派遣から正社員になるには?正社員を目指す3つの方法

派遣から正社員

「派遣社員から正社員になりたい」

そう思い転職活動をしても、思うようにいかなくてヤキモキしていませんか。

派遣から正社員になる方法は、大きく分けて3つあります。

  • 今の職場で正社員登用してもらう
  • 紹介予定派遣を利用する
  • 転職で正社員を目指す

この中で一番確立が高いのは、転職で正社員を目指す方法です。

なぜなら

関連記事:派遣を契約期間内に辞める具体的な方法

今の職場で正社員を目指す

派遣から正社員を目指すときに、真っ先に思いつくのが、今の職場で正社員として採用してもらうことです。

ですが今の職場で正社員採用をを目指すのは、はっきり言ってハードルが高い。

絶対に無理だとは言いませんが、かなり難しいと思ってください。

会社に正社員になりたいことを伝える

今の職場で派遣から正社員を目指すとき、真っ先にやるべきことは「正社員になりたい」という意思を、上司に伝えることです。

よく「過去に実績があるかどうか調べろ」みたいなことを聞きますが、調べても意味がありません。

過去に派遣から正社員になった人がいたとして、どうなりますか?
会社から「正社員にならないか」と、声をかけられると思いますか?

過去の実績とあなたが正社員になることは、全く関係のない話です。

なのでまずやるべきことは、上司に「正社員になりたい」と伝えること。

そして「どうすれば正社員になれるのかを聞くこと」です。

自分がどうしたいのかを会社に伝えなければ、正社員として採用されることはありません。

正社員と派遣社員の違い

今の職場で正社員を目指すなら、正社員と派遣社員の違いを知っておくべきです。

まず正社員は、スキルや経験を積みながら継続して成長すること、会社に利益をもたらすことが求められます。

そして派遣社員には、与えられた仕事を100%こなすことが求められます。
ですが、継続した成長などは求められません。

つまり正社員は言われたことだけをやっていては不十分。
ですが派遣社員は言われたことだけやっていれば十分、なのです。

会社が正社員と派遣社員に何を求めているのか。
その差は何なのかは、最低限理解しておいてください。

派遣社員を正社員にする理由

はっきり言いますが、正社員と派遣社員の違いから考えると、派遣社員を正社員にする理由はありません。

なぜなら求めているものが全然違うからです。

それでも派遣社員を正社員にするのには、次の理由があります。

  • 人員不足
  • 正社員に引けを取らない実力がある
  • 辞められると困るほど仕事ができる
  • 即戦力が期待できる

この4つを満たすと、正社員として採用されやすくなります。

まとめ

今の会社で正社員を目指すなら、会社に正社員になりたいという気持ちを伝えることが大切。

なぜなら気持ちは黙っていては、伝わらないからです。

そのうえで、正社員に劣らない実力があり、いないと困るほど仕事ができて、さらに人員が不足していれば、正社員になれる確率は高くなります。

ただ満たすべき条件が多いので、今の職場では県から正社員を目指すのは、かなり難しいと考えてください。

紹介予定派遣を利用する

次に派遣から正社員を目指す方法は、紹介予定派遣の利用です。

紹介予定派遣は最長6か月の派遣期間が終わった後、本人と派遣先企業、両方が合意すれば正社員になれる働き方です。

派遣期間が正社員登用前の試用期間のような役割を果たしていて、能力が足りなければ断られることもあります。
逆に正社員になりたくないと思えば、断ることもできます。
とてもマッチング率の高い就職活動の方法ですが、次の点には注意が必要です。

それは社員への登用は必ず正社員というわけではなく、契約社員になることもあるからです。
派遣期間が終わってから「実は契約社員だった」ということ避けるために、事前にきちんと確認しましょう。

正社員になれる確率

紹介予定派遣で正社員になれる確率は約57%。

10人に5人が正社員に慣れていますから、確率はかなり高いといえるでしょう。

採用されなかった時がつらい

ただし紹介予定派遣を利用して正社員に慣れなければ、いたずらに時間を浪費することになります。

何しろ正社員になるまで、結構な期間働かないといけないからです。

なので紹介予定派遣を利用するときは、並行して転職活動も行うべきです。

ゼロから転職活動を行う

今の派遣先で正社員登用を目指す場合も、紹介予定派遣として正社員を目指す場合も、一定の期間は派遣社員として働かないといけません。

しかも確実に正社員になれるという保証は、どこにもないのです。

で、あれば普通に転職活動を行い、正社員を目指した方が早く採用される可能性があります。

関連記事:派遣から正社員は頑張ってもなれない!今すぐ正社員を目指すべき理由

正社員になれる確率は高い

自分で求人を探して応募したほうが、正社員になれる確率は高くなれます。

なぜなら今の職場で正社員を目指すとしても、紹介予定派遣を利用するとしても、基本的に1社しか選べないからです。

自分で求人を探す場合は、申し込める求人数に上限はありませんよね。

数が増えれば当然採用される可能性も高くなります。

つまり、自分で求人を探したほうが、正社員になれる確率は高くなるのです。

転職エージェントを利用する

派遣から正社員を目指すときは、転職エージェントを利用してください。

利用する転職エージェントは、転職エージェント最大手のリクルートエージェント。

なぜならリクルートエージェントは、ほかの転職エージェントと比べても、ダントツで求人が多いからです。

先ほども書いたように、選べる求人数が多いほど、転職は成功しやすくなります。

なので転職エージェントを利用するときは、求人数がダントツで多い、リクルートエージェントがおすすめです。

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

最後に

派遣から正社員を目指す方法は3つあります。

  • 今の職場で正社員登用してもらう
  • 紹介予定派遣を利用する
  • 転職で正社員を目指す

流れとしては、今の会社で正社員になりたいことを伝え、会社の反応を見ましょう。

もし手ごたえがあるのなら、正社員を目指して頑張って働いてください。

ですが手ごたえがないのなら、働きながら転職活動を始めましょう。

なぜなら自分で求人を探したほうが、正社員になれる可能性が高いからです。

転職エージェントを利用するときは、取り扱い求人数がダントツで多いリクルートエージェントがおすすめです。

この記事が派遣から正社員を目指す方の参考になれば幸いです。