高卒と大卒の生涯賃金の違い

高卒と大卒の生涯賃金の違い

高卒と大卒の生涯賃の差額はどのくらいあるのでしょうか。

この記事では厚生労働省の資料を基に、高卒と大卒の生涯賃金の差額を紹介。
また平成13年と平成29年を比較し、生涯賃金がどのように変化しているのかも紹介しています。

関連記事:給料、年収を上げる方法は3つ。出世するか、転職するか、副業を始めるか

生涯賃金とは

生涯賃金とは、労働者が新卒から定年までの間に取得する、賃金の総額を言います。

賃金は給与や残業代、ボーナスや退職金など、労働の対価として受け取るもののこと。
なので、給与などを受け取らない自営業や個人事業主には、生涯賃金と言う考え方がありません。

つまり生涯賃金とは、会社員として働く方が新卒から定年までの間に、会社から労働の対価として支払われる賃金の総額、になります。

生涯賃金と学歴の関係

生涯賃金と学歴には相関関係があります。

なぜなら高卒と大卒の初任給を比べると、10%程度の差があるからです。
初任給に差があれば、当然給与をベースに支給されるボーナスの金額も異なってきます。

さらに学歴応じて、昇進や昇給の金額にも差が出るのです。

学歴による生涯賃金の差は、厚生労働省が発表している「平成29年賃金構造基本統計調査」を見れば、一目瞭然。
実査に平成29年賃金構造基本統計調査をもとに、学歴・年齢別の年収をグラフにしました。(ボーナス込み)

学歴別平均年収男性

学歴別平均年収女性

男性の平均年収では、20歳~24歳の間は勤務年数の差から、高卒の年収が比較的高くなっています。

ですが年齢を重ねるにつれて大卒が逆転していき、55歳を超えると高卒と大卒の間には、20%近い年収の差ができてしまうのです。

女性の場合は出産などがあるので一概には言えませんが、55歳を超えると高卒と大卒の間には、50%近い年収の差ができています。

男性の年代別平均年収・元データ(単位:千円)

年収平均 男 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
20~24 3,022 2,901 3,183
25~29 4,191 3,839 3,858
30~34 5,310 4,399 4,481
35~39 6,330 5,218 5,071
40~44 7,442 5,701 5,822
45~49 8,771 6,835 6,541
50~54 9,622 7,894 7,346
55~59 9,194 7,944 7,430

女性の年代別平均年収・元データ(単位:千円)

年収平均 女 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
20~24 2,961 2,760 2,828
25~29 3,886 3,386 3,219
30~34 4,481 3,754 3,401
35~39 5,120 4,244 3,854
40~44 5,990 4,885 4,439
45~49 7,226 5,648 4,873
50~54 8,231 6,152 5,350
55~59 8,244 6,105 5,283

では次に「平成29年賃金構造基本統計調査」を元に、学歴別生涯賃金の違いをグラフにします。

学歴別生涯賃金男

学歴別生涯賃金女

退職金は平成29年のデータがなかったため含めていません。

グラフを比較すると、高卒と大卒の生涯賃金に4,000万円以上の開きがあることが分かります。

この結果から、学歴と生涯賃金には、明らかな相関関係があることが分かります。

生涯賃金の元データ(単位:千円)

生涯賃金 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
男性 269,876 229,729 228,605
女性 231,353 189,085 174,387

大卒・高校の生涯賃金の推移

参考までに、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を元に、平成13年の学歴・性別別生涯賃金と、平成29年の学歴・性別別生涯賃金を比較しました。
なお、退職金は含んでいません。

生涯賃金比較男性

生涯賃金比較女性

グラフを見ていただくと分かるように、生涯賃金は平成13年と比べて大幅に下がっています。

金額で言うと概ね2,000万円近く下がっているのです。
(退職金を含めると3,000万円近く下がっていると言われています。)

今後生涯賃金が増える可能性

今後生涯賃金が増えるかというと、恐らくほとんど増えないでしょう。
なぜなら企業の利益に直接結びつく、個人の消費が増えていないからです。

企業の利益が増えなければ、従業員の給与は増えません。
従業員の給与が増えなければ、個人の消費も増えません。

しかも利益の出ている企業はリーマンショックの教訓からか、内部留保として貯めています。

つまり景気が若干回復していると言っても、従業員に還元されていないのです。

また漠然とした老後への不安から、給与を貯蓄へ回す方が増えています。
その結果として個人消費が伸びていない、とも言われています。

実際に内閣府経済社会総合研究所の資料を見ても、個人の消費が緩やかにしか伸びていないことを指摘しています。

なので、今後生涯賃金が大幅に増えるかというと、恐らくほとんど増えないと考えられるのです。

副業が有力な選択肢になる

生涯賃金が増えないということは、給与も増えにくいということ。
そのため、収入を増やすには本業以外の仕事をすることが、重要なポイントになってきます。

実際にサラリーマンとして働きながら副業を行っている方は多く、収入を底上げする要素になっているようです。

また日本政府も副業を容認する方向で動いていますよね。
参考:厚生労働省|副業・兼業

これは、生涯賃金が増える可能性は低いから、複数の仕事をして稼いでください、と、政府が言っているようなものです。

なので今後は、収入を増やすために複数の仕事で稼ぐ、という視点が大切になります。

最後に

高卒と大卒の生涯賃金の差と、平成13年と平成29年の生涯賃金の額を紹介しました。

「生涯賃金に学歴は関係ない」という話もありますが、データを見る限りでは学歴と生涯賃金には相関関係があります。

なので、より多くの生涯賃金を受け取りたいのなら、できるだけ良い大学へ進学することが大切です。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談