未経験者が医療事務へ転職するには。資格は絶対に必要?

再就職のしやすさや安定性、将来性から医療事務を目指す方は常に一定数います。

未経験で医療事務を目指すときに、気になるのは仕事内容と資格や経験が必要かどうか、ですよね。

この記事では、未経験で医療事務を目指す方向けに、仕事内容などを紹介しています。参考にしてもらえると嬉しいです。

医療事務の仕事内容

医療事務は、病院やクリニックで医療に関わる事務や経理、受付を行うことが主な仕事になります。医療に関する専門的な知識が求められるので、他の事務と区別する意味合いで医療事務と呼ばれます。

仕事内容は勤務先によって様々ですが、主な仕事は次の3つになります。

  • 窓口受付業務
  • レセプト業務
  • 入院患者の対応

それぞれの業務内容を簡単に説明します。

窓口受付業務

病院やクリニックに来院された外来患者の対応をします。

保険証や診察券の確認、診療申込書の記入依頼、診察予約の確認などを行い、診察が終わった患者さんには、処方箋についての簡単な説明を行い、診察料を支払ってもらいます。

順番が来た患者さんを診察室へ案内するのも、受付の仕事です。

レセプト業務

レセプトとは「診療報酬明細書」のことを言います。

医療費は点数で表され、保険の適用額も点数によって変わってきます。医療事務ではカルテを見ながらデータを入力して診療費を算出、そのうち患者が負担する金額を計算します。

また、レセプトに基づいて医療保険者に(市町村や健康保険組合など)に請求も行います。

レセプトを作成するにはカルテの内容が理解できないといけないので、医療事務の中でも専門的な知識が求められる業務です。

入院患者の対応

入院施設を備えている病院では入院患者の対応も行います。

入院診療費の説明や退院時の精算、病棟への案内、入院する患者と医師、看護師へのつなぎ役、お見舞いの方への対応などを行います。

キャリアアップを目指すのなら「医師事務作業補助者」を視野に入れても良いですよね。

 医師事務作業補助者とは、医師が行う業務のうち、事務的な業務をサポートする職種です。その呼称は病院によって様々で、医療秘書や医療クラーク、メディカルアシスタント(MA)などと呼ばれています。

業務には、診断書や診療情報提供書(いわゆる紹介状)など「医療文書の作成代行」があります。次に電子カルテなど「診療記録への代行入力」があり、これは医師の外来診察など同席して行います。さらには、「医療の質の向上に資する事務作業」として、カンファレンスの準備、がん登録や外科手術の症例登録(National Clinical Databaseの頭文字を取ってNCDと呼ばれています)なども、手広く行います。最後に「行政への対応」があり、これは厚生労働省などに報告する診療データの整理などが含まれます。

引用:日本医師事務作業補助研究会

求められる資格は?

医療事務になるのに特別な資格は必要ありません。未経験者を募集している求人もあります。

ですが、未経験から医療事務を目指すのであれば、基本的な知識を身に着けるために資格を取得することも大切です。知識があれば理解力も深まり、実務を覚えるスピードも速くなりますよね。

医療事務の資格はほとんどが民間資格なので、資格を持っていても就職に優位になるとは言えませんが、基本的な知識があることを証明することは出来ます。

仕事を覚えるまでは辛い

どんな仕事でもそうですが、仕事を覚えるまでは辛いことが多いと思うべきです。

とくに医療事務はカルテを見て判断することが多く、専門的な知識も必要になるため、未経験者には辛いことが結構あります。

カルテの内容を見て、診療なのか注射なのか、それとも点滴なのかをみて患者を誘導しないといけません。薬の説明を求められることもあるでしょう。

これらの仕事も慣れてしまえば「当たり前」かもしれませんが、慣れるまでは「辛い」内容です。特に忙しい病院やクリニックだと、聞く相手も少なく困ることが多いようです。

求人の探し方

未経験で医療事務の仕事を探すのなら、利用できる求人媒体は全て利用することが大切です。ハローワークはもちろんですが、医療専門の求人サイトや転職エージェントも利用しましょう。

そして、仕事を探す上で絶対に譲れない項目(休日や給与など)を2個ほど決めたら、それをクリアしている求人には全て申し込みます。

医療事務は人気の高い職種ですから、未経験者が「選んで」申し込んでも、経験者がライバルになると採用される確率はとても低くなります。数多く申し込むことが大切です。

逆に言えば、一度経験を積んでしまえば次の転職は楽になる可能性が高い職種でもあります。

医療事務の求人を多く扱っている転職サイトとしては

総合型の転職サイトなら

が良いかと思います。(名前クリックで公式サイトに移動します。)

医療事務で働くメリット

医療事務で働くことには大きなメリットがあります。

  • 家事や育児と両立しやすい
  • 年齢に関係なく働ける
  • 地域を問わず仕事が出来る
  • 性別に関係なく求人がある

医療事務は経験が重視される職業なので、一度経験を積めば病院とクリニックのある場所なら、どこでも就職しやすくなります。また、性別に関係なく仕事がありますし、パートであれば時間的な融通も利きやすいので、家事や育児と両立しやすい仕事です。

未経験の場合、仕事に就くまでが大変ですが、その後のメリットがとても大きいので、仕事が見つかるまで頑張ることが大切です。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

ジョブクル
ジョブクル
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ