仕事辞めたいけど怖くて言えない君へのアドバイス

仕事を辞めたいけど言えない11の理由と対処法

仕事を辞めたいけど怖くてなかなか言い出せない。

そんな悩みに答えます。

ぼくは今までに4回転職を経験。
つまり、言い出しにくい「退職」を4回会社に伝えています。

しかも理不尽な理由で止められる、怒鳴り散らされる、冷たく対応される、なども経験済みです。

そんな経験を踏まえて、仕事を辞めたいけど怖くて言えない方へのアドバイスを記事にしました。

最後まで読んでいただけば、「辞めたい」と伝えるためのヒントが見つかるかもしれません。

怖くて辞めたいと言えない2つの理由

怖くて「辞めたい」と言えないのには、大きく分けて2つの理由があります。

上司や同僚の反応がわからない

「怖い」と感じるのは、伝えた後の上司や同僚の反応がわからないことです。

例えば上司に「仕事を辞めます」と伝えると・・・

  • 怒られるかもしれない
  • 止められるかもしれない
  • 冷たくされるかもしれない
  • 失望されるかもしれない

…などの反応を予想してしまい、同氏も手怖くなります。

また同僚に「仕事を辞める」と伝えた時も同じです。

  • 冷たくされるかもしれない
  • 迷惑だと思われるかもしれない
  • お前のせいで仕事が増えるといわれるかもしれない

そんな不安が取り留めもなく襲ってきます。

上司や同僚がどんな反応を示すかわからない、だから怖くなってしまうのです。

次の仕事が見つかるかわからない

もうひとつの怖さは、仕事を辞めた後どうなるかわからないことです。

例えば…

  • 無職なるかもしれない
  • 仕事が見つからないかもしれない
  • 力不足で職場になじめないかもしれない
  • 転職先に苦手な人がいるかもしれない

…といった不安や恐怖が襲ってきます。

仕事が見つかるかどうか、見つかったとしても働きやすい職場かどうかわからない。

だから怖くなってしまうのです。

不安を取り除くには

さて、ここまで紹介した不安を取り除くには、できる限りのことをやるしかありません。

上司や同僚の反応を予測しない

まず上司や同僚がどういう反応を示すかわからずに感じる不安は、ひとまずどこかに置いておきましょう。

付き合いが長ければある程度相手の反応は予測できます。
ですが「辞めます」という前に気にしても仕方がありません。

まだ何も行動していないのに、「怒られたらどうしよう」なんて考えても仕方がありませんよね。

なのでひとまずどこか別のところに置いておきましょう。

次の仕事を探してみる

次に次の仕事が見つかるかわからない不安を解消したいなら、転職活動を始めるのが一番です。

  • 転職エージェントに登録する
  • 希望する職種の情報を集める
  • 必要なスキルや資格を身に着ける

少し考えただけでも、これだけの転職活動ができます。

「次の仕事が見つからなかったらどうしよう」と考えるよりも、まずはできることから始めてください。

円満退職を過度に求めない

さて、上司や同僚にすべてを理解してもらい、みんなに笑顔で送り出してもらえる円満退職は、定年退職くらいしかありません。

途中でやめる限りどんな会社でも何かしらのイザコザはありますし、スムーズにはいかないものです。

なので、多少周りに嫌われようが気にしないこと。

円満退職を求めすぎると、いつまでたっても仕事を辞められなくなります。

最低限の礼儀を守ればOK

よく「円満退職をするためのコツ」として、「繁忙期は避ける」「会社の主張を聞く」など言われますが、はっきり言って必要ありません。

退職するときに大切なことは、社会人として最低限の礼儀を守ることです。

  • 引継ぎをきちんと行う
  • 会社の不平不満は言わない
  • 最後まで手を抜かない
  • 最後の挨拶をきちんとする

繁忙期を気にしていると、いつまでたってもやめられません。

また会社の主張を聞きすぎても同じことです。

退職は個人の自由なので、会社の都合など関係ない。

とはいえすべてを投げ出して辞めるのは失礼にあたるので、最低限の礼儀を守って退職しましょう。

嫌われることを怖がる必要はない

仕事を辞める時に、同僚などから嫌われることを怖がる方がいます。

ですが仕事を辞めた程度で嫌われるのであれば、その程度の付き合いだったということ。

本当に友人として付き合っていれば、仕事を辞めただけで嫌われることはありません。

つまり、嫌われることを怖がる必要はないのです。

縁が切れても気にしない

もし仕事を辞めたことで縁が切れたとしても、気にする必要はありません。

先ほども言いましたが、結局はその程度の関係だったということです。

どうしても関係を維持しないのなら、自分から連絡を取ればいいだけの話。

もし仕事を辞めたことで縁が切れたとしても、気にする必要は全くありません。

退職届は勢いと雰囲気で出す

ここまでで精神的な面での不安は、ある程度解消できたかと思います。

ですが実際に退職届を出すとなると、いろいろなことが脳裏をよぎり、やっぱり怖いですよね。

はっきり言うと、今までに4回「辞めます」と伝えてきたぼくでも、いまだに上司に伝える時は不安や怖さを感じます。

そんな不安や怖さを乗り切るために最後に必要なのは、「勢い」と「場の雰囲気」です。

上司にアポを取る

まず手っ取り早いのは、上司に約束を取り付けること。

例えば「ご相談したいことがありますので、今日16時から10分ほどお時間をいただけませんか?」と、約束を取り付けます。

時間を取ってもらえれば、あとは「辞めます」というしかありません!

この方法なら「勢い」と「場の雰囲気」を一度に手に入れることができます。

ただ問題は…

上司に約束を取り付けるのに、さらに勇気が必要だということでしょうか。

言いづらいときは手渡しでもOK

ぼくは退職の意思を上司に伝える時、毎回「退職届の手渡し」という方法をとってきました。

しかも場所やタイミングは全く考慮していません。

それこそ「今日は言うぞ、言うぞ、言うぞ」と朝から自分に言い聞かせ、休憩などで上司が一人になったときに、勢いで「これお願いします!」と退職届を渡してきたのです。

もちろん上司はギョッとした顔ですごく驚きます。

何の前触れもなくいきなり「退職します!」と伝えるわけですから、驚かれて当然です。

でも言いづらいときはこの方法が一番楽。

「後で話そう」といわれるかもしれませんが、退職の意思は確実に上司に伝わります。

タイミングを計りすぎない

退職の意思を伝えるのに、タイミングを計りすぎると失敗します。

上司は常に忙しく、手が空いている時間はお昼を食べているときくらい、というのもよくある話。

なので、自分のタイミングで「いまだ!」と思ったら話しかければいいだけ。

仕事の相談をするときも、「今よろしいでしょうか?」と相手の都合を半分くらいしか見ないで話しかけますよね。

それと同じ感覚で十分です。

伝えるタイミングを計りすぎると、余計に話しづらくなってしまいます。

辞めさせてくれない時の対処法

ぼくは1度だけ「会社の評判が下がる」という理由で、仕事を辞めさせてもらえないことがありました。

しかも頭ごなしに怒鳴られ、威圧され、「これからどうすればいいんだ…」と、本気で悩んだのです。

そんな経験から、仕事を辞めさせてくれないときの対処法を紹介します。

辞められるまで食い下がる

ちなみにぼくは、理不尽な理由で止められたとき、2日後にもう一度退職届を提出しました。

もちろんすごい勢いで怒鳴られました。
今ではもう何を言われたのか全く覚えていませんが、ものすごい剣幕だったのは確かです。

そして即日退職になりました。

辞めさせてくれないときは、しんどいかもしれませんが、食い下がるのも方法のひとつです。

さらに上の上司か組合に相談

ある程度の規模がある会社なら、さらに上の上司か労働組合に相談する方法もあります。

おかしいのが上司だけであれば、何かしらの対応を取ってくれるはずです。

あるいは人事部に相談してもいいですよね。

ただ、ある程度の規模がある会社で、組織がしっかりしていることが最低条件です。

労働基準監督署に相談

労働基準監督署に退職させてくれないことを相談する方法もあります。

相談に乗ってくれますし、場合によっては間に入ってくれることもあるようです。

ただし、「場合によっては会社との間に入ってくれる」だけなので、過度な期待は禁物。

基本的に「あっせんで会社と当事者に話し合いをさせる」というスタンスらしいのでご注意を。

弁護士に相談

理不尽な引き留めがある場合は、弁護士への相談がベストです。

弁護士が間に入ってくれれば、まず間違いなく退職できます。

最近では弁護士が行う退職代行サービスもありますから、そちらの利用も考えてみてください。

多少費用が掛かりますが、間違いなく退職できるはずです。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスを利用する方法もあります。

あなたに代わって退職の意思を会社に伝えてくれるので、心理的なストレスが少なくて済みます。

ですが、下手な退職代行を利用すると、思わぬトラブルに巻き込まれる時も。

利用する前に、詳細をよく確認するようにしてください。

【退職代行ガーディアン】

退職日までのちょっとした注意点

さて、最後に退職日までのちょっとした注意点を紹介します。

注意点のポイントを一言でいうと「気にしない」ことです。

会社のアクションがなくても気にしない

会社によっては退職の意思を示すと、引継ぎや後任の指示すらしないことがあります。

なので、やめる本人も本当に退職していいのかどうか悩むようです。

ですが退職の意思を示し、退職日を決めたのなら会社の対応を気にする必要はありません。

こちらから「引継ぎはどうするべきか」「後任はだれなのか」を確認しましょう。

びっくりするぐらい退職者を放置する会社も存在しますが、「もう辞めるしまかいいか」くらいの感覚でいましょう。

冷たくされても気にしない

辞めることが決まると同僚が突然冷たくなる、というのもよくある話。

とくに忙しい会社を辞める時に、周りの対応が冷たくなりがちです。

なぜならあなたが辞めることで、自分たちの仕事が忙しくなるから。

結局みんな自分のことしか考えていないということ。

なので、もし冷たくされたとしても、あと数日でサヨナラしますから、気にしないでください。

浮いた存在になっても気にしない

今まで忙しく働いていた方ほど気にしがちなのが、職場で浮いた存在になること。

退職が決まると「会議」や「打合せ」に一切呼ばれなくなります。

全く呼ばれないと確かに浮いた存在になった気がするもの。

ですがこれから辞めていく人を、営業機密のある会議や打ち合わせに呼ばないのは当たり前のことです。

なので事務所でひとり「ぽつん」と仕事をすることになっても、気にしないでください。

最後に

今回は以上です。

「仕事を辞めたい」と上司に伝えるのは、何度転職を経験しても怖いものです。

相手がどんな反応を示すか不安ですし、次の仕事がうまくいくかどうかの不安もあります。

でもまだ起こっていないことに怖さを感じていたら、何もできませんよね。

退職は「勢い」が大切。

「今日でやめる」と決めたら、自らに勢いをつけて上司に「辞めます!」と伝えましょう!