30代の転職って実際どうなの?

30代の転職では即戦力が求められ、なおかつマネジメント経験があれば引く手あまたで転職先を選ぶことができます。
ですが多くの方は今の仕事に不満があり、より良い環境を求めて転職したいと考えているはずです。

ましてや今は有効求人倍率も高く、はたから見ると非常に転職しやすいように思えますよね。

ですが30代が「転職しやすいだろう」と言う考えだけで転職に踏み切ると、待遇が極端に悪くなったり、転職先が見つからないことさえあるのです。

大切なのは事前準備をきちんと行い、慎重に転職活動を行うこと。

この記事では30代の転職の実態について紹介しています。

30代の転職事情

30代は仕事を覚え、一人前として仕事を任される年代。
企業によって30代を管理職に起用し、チームを任せることでさらなる成長を期待する時期でもあります。

ですが一方で、定年の年齢引き上げにより30代はまだ経験を積む時期だと考える企業も出てきています。

その傾向は転職市場にも反映され、30代に即戦力を期待する企業がある一方で、少子高齢化による労働人口の減少を受けて、20代の代わりに30代を採用する企業も出てきています。

ただ総じて言えるのは、転職市場での30代の需要が高まっているということ。

都市伝説のように言われてきた35歳転職限界説はすでに崩れました。
いまは転職市場の情報を集め行動を起こすことで、思わぬチャンスに巡り合える可能性が高くなっています。

企業が30代に求めるもの

企業が30代に求めるものは、昔も今もそれほど変わっていません。

  • 即戦力
  • ポテンシャル・将来性
  • 柔軟性
  • 変化に対応する力
  • 耐久力

即戦力

ある程度キャリアを積んだ方に、企業が即戦力を求めるのはある程度理解いただけると思います。
ただし即戦力とは、「同業種同職種での経験」だけを指すわけではありません。

顧客や販路など異業種でも生かせる共通性があれば、即戦力として扱われることがあります。
「同業種同職種」しか即戦力にならないと思い込むのは、自ら可能性を狭めてしまうのと同じこと。

自分の経験やスキルが応用できないか、広い視野で仕事を探すことが大切です。

ポテンシャル・将来性

30代は即戦力を求められることがほとんどですが、将来性が必要ないわけではありません。
新しい知識を身に着け、経験を積み、将来戦力として利益をもたらすことを期待する企業も増えています。

今までの経験やスキルを活かすだけではなく、将来どうしたいのか、何がやりたいのかを考え、熱意を伝えることも大切です。

柔軟性

長年同じ企業に勤めていると、その職場でのやり方を「常識」だと考え、転職先の社風に馴染めない方もいます。
また中小ベンチャー企業では、従業員一人一人が幅広い役割を担わないといけないケースがほとんどです。

企業によって異なる考え方を受け入れる、あるいは自分の領域を決めることなく、臨機応変に対応する姿勢が必要です。

変化に対応する力

いまはITやネットの普及、進化を背景に、ビジネスの環境が目まぐるしく変化しています。
テレビや新聞と言ったマスメディア中心だった販促に、WEBサイトが活用されるようになり、さらにSNSへと変化してきました。

メディアによっては今度BtoBの世界で営業が不要になる、と言う話をしているところもあります。
変化を察知し、それに対応していけるかどうかも大切なポイントです。

耐久力

耐久力はそのまま「耐える力」です。
当たり前のことですが、働いていれば様々なことが起こります。

営業成績が伸びないことも、目標を達成できないこともあるでしょう。
そう言った辛い局面でも耐えることができ、さらに自分を磨こうとする力のある人を、企業は求めています。

「逆境から立ち直る力」と言っても良いかもしれません。

転職を成功させるベストなタイミングとは

転職を成功させるには、自分が転職市場でどの程度の価値があるのかを、把握することが大切です。
例えば法改正や制度の改正により、それに関連する資格や職種の人気が高まることがあります。
逆に今まで人気のあった資格やスキルでも、数年でニーズが無くなり求人が少なくなることもあるのです。

こういった傾向から、転職を考えたらすぐに行動を起こすのではなく、まずは情報を集めることが大切だということ。
できれば継続して求人情報を集め、転職市場の動向を確認するべきでしょう。
また転職サイトや転職エージェントを利用し、自分の市場価値を確認することも、タイミングを見極めるために大切なことです。

企業の年間求人動向

企業の求人動向は、ある程度決まった流れを持っています。
例えば3月と9月は中途採用の求人が増えますが、これは決算月を区切りとし。4月・10月入社の人員を採用するためだと考えられます。

逆に決算の準備が始まる1月・2月、7月・8月は中途採用の求人が減ります。

面白いのは6月で、ボーナスのもらい逃げ退職を見越した求人が出てきます。
また7月が四半期決算の初月ということも、関係しているようです。

選択肢を増やすのであれば、求人数の多い月を狙うと希望する条件の求人が見つけやすいかもしれません。
逆に求人の少ない月を狙えば、ライバルを減らすことができるでしょう。

企業の動向を把握し、自分に合ったタイミングをつかむことも大切です。

転職を成功させるためのポイント

30代の転職を成功させるに大切な5つのポイントを紹介します。

  • 転職したい理由を整理する
  • キャリアの棚卸を行う
  • キャリアの活かし方を考える
  • 在職中に転職先を探す
  • 転職エージェントを利用する

転職したい理由を整理する

転職に踏み切る前に、なぜ会社を辞めて転職したいのか、理由をよく考えてください。
なぜならぼく自身、理由もなく退職してものすごく苦労した経験があるからです。

転職したい理由を明確にすることで、次の2点を確認することができます。

  • 次の会社を選ぶ基準になる
  • 退職する必要がない問題かもしれない

一番危ないのは「なんとなく」で転職すること。
理由もなく転職へ踏み切るのと、多くの場合失敗します。

キャリアの棚卸を行う

新卒で入社するときは自己分析を行いますが、転職だと行う方が少なくなります。
自分の強みと弱みを理解し、今後のキャリアを考えるためにも、キャリアの棚卸は必ず行います。

  • 経験してきた業務やプロジェクト
  • 問題解決や完全、打ち上げなどの成果
  • 成果を出すまでの過程
  • 過程の中で学んだスキルと経験や失敗
  • マネジメント関連

これら5つの項目を、時系列で書き出していきます。
大切なことは「失敗」や「大したことじゃない」と思うことでも書き出すこと。

自分では大したことがないと思える経験でも、他人から見れば必要な経験になるケースがあります。
自分でフィルターをかけることなく、経験を正直に書き出してください。

キャリアの活かし方を考える

30代で転職を考えるなら、これまでの経験を何らかの形で活かすことを考えるべきです。
たとえ未経験の仕事へ転職するとしても、今までの経験との共通点から応用する方法を考え、アピールすることが大切になってきます。

一例として、転職のパターンから経験を活かす方法を考えると次のようになります。

  • 同業界同職種:今までの経験をそのまま活かす
  • 同業界異業種:業界の知識や人脈を活かす
  • 異業界同職種:今までの職種経験を活かす
  • 異業界異職種:人脈や販路、ビジネススキルなどを活かす

ある程度キャリアを積んだ方に、企業が即戦力を求めたくなるのは仕方がないことです。
どの方向を目指すとしても、今までのキャリアをどう活かすべきかを考えてください。

在職中に転職先を探す

退職後に転職活動を行うと、貯金を切り崩しての生活になることがあります。
雇用保険に一定期間加入していた方は失業給付金が貰えますが、自己都合の場合は給付制限があるため3、4ヶ月待たないといけません。

金銭的余裕が無くなると精神的に追い詰められることになります。
すると「とにかく働かないといけない」という思いが強くなり、転職先を妥協してしまうものです。

妥協した時点で転職は失敗したことになりますよね。

そうならないためにも、在職中に転職先を探すことが大切です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは登録をすると、無料で求人の紹介や面接のセッティングなどをサポートしてくれるサービスのこと。
30代は経験やスキルを活かして転職することが大切なため、転職エージェントのサポートを受けると転職が成功しやすい傾向があります。

なぜなら企業は必要なスキルを持った人材を募集するとき、転職サイトのような不特定多数に求人を公開せず、非公開求人として転職エージェントに求人を出すことが多いからです。

つまり経験を活かす転職をしたい30代の方は、転職エージェント利用することで、その経験を求めている企業に出会える確率が高くなる、ということ。
だからこそ30代の転職は、転職エージェントを利用してほしいのです。

また転職エージェントを利用すれば、直接聞きにくい質問や面倒な給与交渉を代わりに行ってもらうことができます。
履歴書や職務経歴書の添削、面接対策もサポートしてもらえるので、転職活動もスムーズにすすむことでしょう。

普段は知ることができない企業の情報も持っていますから、まずは利用してみることをおすすめします。

オススメの転職エージェント

◆DODA
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
担当者の当たり外れがない転職エージェントだと言われ、面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
DODA

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
リクルートエージェント

転職先の考え方

最後に転職先の考え方を紹介します。

30代で大手企業に転職可能か

30代でマネジメント経験のある方が、次のような理由で大手企業に採用される事例があるようです。

  • いびつになった年齢構成を整えるため
  • 新しい分野へ進出するため、経験者が必要
  • 退職者の後任としてスキルと経験のある人が必要

ただし30代が採用される事例があると言っても、企業が納得する実績がなければ実現しません。
なので候補に含める程度にとどめ、大企業だけを狙わないようにするべきです。

中小企業・ベンチャー企業のメリットとは

中小企業・ベンチャー企業は、実績が認められればかなり大きな裁量をもって仕事ができます。
また時間だけ消費する会議や、無駄な根回しを行う必要がなく、意思決定のスピードもかなりスピーディーです。

しかも部署間の境界線があいまいになっていることも多く、「兼任」しながら業務を行うことが当たり前。
他部署に異動することもまずありません。

幅広い経験が積めることが、中小企業・ベンチャー企業のメリットだと言えます。
ただしこれらのメリットは、人によってはデメリットだと感じるかもしれません。

地方も視野にいれると選択肢が広がる

都市部だけの求人を見ていると視野が狭くなり、希望する求人がなかなか見つからないこともあります。
そんな時は地方に選択肢を広げると、求人が見つかりやすくなるものです。

とくにメーカーの工場や研究施設などは地方にあることが多く、都市部で探してもなかなか見つからないでしょう。
もし都市部で求人が見つからないのなら、地方にも目を向け、より広い範囲で探してみてください。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
ジョブクル
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ