転職活動に疲れたらちょっとだけ休んでみる

転職活動を始めたものの、なかなか書類選考に通らない、面接を受けても内定が出ない、ということはよくあります。
思うとおりに進まないと、「自分を認めてくれる会社はないんじゃないか」と疲れてしまうものです。

もし、転職活動に疲れたら、次の4つを順番に試してみてください。
頭の中が整理され、これからどうすればいいのか、きっとわかるはずです。

1.転職活動に疲れたら一日だけ休む

退職してから転職活動をしている場合、早く次の仕事を見つけなければと気持ちが焦り、休む暇さえないはず。
また在職中の転職活動でも、忙しい仕事の合間を縫って、転職活動に当てる時間を作らないといけません。

ましてや思うように転職活動が進まなければ、身も心も休まる暇がなく、疲れ切ってしまいます。

そんな時は1日だけ、転職活動から離れてゆっくり休みを取ってください。

気持ちの切り替えが大切

転職活動が長期化すると、どうしても気持ちが焦ってしまうもの。
なかなか内定がもらえないと「自分は評価されていない」と、後ろ向きの考えに陥ってしまいがちです。

書類選考や面接は「応募者を評価する場」ではありません。
あくまでも個人と企業のマッチングの場です。

なので、たとえ内定がもらえなくても、あなたのことを低く評価したわけではなく、単にその企業とは合わなかったというだけの話。
気にしても仕方がないのです。

たった1日でもしっかりと休みを取って、後ろ向きになった気持ちを切り替えてください。

2.人に会って向いている仕事を聞いてみる

もし気持ちの切り替えが難しいなら、友人や知人に「自分がどんな仕事に向いてそうか」を聞いてみてください。

転職活動が長引くと、「この仕事は向いていない」「この仕事はダメ」だと考え方が硬くなりがちです。
人の意見を聞くことで、硬くなった考えをほぐし、違った視点から求人を見られるようになります。

転職フェアや合同面談会に足を運ぶ

友人や知人に話しをするのが難しいのなら、転職フェアや合同面談会に足を運んでみてはいかがでしょうか。
こういった場では、複数の企業の採用担当者と話をすることができます。

話を聞いていくうちに、視野に入れていなかった業界や職種が、自分に合っているかもと、思えることもあるのです。

お仕事アドバイザーに相談する

就職や転職の相談に乗ってくれる、お仕事アドバイザーに相談するのも方法のひとつ。
平日の夜間や土日に相談できるので、昼間働いている方でも利用しやすいのが特徴です。

またお仕事アドバイザーは厚生労働省が委託しているため、安心感があります。
人に相談することで、気持ちがすっきりするかもしれません。

サイトはこちら⇒お仕事アドバイザー(http://oshigoto.mhlw.go.jp/

3.自己分析をやり直す

転職活動を休み、頭を切り替えることができたら、まずは自己分析をやり直しましょう。
不採用が続く原因のほとんどは、企業のニーズとアピールしているポイントがずれているからです。

自己分析をやり直すには、キャリアの棚卸を行うのが一番手っ取り早い。
次の項目をエクセルの縦軸に書き出し、横軸に時系列で記入していってください。

  1. 期間
  2. 職務
  3. 仕事内容・役割
  4. 成果
  5. 成果を出せた理由
  6. 学んだこと。身に付いたこと
  7. 失敗したこと
  8. 失敗から学んだこと

ポイントは出来るだけ細かく、思い出せることを全て書き出すこと。
「これは必要ない」などと、自分でフィルターをかけないことです。

4.企業研究に時間をかける

先ほども書いたように、不採用が続くのは企業のニーズとアピールしているポイントがずれているからです。
なので、応募する求人の数を減らし、1社にかける企業研究の時間を長くしてください。

企業研究では、まず公式ホームページを確認します。
企業の沿革や経営方針、企業理念などを確認し、自分が求めるものがありそうかを考えてください。

ほかにも社長のあいさつや社員の声、営業成績、業務内容などから、会社の雰囲気をつかむことができます。
また採用ページも忘れずに目を通しましょう。

さらに取り扱っている商品やサービスから、ライバルの存在を調べることもできます。
業界の情報も、新聞や業界紙、インターネットや会社四季報などを利用して、調べることが大切です。

もちろん求人票に書かれている仕事内容や、求めている人材も忘れずに読み込むこと。

その上で企業のニーズを考え、アピールするポイントを整理していきましょう。

最後に

転職活動に疲れたときは、まず疲れを取ることが大切です。

「仕事が決まっていないのに休んでいいのか」と思うかもしれませんが、休みなく動き続けても効率が落ちるだけ。
むしろ割り切って休んだ方が、効率が上がり良い結果が得られるものです。

疲れが取れたら人の意見を参考にして、求人を探してみてください。

また自己分析や企業研究を、時間をかけて行うことも大切です。

この記事が転職活動で疲れた方の参考になれば幸いです。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード