未経験でインフラエンジニアに転職するには

インフラエンジニアは、企業などで使っているネットワーク環境を作り、安定して運用することが仕事です。最近は需要も増え、人手が足りず未経験者でも積極的に採用する企業も増えてきています。

知識や経験が不足していると仕事にならないインフラエンジニアですが、未経験者を採用する企業では、資格の取得を研修に組み込んだりより実践的な研修を行ったりすることで、業務に支障が出ないようにしているそうです。

この記事では、インフラエンジニアの仕事と転職する方法について書いています。

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアは企業からの要件を取り入れて設計書を作成する「インフラ設計」。設計書をもとに機器を手配し、組み立て、動作・負荷テストを行う「インフラ構築」。その後の運用をサポートする「インフラ運用」の3つが主な仕事になります。

例えば自作のパソコンに例えると、組み立てる前にスペックなどを決め、次に部品を買ってきて組み立ててから動くことを確認。その後問題なく使えているかをチェックしていく、と言ったようなイメージです。

仕事としてはインフラを組み立ててからの「運用」の仕事が一番多いかもしれません。障害が発生すれば対応しないといけませんし、キャパシティが多すぎても少なすぎても調整を行います。また、システム障害が発生したらインフラに「起因するもの」「起因しないもの」に分けないといけません。

インフラを構築するだけではなく、快適に使えるように管理することも大切な仕事なのです。

インフラエンジニアとして働くメリット

インフラエンジニアとして働く最大のメリットは、手に職をつけることが出来ることです。

サーバー構築やデータベースの設計・構築、これらの保守を行うインフラエンジニアは、今の時代になくてはならない仕事です。
企業にとっても大切なデータを守ってくれる、非常に重要な仕事として認識されています。

つまりインフラエンジニアとしての経験は、より上を目指すためのキャリアとして生きてくるのです。

縁の下の力持ちと言う印象が強く、あまり目立たない仕事ではありますが、その重要性は日々高まってきています。

スキルに磨きをかけ、経験を積むことで、より大きな仕事に関わることもできるでしょう。

また需要が高まってきたことで、女性でも働きやすい職場になってきていることも働く上でのメリットと言えるでしょう。

目指す上での心構え

ITインフラは技術の進歩やトレンドの変化が激しい業界です。
常に情報収集を行い、最新の技術を学んでいかなければ、進歩やトレンドについていくことができません。

そのためにはインフラエンジニアの仕事に興味を持ち、学び続ける気持ちが大切です。

本当にこの仕事に興味があるのか。
興味を失わずに働き続けることができるのか。

転職を行動に移す前に、一度自問してみることも大切です。

未経験での転職方法

先に書いたように未経験者でもインフラエンジニアとして採用する企業が増えています。ですが、未経験で転職しやすいのは20代です。30代になると即戦力を求める傾向が強くなり、未経験での転職は厳しくなります。

ネットワークの基礎知識を身につける

インフラエンジニアとして働く上で、ネットワークの基礎知識は必ず必要です。

基礎知識もなくインフラエンジニアを目指しても、まず採用されません。LANやWANが何か分からないようでは、スタート地点にも立てていないと思ってください。

基礎的な知識は自宅で学ぶことができます。

また大掛かりなネットワーク構築は無理でも、小規模であれば自宅でもネットワークは作れます。

何の経験もないよりも、基礎知識を学び実際にやってみるだけで、大きな違いが生まれるものです。

資格を取得する

20代であれば、コミュニケーション能力とやる気を武器にいきなり正社員を目指した方が良いこともあります。理由は、未経験者に対する研修を行っている企業も多く、研修の中で資格を取得するところもあるからです。

ですが、まったく無意味と言うわけではありませんし、仕事に向き合う姿勢を示す意味でも勉強は大切です。

勉強するのであれば、以下のような資格を選択しましょう。

  • LPIC Level1
  • CCNA
  • ITIL3 v3 Foundation
  • ITパスポート
  • 基本情報処理技術者
  • テクニカルエンジニア(ネットワーク)
  • シスコ認定資格
  • Linuxプロフェッショナル認定資格

ITスクールに通う

インフラエンジニアがコースとしてあるITスクールに通うのも一つの方法です。

ですが社会人が通う場合は、年間費用が高額なことと卒業まで時間がかかるので生活していけるかどうかが問題になります。卒業したからといって確実に就職できるわけではないことも念頭に置いておくべきです。

20代であれば、スクールに通い知識を身に着けてから就職活動を行えば、より希望に沿った仕事を見つけやすくなります。

就活サポートを利用する

既卒でもフリーター・第二新卒であれば、株式会社UZUZが提供する無料スクール「ウズウズカレッジ」を利用してもいいかもしれません。

「CCNA」向けの学習やビジネスマナー研修が受けられ、求人紹介から就職までをサポートしてもらうことが出来ます。

転職エージェントを利用する

実際の転職活動は転職エージェントを利用します。この時総合型のエージェントだけではなくITに特化したエージェントを利用することが大切です。

ITに特化した転職エージェント⇒IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

ほかにもレバテックキャリアはdoda ITエンジニアもおすすめです。

転職エージェントを信用しすぎない

転職エージェントは採用された応募者の、年収の30%程度を報酬として受け取るビジネスモデルです。

採用されないことには報酬が受け取れないため、なかには強引に話をまとめようとするエージェントもいます。
また、希望に合わない求人を紹介してくることも、よくあることです。

なので「なぜその求人を紹介するのか」「自分のキャリアにとって何がいいのか」という視点で、紹介された求人を見てください。
ときには転職エージェントに直接聞くことで、どいう言う意図で求人を紹介しているかが把握できます。

なによりも転職エージェントの言葉に惑わされず、自分の考えをしっかりと持つことが大切です。

30代を超えると厳しくなる

未経験者の採用を積極的に行っているとはいえ、30代未経験となると求人は少なくなります。そのため、厳しいというのが現実ですが、絶対に無理ではありません。

実力主義の世界なので、仕事を覚える姿勢とやる気さえあれば採用してくれる企業があります。自分なりに勉強を続けながら履歴書を送り続けることが大切です。

最後に

未経験でインフラエンジニアを目指すのなら、資格や知識はしっかりと身につけることが大切。

やりたい仕事であれば、自ら調べたりしますから、知識がゼロと言うことはありえません。「やりたい!」と言う気持ちは大切ですが、知識も経験もゼロでは採用されることは無いでしょう。

30代を超えると未経験での転職は厳しくなりますが、諦めずに履歴書を送り続けることが大切です。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ