高卒の転職は難しい!?成功するためのポイントとは

ぼくは高卒で就職してから実に3回転職しました。
なので、高卒の転職がどういったものなのかを、身をもって体験しています。

なぜ高卒の転職は厳しいと言われるのか。
成功するためにはどうすればいいのか。

この記事では上記2点について、実体験を踏まえながら紹介しています。
高卒で転職を考えている方の、参考になれば幸いです。

高卒の転職が厳しいと言われる理由

高卒の転職が厳しいと言われるのは、待遇や仕事内容がよさそうな求人に限って、学歴が大卒以上になっているからです。

仕事を選ばなければ高卒でも転職は難しくありません。
スキルや経験があれば、給与を増やすことも、条件の良い会社に転職することもできます。

ですがより良い待遇を求めると、学歴で区別されてしまい、選べる求人が減っていきます。
つまり高卒の転職が厳しいと言われる理由は、大卒者と比較するからです。

転職でも学歴で区別される理由

学歴が高いということは、受験というハードルを乗り越えるために、継続した努力をしてきた人材だということです。
そして学歴が高い人材ほど、理解力や継続力が高く、また企業が求める人材像に近いことを、経験から知っています。
だから学歴で区別されるのです。

新卒の大学生でさえ、進学した大学(東大や慶応など)によって採用枠が変わる、という学歴差別を受けるのが当たり前。
嫌な話ですが、これが現実です。

となれば、中途採用でも学歴で区別されるのは、仕方がないと言えますよね。

学歴は関係ないという勘違い

よく「学歴は関係ない」と言う声を聴きますが、これは大きな勘違いです。

分かりやすく言えば「仕事をする上で、学歴は関係ありません」が、「求人を探すときには学歴が大きく関係してきます」、ということです。

実際に働いている人を見れば、非常に優秀な高卒もいますし、仕事の出来ない大卒もいます。
そう言った意味で、仕事に学歴は関係ないと言えるでしょう。

ですが転職者がどんな人なのかは、実際に働いてみないと分かりませんよね。
となれば出来るだけ良い人を採用するために、学歴で判断するのは当たり前のことなのです。

なので、転職で「学歴が関係ない」とは、言い切れません

分不相応と言う考え方

学歴で区別することが当たり前の社会ですから、高卒が大卒と比べて「厳しい」と嘆いても仕方がありません。
それよりも自分に合った方法で、自分に合った仕事を探すことが大切です。

もしより良い求人に応募したいのなら、人一倍努力してください。

今の職場で誰にも負けない成果を出す。
あるいは難関と言われる資格を取得する、若ければ大学に進学して卒業することもできます。

何の努力もせずに、大卒と比べて厳しいと嘆くのは、分不相応と言うものです。

高卒の転職を成功させるためのポイント

ぼくは高卒で転職を繰り返した結果、年収700万円まで行くことができました。
その経験を踏まえて、高卒の転職を成功させるためのポイントを紹介します。

ハローワークを最大限活用する

高卒の転職では、ハローワークを最大限活用します。
なぜならハローワークには、地元の企業の求人が沢山集まっているからです。

ハローワークはブラック企業が多い?

よくハローワークは無料で求人が出せるから、ブラック企業が多いと言われます。
実際にブラック企業が多いかどうかは分かりませんが、混ざっていることは確かです。

では転職サイトや転職エージェントなら安心なのでしょうか?

残念ながら転職サイトや転職エージェントにも、ブラック企業の求人があります。
なぜなら、転職サイトや転職エージェントは、お金さえ払えば求人を掲載できるからです。

なかには離職率が異常に高く、ハローワークでは人が集まらないという理由で、転職エージェントに求人を出す企業もあります。
また「採用されやすい」という理由で、ブラック企業を率先して勧めてくるエージェントもいます。

結局は、どこを利用してもブラック企業に当たる可能性がある、ということです。

それならハローワークを「ブラック企業が多い」という理由で避けるのは、おかしな話ですよね。
ハローワークはどこよりも多く求人を扱っていますから、転職では最大限利用するべきです。

ハローワークを最大限活用する方法

ハローワークは受け身の施設なので、こちらから依頼をしないと何もしてくれません。
だから使えない…と言う印象が生まれてしまうのですが…。

逆にきちんと依頼をすれば、非常に利用しやすい施設でもあります。

相談員を指名する(出来なこともある)

まず大切なのは、相談しやすい相談員を指名して利用することです。
なぜならハローワークの相談員は、人による対応の差が大きいから。

何度か相談に行き、色々な人と話をしてみて、一番相談しやすい人を見つけてください。
そして、その人を指名して相談すると、職探しがスムーズになります。

ちなみに指名できない場所をあるようなので、ご注意を。

履歴書・職務経歴書の添削を依頼する

ハローワークでは相談員に依頼することで、履歴書や職務経歴書の添削を行ってもらえます。
このときのポイントは、「〇〇会社へ送付するのですが、PRや経歴などで、おかしなところはありませんか?」と、聞くこと。

何も言わなければ誤字脱字のチェックだけで終わってしまいます。

具体的な質問をすれば、違う視点でチェックしてもらえますよ。

模擬面接で意見を求める

模擬面接を受けることで、自分では気が付かない言葉の癖や、姿勢・態度などを指摘してもらえます。
企業に合ったアピールポイントを教えてもらうことはできませんが、それでも第三者の目線から指摘を受けるだけで、大きく変わるものです。

企業への質問を代わりに行ってもらう

試用期間はあるのか、ボーナスは出るのか、昇給はどのくらいなのかなど、直接聞きにくい質問でも、相談員が代わりに聞いてくれます。
不明な点は遠慮なく、相談員にお願いして聞いてもらいましょう。

学歴や経歴が合わない求人に申し込むには

求人票で最終学歴が「大卒」になっていても、企業に問い合わせることで書類審査や面接を受けられることがあります。
また経験不足や資格が不足していても、問い合わせることで、考えてもらえることがあるのです。

ポイントは相談員にお願いして、企業の担当者と直接話をさせてもらうこと。
そして「熱意」と「やる気」を伝え、応募書類だけでも見てもらえないか、面接だけ行ってもらえないかとお願いすることです。

「恥ずかしい」と思うかもしれませんが、直接お願いしてくる応募者はまずいないため、意外と面接をしてもらえることがあります。
何もしなければチャンスすらないのですから、ダメもとでチャレンジするのもありですよね。

転職エージェントは必要なのか

転職エージェントは、応募者が求人企業に転職することで、年収の約30%を受け取るビジネスモデルです。
仮に年収が350万円だとすれば、105万円の報酬を得ることになります。

そのため転職エージェントには、本気で人を採りたい企業の求人が集まっています。
また採用されないと報酬が受け取れないため、転職エージェントも採用に向けてしっかりとバックアップしてくれます。
なので、転職エージェントを利用すれば、採用される可能性は高くなります。

また面接日程の管理や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策に内定後の給与交渉なども行ってくれる、非常にありがたい存在です。

以上の理由から、転職エージェントは利用するべきだと言えます。
ただし、商売である以上、次の点には注意するべきです。

転職エージェントを利用するときの注意点

先ほども書いたように、転職エージェントは応募者が転職してくれないと、報酬を得ることができません。
なので、ノルマを達成するために、転職を強引に勧めてくるエージェントも存在します。

また応募者のキャリアや希望を考えず、採用されやすい企業を紹介してくることもあるので、注意が必要です。

転職エージェントを利用するときの注意点は次の2つ。

  • 転職エージェントの言うことを鵜呑みにしない
  • 強引に勧めてくるときは注意し、断ることも大切

分かりやすく言えば転職エージェントは、営業のようなもの。
だからこそ、相手の言うことを鵜呑みにせず、時にはきっぱりと断ることが大切です。

よい転職エージェントを見つけるには

よい転職エージェントは、あなたのキャリアを考え、スキルや経験に合った求人を紹介してくれます。
ポイントは「あなたのことを考えてくれているか」です。

まず求人を紹介されたときに、「なぜこの求人を提案したのか」と、聞いてみてください。
このとき、希望した内容に沿って提案されていれば、良いエージェントである可能性が高く、希望を無視している場合は、自分のノルマを優先している可能性があります。

また、面接のフィードバックを求めたとき、悪い面や入社後の懸念点まで教えてくれる。
「ほかに良い求人はないか」と言う質問に、粘り強く付き合ってくれる方も、良い転職エージェントである可能性が高くなります。

まとめると「求職者の立場になって考えてくれる方」が、良い転職エージェントになります。

もし合わない場合は、担当者の変更を依頼するか、他の転職エージェントを利用しましょう。

高卒におすすめの転職エージェントとは

高卒の場合は、学歴で紹介できる求人数が減るため、出来るだけ多くの求人を取り扱っている転職エージェントを利用しましょう。
絶対に抑えておくべきなのは、業界№1のリクルートエージェントと、№2のdodaです。

この2社は、取扱う求人の数はもちろんのこと、担当するエージェントの質が高いことでも評判です。
また全国展開しているため、地方在住の方でも利用することができます。

公式サイトはこちら

※経歴によって紹介する案件がないケースもあるようです

転職アプリを利用する

ジョブクルの転職アプリは、チャットでコンシェルジュに退職や転職の相談ができます。
また登録した経歴に沿って、求人紹介もしてくれますし、履歴書や職務経歴書の添削、応募もアプリ上で出来るのが特徴です。

登録も利用も無料で、辞めたい時はアンインストールすればいいだけ。
非常に手軽に使えて、十分なサービスを受けられるアプリです。
ダウンロード

企業のニーズを把握する

転職で意外と陥りやすいのが、企業のニーズを考えずに自己PRをしてしまうことです。
これではたとえ役に立つスキルを持っていたとしても、採用されることはありません。

例えば好きな人ができたとき、興味を引くために趣味や好みを聞いたりしますよね。
転職も同じで、企業が興味を持つ人(ニーズ)を調べないとダメなのです。

企業のニーズは、求人票に書いてあります。
またどんな商品を扱っているのか、どんな事業を展開しているのかは、ホームページを見ればわかります。

商品やサービスで検索すれば、ライバルになる企業も調べることができるのです。

手間を惜しまずに、どんな企業なのかをしっかりと調べ、企業のニーズを把握してください。

ニーズに合ったスキルと経験をアピールする

企業のニーズを把握すると、どのスキルと経験をアピールすれば、興味を持ってもらえそうかが分かってきます。
あとはそのスキルと経験を、履歴書や職務経歴書、面接での自己PRでアピールするだけ。

ポイントは「スキルや経験をどう生かし、どういった貢献ができるか」を伝えることです。

希望する仕事に就くための努力をする

もし経験やスキルが足りない場合は、補うための努力をしましょう。
30代前半までであれば、努力している姿をアピールすることで、採用される可能性はあります。

例えば…

  • 必要な資格を取得する
  • 職業訓練校に通う
  • 本を読んで知識を身につける
  • 友人に聞き実務に関わる情報を仕入れる
  • セミナーに参加する

…などです。

ぼくは職業訓練校に通い、簿記2級を取得したことで、営業から未経験の経理に転職しています。
過去の経験から経理でも生かせるスキルと、経理になるために簿記を勉強し、資格も取りました、と言うアピールをしたのです。

簡単に採用されることはありませんが、努力をすることで「やる気」が伝わり、評価してもらえるものです。

資格を取得するべきか

希望する仕事に関連した資格なら、取得するべきです。
ですが、まったく関係のない資格は、取得する意味がありません。

ちなみに、多くの会社で評価されるのは「TOEIC」「簿記」でしょうか。

もし資格を取るのなら、働きたい仕事の求人票を調べ、必須資格に掲載されているものを選びましょう。
それ以外の資格は、仕事が見つかってから勉強しても、遅くはありません。

ブラック企業の見分け方

最後にできれば避けるべき企業(ブラック企業)の特徴を紹介します。

――求人が頻繁に出ている
求人が長い期間出ていたり、何度も同じ求人を出している場合は、離職率が高い可能性があります。
事業拡大のための募集なら問題ありませんが、違う場合は注意が必要です。

――残業・休日出勤が多い
夜中や休日に事務所を見に行き、仕事をしているようなら注意が必要です。
ただし一度見ただけでは判断できないので、何度か繰り返し見に行くことが大切です。

――事務所や工場が汚い
事務所や工場、トイレなどが汚れている会社は、管理が行き届いていないと言えます。
社内のモラルが低下し、業績や人間関係が悪化している可能性があるので、注意が必要です。

――現場に活気がない
業績が伸びている会社は現場に活気があるものです。
活気のない職場は業績が悪い、職場の雰囲気が悪い可能性があります。

――営業や受付の応対が悪い
営業の対応が悪い会社は、従業員の教育ができていないということ。
将来性がありませんし、パワハラやモラハラが横行している可能性もあります。

――面接官の態度が悪い
面接官の態度が悪い会社では、従業員を使い捨てだと考えている可能性があります。
上から目線での面接、足を組むなど、失礼な態度をとるようであれば、避けた方が無難です。

――従業員が疲れている
従業員が疲れている職場は、仕事がきつく、残業や休日出勤が多い可能性があります。
あるいは職場の雰囲気が悪く、ハラスメントが多いのかもしれません。

最後に

高卒の転職が厳しいと言われる理由と、成功するためのポイントを紹介しました。
ポイントさえ押さえれば、高卒でも転職は難しくありませんし、十分に成功する可能性があります。

たしかに大卒の方が有利ですが、比べても意味ありませんよね。

それよりも自分にできることをしっかりと行い、企業のニーズに合った人材を目指す方が現実的です。
そしてニーズに合ったアピールをして、希望する仕事への転職を目指してください。

この記事が高卒で転職を考えている方の、参考になれば幸いです。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード