30代の仕事の悩みをズバッと解決!

  • 給与が安すぎる
  • 上司や部下との人間関係がうまくいかない!
  • 役職に空きがない!

など、30代でよくある仕事の悩みに答えます。

この記事を書いているぼくは、今までに4回の転職を経験。

新しい環境に身を置くたびに、人間関係や仕事内容、給与などで悩んできました。

その経験をもとに、30代でよくある仕事の悩みを解決するきっかけを紹介していきます。

給与が安い

給与が安い! という悩みは、30代だけではなく、ほかの年代でも大勢の方が悩んでいます。

解決方法は転職するしかない! と、言いたいところですが、残念ながら転職は解決する手段になりません。

なぜなら転職した人の実に7割近くが、「変化なし」か「下がった」と言っているからです。

ではどうしたら給与が増えるのか。
具体的な方法を紹介します。

昇給のある会社に転職

確実に給与を増やしたいのなら、昇給のある会社に転職しましょう

一時的に給与が下がりますが、定期昇給があれば結果として給与が増えていきます。
もし今の会社で毎年昇給しているのなら、そのまま働き続けてください。

ぼくは4回転職していますが、給与が増えたことは1回しかありません。

なぜなら…

  • 職種によって給与の相場が決まっている
  • 転職は昇給の成果分がなくなる分給与は下がる

…からです。

つまり、定期的に昇給していく会社なら、給与は確実に増えていきます。

出世する

出世も給与を増やす確実な手段です。

ただ初めての出世では、残業代の分給与が下がることがあります。

ですが、ベースになる金額が増えるので、昇給すればボーナスが高くなるのです。

つまり、昇給するほど給与は増えていく計算になります。

副業を始める

昇給も出世も難しければ、副業を始めましょう。

ぼくは副業で毎月数10万円稼いでいます。

給与で月10万円以上増やすのは、かなり難易度が高い…というか、ほぼ無理です。

つまり副業は、収入を増やす手段として最適だと言えます。

人間関係がうまくいかない

30代は中間管理職として働かざるを得ない年代。

上司と部下に挟まれて仕事をしていれば、人間関係で悩むことも多くなります。

ホームセンターの店長として働いていた時も、パート・アルバイトと上司に挟まれ、気苦労が絶えなかったものです。

その経験から言えることは、「気にするだけ無駄」だということ。

人間関係を気にしたところで、他人の性格は変えられませんよね。

むしろ「そんなもんだ」と割り切って、仕事に集中することをお勧めします。

部下全員に無視された

ちなみに僕は、部下から総スカンを食らったことがあります。

ですが、当時の僕は仕事が楽しくて仕方がなかったので、総スカンされていることに気が付きませんでした。

その結果。
無視しても何の反応も示さない僕を見て、部下たちは無視することを辞めました。

反応がなければ総スカンする意味もない、ということです。

この経験があるからこそ、人間関係が上手くいかないときは「そんなもんだ」と割り切って、仕事に集中することをお勧めしています。

仕事がつまらない・きつい

仕事がつまらないとか、きついと感じるのは、やりたくない仕事をやっているときです。

ですが仕事である以上、やりたくない仕事をやらなければならない時はあります。

仕事がつまらないのが嫌だ。
きつい仕事は嫌だ。

そう思うのなら、さっさとやめて別の仕事に転職しましょう。

あるいは社内異動を希望してもいいですよね。

役職に空きがない

上の役職に40代以上の方がひしめき合っていて、空きができそうもない。

こんな状態の会社でとるべき行動は次の2つ。

  • あきらめて続ける
  • 転職する

出世欲が強いのであれば、転職がお勧めです。

ちなみに僕は、昇進の可能性が見えなくなったところで転職しています。

同じ仕事を何年も続けるより、出世という刺激があったほうが楽しいですよね。

仕事を続けるか転職するか

仕事を続けるか、それとも転職するかで悩んだら、会社の将来性で決めましょう。

将来性のある会社を辞めるのは、かなりもったいない。
特に定期昇給のある会社なら、辞めないほうがいい!

転職する理由は人それぞれなので一概には言えません。

ですが、転職するか続けるかで悩むのなら、会社の将来性を基準にすることをお勧めします。

なぜか? って?

悩む時点でそれほど辞めたいとは思っていない、ということ。

会社に将来性があると分かれば、安心して働き続けられますよね。

なぜ悩むのか

人が悩みを抱える理由は、「理想の自分と現実の自分にギャップがあるから」だと言われています。

また、「ギャップを埋めるための行動をしない自分」を正当化するために、悩むとも言われます。

なぜなら悩んでいる間は、行動を起こさずに済むからです。

例えば「給与が安い」と悩むなら、すぐにでも副業を始めればいいだけの話。

それをやらずに「体がもたない」「副業はばれたら困る」などとやらない理由を並べたがる。

結局「給与が安い」のは嫌だけど、行動を起こすのも嫌なのです。

もし本気で悩みを解決したいのなら、「悩まなければどう行動していたか」を考えてください。

そして本気で行動してください。

行動を起こせば「こんな簡単なことをなぜ悩んでいたんだろう」と、思えるはずです。