「仕事に行きたくない」けど理由がわからない…。どう対処する?

朝起きるとなぜか「仕事に行きたくない」と思ってしまう。
でもなぜ仕事に行きたくないのか、その理由が分からない…。

仕事内容や職場の環境、給与や福利厚生など、今の仕事に何の不満もないのに、なぜか仕事に行きたくない。
そう思う方が増えているようです。

行きたくない理由が分からないと、対処することもできませんよね。

そこでこの記事では、仕事に行きたくないと思う理由と対処法を紹介します。
「仕事に行きたくない」けど理由がわからない…と思っている方の、参考になれば幸いです。

仕事に不満がないなら疲れている証拠

仕事に何の不満もないのに、仕事に行きたくないと思うのは、心と体が疲れている証拠です。
まずはゆっくり休むようにしてください。

休むときは仕事と逆のことをやると効果的。

例えば事務職で机に座っている時間が長いのなら、ジムに行って思い切り運動をしてください。
常に体を動かす仕事なら、音楽でも聴きながら読書をすると良いでしょう。

できればパソコンやスマホをなるべく使わないこと。

普段と逆のことをやれば、ストレスを発散しやすくなります。

体のバランスが崩れているかもしれない

ゆっくり休んでも「仕事に行きたくない」と思うのであれば、心と体のバランスが崩れている可能性があります。
分かりやすく言えば、自律神経失調症の一歩手前です。

自律神経失調症は過度なストレスや、生活習慣の乱れが大きく影響を及ぼします。
つまりバランスを取り戻すには、生活習慣を見直すことが大切なのです。

「行きたくない」を無くすためにできること

「行きたくない」を無くすためにできることいくつか紹介します。

適度に運動をする

運動不足は心にも体にもよくありません。
激しい運動をして体を鍛えろ…とは言いませんが、ジョギングやウォーキングなどで、適度に体を動かしてください。

でも、適度な運動と言われてもピンときませんよね。

目安となるのは…

  • ウォーキング――1回30分を5日に分けて行う
  • ジョギング――1回25分を3日に分けて行う

…に、なります。
通勤が徒歩30分なら、歩いて通うのも効果的です。

決まった時間に食事をとる

残業があるとほぼ不可能なのが、決まった時間に食事を取ること。
残業中に何かを食べるのも難しく、食事の時間は乱れてしまいがち、ですよね。

夕食は…仕方がないとしても、朝食と昼食は決まった時間に食べるようにしましょう。
また休みの日でも、いつもと同じ時間に起きて、朝食をきちんと食べるようにしてください。

夕食は、遅い時間に食べ過ぎないように注意すること。
肥満の原因にもなりますし、食べ過ぎて朝食が食べられなくなったら本末転倒です。

お酒を飲み過ぎない

お酒の飲み過ぎは体にもよくありませんし、睡眠にもよくありません。
できれば1日1合以内にして、週2日は休肝日を取るようにしたいところです。

参考までに…

  • ビール――中ビン1本(500ミリリットル)
  • 日本酒――1合
  • 焼酎――6号
  • ウィスキー――ダブル1杯
  • ワイン――1/4本
  • 缶チューハイ――1本(500ミリリットル)

…が、適量だと言われています。
(※アルコール度数により異なる)

ゆっくり寝る

ゆっくり眠ることもすごく大切なことです。
最低でも6時間、できれば7時間~8時間は睡眠時間を確保してください。

また、ゆっくり眠るためにも…

  • お酒は寝る4時間前までに飲む
  • パソコンやスマホは寝る2時間前に辞める
  • テレビは寝る1時間前に消す

…と言う3つを守ることも大切です。

またタバコを吸うと目が覚めてしまうため、寝る1時間以内は吸わないことも大切。
コーヒーもカフェインが入っているので、寝る4時間前に飲むようにしてください。

余裕をもって起きる

朝は出来るだけ余裕をもって起きるようにします。
理想を言えば、朝食を自分で作り、ゆっくり食べても間に合うくらいはほしいところ。

余裕をもって起きることで気持ちにゆとりができ、行きたくないと考えることが減るはずです。

それでもダメなら病院へ行く

試してみたけどどうしても「仕事に行きたくない」と思ってしまう。
あるいは頭痛やめまい、吐き気や涙が、「行きたくない」と言う思いと共に起こってしまう場合は、心療内科を受診してください。

ストレスが限界に達し、心が悲鳴を上げている状態なので、無理をするのはよくありません。
元気に働くためにも、早めに病院へ行くことをおすすめします。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談