合わないこと。
つまり、企業が求める人材とあなたが求める待遇にズレが生じて採用にならない、ってことです。

例えばですが、未経験職種に転職すると、当然給料は安くなるんです。

年齢給があったとしても、手取りで20万円そこそこが相場かな。
もちろん職種によってちがいますよ。

でも、40代という年齢で考えればもう少し欲しいところ。
人によっては30万円欲しいとか、言い出す方もいるわけです。

つまり、企業は未経験だから20万円そこそこしか出せないと言っている。
そして応募者は、40代だからもっと高く雇ってくれと言っているわけです。

ほら、完全にニーズがズレていますよね。

ほかにも、30代未経験者が欲しいのに、40代で応募しているとか。
最低限求められるスキルを持っていないとか…。

勤務地や勤務時間、仕事内容などなど。
ニーズがズレる理由って、すごくたくさんあるんです。

そして、このニーズのズレが不採用の原因になりやすいんですよね。

特に40代は、最低限求められることのレベルが高い。
なのに、未経験の仕事だと給与が安い。

ということもあって、ニーズがズレがち。

その結果、転職がどんどん難しくなっていくんです。

年上は扱いづらいと思われがち

最後の理由は、年下が採用担当者の時に起こりがちなこと。
それは、年上だと扱いづらいと思われることです。

これ、あなたが年上の上司でも問題ないと思っても意味がないんです。

相手が「この人扱いづらそうだな」と思ったら…。
あいてに、そう思わせてしまったら、不採用が確定します。

誰だって、扱いづらい人と一緒に働きたいとは思いませんよね。
ましてや、採用するかどうかを選べるなら、不採用を選ぶのが人ってものです。

言い方を変えると、社風に合うかどうか。
その会社になじめるかどうかを判断されている、ということ。

ちなみに私は、経歴が素晴らしい方でも「扱いづらそうだな」と感じたら不採用にします。
そして年上ほど、扱いづらそうだと感じることが多いんです。

これ、結構きつい話、ですよね。

ここまでのまとめ

さて、ここまでの話を簡単にまとめます。

40代未経験の転職が厳しくなる理由は次の3つ。

・40代未経験者向けの求人が少ない
・企業とあなたのニーズが合わない
・年上は扱いづらいと思われがち

求人が少ないのはどうしようもありません。
せめてもの対策として、転職サイトや転職エージェントなどを使って、できるだけ多く情報を集めましょう。

ニーズのズレは、企業研究をしっかりやればなんとかなります。
扱いづらさは、応募書類の文面や面接の態度次第です。

つまり、あなた次第で厳しさを乗り越えることができる、ということ。

それでは次に、40代未経験の転職を有利にする3つのポイントについて、話していきますね。

40代未経験の転職を有利にする3つのポイント

40代未経験の転職を有利にするポイントは次の3つ。

・できるだけ採用されやすい職種を選ぶ
・転職が有利になる資格を取る
・転職が有利になるスキルを身につける

ひとつずつ説明しますね。

1、40代未経験でも採用されやすい職種を選ぶ

まず大切なのは、40代未経験でも採用されやすい職種を選ぶこと。
ここを抑えれば、未経験でもかなり採用されやすくなります。

そのために大切なことが次の3つ。

・業務拡大などで大量に人を募集している
・人手不足に悩んでいる
・今までの経験やスキルを活かせる

業務拡大で大量に人を募集していれば採用されやすくなる。

例えば私の近所では、ある企業が業務拡大を理由に700人も募集していました。

一度に700人も採用するんですよ?
これだけの募集があれば、なんとなく採用されそうな気がしませんか?

枠が広ければ、採用される確率も高くなる。
つまり、ねらい目なんです。

次が、人手不足に悩んでいる業界や企業を狙うこと。

というもの、人手不足に悩んでいる企業なら、採用されやすくなるんです。
何しろ人手不足の会社や業界は、求人に応募する人が少ないからね。

応募してきたら「逃がすものか!」くらいの勢いで対応してくれます。

そして、3つの中で一番大切なのが、今までの経験やスキルを活かせる仕事を選ぶこと。
言い方を変えると、経験やスキルが活かせるように考えること、です。

これが本当に大切なので、詳しく説明しますね。

今までの経験やスキルを活かせる

未経験の職種で、今までの経験やスキルを活かすとはどういうことなのか。

これ、一言でいえば共通点を探す、ということ。

例えば営業と経理。
この2つの職種は、一見すると全然違う仕事をしているように見えますよね。

でも、仕事を掘り下げていけば、共通することがたくさんあるんです。

営業はお客さんから仕事を受注するだけじゃなくて、売上金の回収とか社内の調整とかもやらないといけません。
当然、原価とか利益とか、債権債務とか信用度とか、そういった知識が実務レベルで必要になるんです。

そして経理は伝票入力とかだけじゃなくて、売上の回収とか支払いとか、銀行との調整とか債権債務とかも担当します。
原価や利益に関しては、いうまでもなく詳しいもの。

つまり、全然違う仕事に見える営業と経理も、ある部分では似た知識やスキルが必要になるんです。

で、あれば、営業の経験やスキルが経理でも活かせる、ということ。
これが、未経験の転職で今までの経験やスキルを活かす、ということです。

私が未経験で転職した時も、この考え方で共通点を見つけ出し、経験としてアピールしました。

40代経験「0」よりも、経験「1」のほうが、採用されやすくなるもの。

そのためにも、今までの経験やスキルを活かすことを考えるのは、すごく大切なんです。

2、40代未経験の転職が有利になる資格を取る

さて次は資格の話。
資格は持っているだけじゃ意味がありません。

ですが、何もないよりは持っていたほうが有利になります。

それが未経験の転職ならなおさらです。

40代未経験の転職が有利になる資格の条件は次の3つ。

・仕事に直結する資格
・その業界、職種で必須の資格
・社会的に需要が高い資格

ひとつずつ簡単に説明しますね。

仕事に直結する資格

まず、資格を持っているだけで仕事になる、というのは強いです。

例えば、弁護士とか税理士とか医師とかね。
資格がないと仕事にならないから、資格を持っていることが有利に働くんですよ。

ほかにも宅地建物取引士や電気技能士、電気主任技術者とか。
業務独占資格っていうんですが、この手の資格を持っていると本当に強いですね。

あとは保健士とか調理師とかも強いですね。
資格を持っていなくても仕事に就けますが、持っていたほうが採用されやすくなります。

これから資格を取ろうと思うなら、仕事に直結する資格を考えてみると、いいかもしれません。

その職種で必須の資格

希望する職種が決まっているのなら、その職種で必須の資格を取るのもアリです。

例えば、経理になりたいなら簿記を取る、といったイメージです。
簿記の資格を持っていれば、知識がゼロじゃないことがわかりますよね。

知識があれば覚えるのも早くなりますから、当然採用されやすくなるんです。

ちなみに私が営業から経理に転職したときは、簿記3級を取得しました。
そして面接で簿記2級を目指していることをアピール。

その半年後に簿記2級まで取得したんです。

こんな感じで、基本的な資格を取っておいて、さらに上を目指していることをアピールするのも効果的。

その職種で必須の資格を取ると、与える印象もよくなるものですよ。

社会的に需要の高い資格

最後が社会的に需要の高い資格です。

例えば、簿記やTOEIC、MOS(エクセルやワードの資格)ですね。
この3つは転職で有利になる資格の代表選手みたいなものです。

あとは危険物取扱者とか普通自動車1種免許、フォークリフトや玉掛けとかがあれば、工場の仕事で有利になります。
フォークリフトや玉掛は3・4日の講習と実技でとれるのも魅力的、ですよね。

資格を持っているだけで多少有利にはなるので、とっても損はないと思いますよ。

資格のまとめ

では、資格の話を簡単にまとめます。

40代未経験の転職が有利になる資格は次の3つ。

・仕事に直結する資格
・その業界、職種で必須の資格
・社会的に需要が高い資格

そしてこの3つの中で、特にお勧めしたいのはその業界、職種で必須の資格です。

経理を目指すなら簿記を取得する。
工場で働きたいならフォークリフトなどを取得する

こんな感じで、求められる資格を持っていればそれだけ有利になります。

とはいえ資格を持っているだけじゃ意味がありません。
いきなり仕事で使える、というものでもないんです。

むしろ使いどころとしては、「その仕事に就くために資格を取りました!」とアピールするところ。

そうアピールすればやる気が伝わりますよね。

転職のために資格を取るのなら、希望する職種で必須の資格を目指しましょう!

ちなみに何を資格で悩んだら、日商簿記がおすすめです。

3、40代未経験の転職が有利になるスキルを身につける

さて最後は「スキル」の話。
40代未経験の転職を有利にするスキルは、次の3つ。

・コミュニケーションスキル
・OAスキル
・マネジメントスキル

ひとつずつ説明しますね。

コミュニケーションスキル

まず大切なのがコミュニケーションスキル。

これがないと採用されないんじゃないか!?

というくらい重要なスキルです。

40代未経験の転職って、年齢的にも結構微妙なんですよ。

年下から仕事を教わらないといけませんし、上司が年下ということも当たり前のようにありますし。
それなのに、新人新人していいわけじゃなくて、年相応の態度と仕事力が求められるんです。

つまり、社会人20年目なんだけど新人。
社会人経験も年齢も上なんだけど部下、みたいな立場に置かれるわけです。

こんな微妙な立場なのにコミュニケーションスキルが低ければ…。
ほぼ確実に人間関係で失敗します。

もちろん、対外的な人間関係でもコミュニケーションスキルは必須。

なので、ものすごく重要視されるスキルなんです。

もしコミュニケーションスキルに不安があるなら、勉強しておいたほうがいいですね。

OAスキル

OAスキルも必須です。
OAスキルは「Office Automation」の略なんですが、ざっくりパソコンを使うスキルだと思ってください。

特にエクセル・ワード・パワーポイントとメールを扱うスキルは必須です。

そういえば、過去にOAスキルのない人を採用して大失敗したことがあります。
その人はメールの知識が皆無だったんです。

ある日発注書をメールで送っておいてと頼んだんです。

ですが、その商品が納品日になっても入ってこない。
なので、あわてて確認をすると、メールは作ったけど送信していなかったことが分かったんです。

なぜ送信しなかったのか聞いたところ、メールを送信することを知らなかったんですよ。
これには、本当に驚きました。

いまは、パソコンを使って仕事をするのが当たり前。
これ逆にいうと、パソコンが使えないと仕事にならないってことなんです。

つまり、OAスキルはあって当たり前。
最低限、エクセル・ワード・メールは使えて当たり前なんです。

OAスキルがないと、採用されにくくなりますよ。

マネジメントスキル

さて、最後がマネジメントスキルです。
マネジメントスキルがあれば、転職でかなり有利になります。

というもの、本当にマネジメントスキルを持っている人が少ないからです。
少なくとも私は、数人しか見たことがありません。

マネジメントスキルって、管理職をやっていれば身につく、というものでもないんです。

むしろきちんと勉強をして、さらに実績を積まないと身につかないもの。
だからマネジメントスキルを身につけている人が少ないんですよ。

そういった意味合いから、マネジメントスキルを身につけていれば、かなり転職で有利になります。

本当に身につけていれば、未経験職種でも管理職として採用されます。
そのくらいの優位性があるスキルです。

なので、真剣に勉強してみる価値はあると思いますね。

スキルのまとめ

さて、スキルについて簡単にまとめます。

40代未経験の転職を有利にするスキルは次の3つ。

・コミュニケーションスキル
・OAスキル
・マネジメントスキル

この3つの中で、できれば身につけてほしいスキルが「コミュニケーションスキル」と「OAスキル」です。

最低限この2つは勉強してほしい。
なぜなら、この2つのスキルがあれば、転職でアピールできることが増えるからです。

ちなみに目に見える形でこの2つのスキルをアピールしたいなら、資格を取得するのもありです。

コミュニケーション検定とかMOS資格とかですね。

マネジメントスキルは、あればかなり有利になります。
が、未経験の転職ならなくても問題ないレベルです。

とはいえ、将来のことを考えるなら、勉強しておいて損はないと思います。

40代未経験の転職を成功させるコツ

さて、最後に40代未経験の転職を成功させるコツを紹介します。

紹介するコツは次の3つ。

・採用されるまで転職をあきらめなし
・企業研究を怠らない
・その仕事に関連した勉強をする

ひとつずつ説明しますね。

採用されるまで転職を諦めない

採用されるまで転職をあきらめない!

これ、めちゃくちゃ大切です。

なぜなら、諦めたらそこで終わるから。
ましてや諦めて、妥協して転職先をきめたら、人生そのものが狂ってしまうからです。

だから、希望が叶うまであきらめないことが大切。
納得のいく転職先が見つかるまで、諦めないことが大切なんです。

でね。
そのために必要なのが、安易に仕事を辞めないこと。

仕事を辞めてしまうと、どうしても焦りが出てくるんです。
お金のことも生活のことも家族のことも、気が気じゃなくなってくるんですよ。

そして、妥協して、諦めて、転職に失敗する。

これが失敗の王道です。

なので、在職中にある程度目星をつけておくことが大切。
そして、在職中の転職活動が大変でも、安易にやめないことが大切になってきます。

そのうえで、希望が叶うまであきらめないこと。

あきらめなければ、きっと転職で成功できますから。

企業研究を怠らない

次に大切なのが、企業研究を怠らないこと。

これ、新卒だと頑張ってやるんですよね。

そこがどんな会社でどんな商品を扱っていて、求められる人材像とか必要な資格とか、ライバル企業とか業界の動向とか。
必死になって調べるんですよ。

で、調べた結果をもとに仮説を立てて、応募書類を作ったり面接対策をしたりするんです。

それなのに…。

中途採用になると途端に企業研究をやらなくなる。
面接で聞いても、そもそもの事業内容を知らない人すらいる始末です。

ひどいと、扱っている商品すら知らないんですから。

なのに、御社の理念に…とか、考え方に…とか言い始める。
もうね、アホか! と、突っ込む気にもならないんです。

企業研究は、企業のニーズを探るためにも絶対にやるべきこと。
むしろ企業研究をやらずにどうやって応募書類を書くのか、と言いたくなるくらい重要なポイントです。

ついでに言えば、企業研究をやらない人が多いのだから、やるだけで差別化になるんですよ。
だったら、やったほうが得だと思いませんか?

恋愛なら、私のことを知らない人に「好きだ」と言われてもね、っていう感じです。

そこで働きたいと思うなら、最低限どんな会社で何をやっているのかくらいは、調べておきましょう。

その仕事に関連した勉強をする

未経験で転職したいのなら、希望する職種のことを勉強するのは当たり前の話。

採用されたらラッキー。

なんて気持ちで挑むなら、はっきり言って迷惑なのでやめてください、と、声を大にして言いたい。
いや、むしろ殴り飛ばしたいくらいです。

なので、最低限希望する職種のことを勉強しましょう。
というか、勉強して当たり前、知っていて当たり前の話です。

これができないのなら、そもそも未経験での転職なんて考えるべきじゃない。
ましてや40代という年齢を考えるなら、勉強しないなら未経験の転職なんて、大きな夢を見るべきじゃないですね。

対応する側として、ガチで腹が立つから。
世の中舐めんじゃねぇって、言いたくなるから。

職種に関する本なんて、世の中に腐るほどあります。
ブログだって、調べればいくらでも出てきます。

つまり、何も知らないなんてアホの言うことです。
やる気のない、世の中をなめている奴の言うことなんです。

そういうことを、採用を担当する人は良く知っています。

だから「採用されてラッキー」なんて、起こらないんです。

勉強を一切しないとか、40代にもなって世の中舐めすぎだろ。
世間知らずの40代が未経験で就ける仕事なんて、本当に限られていますからね。

最低限の勉強はしましょう。

40代におすすめの転職サービス

きつい言い方をして紹介しづらいけど…。
40代におすすめの転職サービスを紹介しますね。

それは、リクルートエージェントです。

理由は1つだけ。
取り扱い求人数が圧倒的に多いから。

40代未経験の転職が厳しい理由でも言いましたが、そもそも40代を対象とした求人って少ないんですよ。
ましてや未経験ともなると、その数はもっと少なくなります。

逆に言えば、求人が多ければ未経験でも転職しやすくなるってことなんです。

でね。
できるだけ多くの求人と出会うには、扱っている求人が多くないといけない。

となると、取り扱い求人数が多い転職エージェントを紹介したほうが、未経験でも転職しやすくなる、ってことなんです。

なので、リクルートエージェントをおすすめします。
理由はさっきも言ったように、取り扱い求人数が圧倒的に多いからです。

求人数が多いって、ものすごいメリットなんですよ。

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

最後に

40代未経験の転職が厳しい3つの理由と、成功するためのポイントについてお話しました。

要点を短くまとめると、まず企業研究をきちんとやってニーズをつかむこと。
そして、ニーズに合わせて身につけたスキルや経験を生かすことを考えること。

最後に、納得のいく転職先が見つかるまであきらめないこと、です。

特に、企業のニーズをつかむのはメチャクチャ大切。

転職になるとなぜか企業研究を怠る人が増えますが、それがそもそもの間違いなんです。

会社のことをよく知らない人を採用したい、なんて思う採用担当者はいませんから。
だから、手を抜かずにしっかりと企業を研究してください。

そして、企業が求めるニーズに沿って自己アピールをすれば、未経験でも採用される確率は高くなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました