新卒で入社した会社を5カ月で退職しました

新卒で入社した会社を5ヶ月で退職しました。
理由は「上司」と合わなかったからです。

上司とどうしても合わない

正直な話20数年間生きてきた中で、これほどひどい人は見たことがありません。
部下の状況を把握しようともせず自分の都合だけを押し付け、気に入らないとガミガミと怒り出す。
指摘やダメ出しがすごく多くてその上ねちっこい。

一度失敗したときに「なぜ」と5回も6回も聞かれたときは、本当に泣きそうでした。

たしかに上司は実績を出していますから、言っていることは正しいのかもしれません。
ですが言い方ってありますよね。

ひょっとすると部下を人だと思っていないんじゃないか。

そう思うことさえあります。

さらに悪いのが人事評価をするのも上司なんですよ。

つまり新卒のペーペーでは上司に逆らうことができない!
逆らって評価を下げられたら最悪ですし、何より周りからも浮いてしまう可能性まであります。

「上司に会社でのすべてを握られている」ような気がして、とてもじゃないけど我慢できませんでした。

仕事に行きたくない=上司に会いたくない

正直な話、入社研修が終わって今の上司の元に配属されてから1カ月ほどで、「仕事を辞めたい」と思っていました。

理不尽な上司に振り回され、重箱の隅をつつくような指摘にネチネチとしたダメ出し。
そんなことを毎日にようにやられると、さすがにストレスが溜まりおかしくなっていきます。

でも社内での立場を考えると言い返すこともできません。

そのうち顔を見るのも嫌になってしまい、なるべく接しないようにしたんです。
すると上司から「報連相がなってない!」と思い切り怒られました。

報連相が大切なのはわかります。
でも報告すると指摘され、連絡するとネチネチやられ、相談…なんてとても無理です。
そんな状態で報連相なんてできますか?

だから距離を置いたのにそれでも怒られる。

このとき気が付いたんです。
会社に居る限り、新人である限り、上司から離れることができないんだと。

新卒が短期間で辞めるとどうなる?

「会社に居る限り上司から離れられない」

そう気が付いたことで一気に出社することが嫌になり、本気で辞めることを決意しました。
そして情報を集めるために、「新卒 辞めたい」「新卒 退職」などをインターネットで検索して調べました。

分かったことは新卒の約3割が3年以内で退職しているということ。
似たような理由で退職している人は、想像している以上に多かったのです。

また短期間で退職すると次の仕事が見つからない。
あるいは苦労するという記事もいくつか見かけましたが、今は少子高齢化による人手不足。
むしろ歓迎してくれる企業も多い、ということがわかりました。

インターネットの記事を鵜呑みにするつもりはありませんが、「辞めてもいいんだ」と思えたことは大きなプラスだったのです。

生活するお金がない

あとは退職届をあの上司に提出し、仕事を辞めるだけ。
辞めてから次の仕事を探せばいいだけです。

ただ、ここで一つ大きな問題があります。

私は親元ではなく一人暮らし、そして貯金もほとんどありません。
つまり仕事を辞めてしまうと、一人暮らしでは生活できなくなってしまうのです。

失業給付金は雇用保険への加入期間が1年ないと支給されません。

ということは。

諦めて今の仕事を続けながら仕事を探すか、親元に帰るしかないのです。

ただせっかく見つけた仕事を辞めて親元に帰れば、恐らく悲しむことでしょう。
「なぜ相談しなかったのか」と怒られるかもしれません。

それだけは避けたいと思い、我慢して働きながら仕事を探すことにしました。

プロに相談した

仕事を探すためにハローワークへ行きましたが、基本的にハローワークは「退職した人」を対象としているそうです。
求人紹介や相談を行ってはくれますが、退職時期が明確じゃないと難しいと言われました。

なので転職活動は転職サイトと転職エージェントを利用することにしました。
結果としてはこの選択が良い方に働き、意外と早く次の仕事を見つけることができたのです。
とくに転職エージェントは担当者が1人ついてくれて、キャリア相談や求人の紹介、職務経歴書の書き方や面接対策などを一緒に行ってくれました。

驚いたのは新卒時の就職活動と転職活動では、活動方法が全然違うことですね。

新卒では企業説明会に行ったりエントリーシートを提出したりと、決まった流れの中で集団で動いたのですが転職は応募から面接まで1人です。
企業説明会もまずありません。
しかも3月に説明を受けてからエントリーして、と言う時系列での流れもありません。

良さそうな企業に応募したら翌日には履歴書と職務経歴書を送付。
早ければ3,4日後には面接を受ける感じでした。

たまたま相談した転職エージェントが、面接の段取りを組んでくれたので何とかなった、という印象が強いですね。
在職中の転職活動だったので尚更相談して良かったと思っています。

私が利用した転職エージェントはリクルートエージェントです。

転職エージェントを選んだ基準は、自分にどんな仕事が合っているのか分からないので、とにかく沢山の選択肢があること。
次は失敗したくないので、実績と経験が豊富にあることです。

この2つにピッタリ当てはまったのが、業界最大手で求人数も豊富、転職実績も多いリクルートエージェントでした。

実際に利用してみると、業界最大手と言うだけあってしっかりとしたサポートを受けることができました。
しかも内定後の退職まで相談に乗ってくれたので、あまり苦労することなく辞められましたね。

同じように新卒で辞めたいと考えているのなら、リクルートエージェントはおすすめですよ。

公式サイトはこちら⇒リクルートエージェント

最後に

リクルートエージェントの担当者と相談した結果、次の仕事はIT・WEB関係の会社にしました。
理由はIT・WEB関係の会社は新しいところが多いため、若い方が大勢いるそうです。

つまり年齢層も近くなるので職場にもなじみやすくなるだろう、ということでした。

そして似たような社風の会社をいくつか紹介してもらい、結果として3社目で内定をいただいて今は元気に働いています。

実際新卒で入社して短期間で退職することには、かなり抵抗がありました。
苦労して入社していますし、なにより「根性がない」と思われるのが嫌だったのです。

でも今は転職して良かったと思っています。

とりあえず今の会社には、理不尽な上司も先輩もいません。
これだけでもかなり快適に働くことができています。

これは会社との相性もあるとは思います。
ですがも、し同じようなことで悩んでいるのなら「我慢して続ける価値があるのか」を、考えてください。

そして「価値がない」と思うのなら、転職されることをおすすめします。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ