退職届に具体的な理由を書くケースとは

退職届に具体的な退職理由を書くケース

退職届に具体的な退職理由を書くのは、会社都合で退職した場合だけです。
自己都合で退職する場合は、「一身上の都合」だけで問題ありません。

この記事では一身上の都合の意味と、退職届に具体的な理由を書くケースを紹介します。

「一身上の都合」の意味とは

一身上の都合は、個人的な都合という意味です。
ではなぜ自己都合退職では、退職理由に「一身上の都合」と書くのでしょうか。

その理由の1つが、労働法上で退職理由を伝える義務がないこと。
もう1つの理由が、民法627条でも労働契約を解除する理由は、問われていないからです。

なので、自己都合で退職する場合の退職理由は、個人的な都合という意味である「一身上の都合」と書きます。

個人的な都合に当てはまる退職理由

一身上の理由を使うべき「個人的な都合(自己都合)」に、当てはまる退職理由には、次のようなものがあります。

  • 結婚(寿退社)・出産・育児
  • 家族の介護
  • 転職
  • 引っ越し
  • 労働時間外に原因がある病気やケガ
  • 資格取得の勉強
  • 理由はないけど辞めたい

つまり「会社とは関係のない個人的な理由(自己都合)」で退職するのなら、全て「一身上の都合」となります。

理由を書きたい場合

自己都合による退職でも退職理由を書きたい場合は、次の例文の「一身上の都合により」を退職理由に書き換えます。

退職届の場合
一身上の都合により、△△年▲▲月▲▲日をもって退職いたします。

退職願の場合
一身上の都合により、△△年▲▲月▲▲日をもって退職したく、お願い申し上げます。

退職届・退職願の書き方はこちら「退職届・退職願の書き方

例えば…

結婚の場合⇒結婚により、△△年▲▲月▲▲日をもって退職いたします。
育児の場合⇒育児に専念するため、△△年▲▲月▲▲日をもって退職いたします。
病気の場合⇒治療に専念するため、△△年▲▲月▲▲日をもって退職いたします。
転職の場合⇒転職に伴い、△△年▲▲月▲▲日をもって退職いたします。

…となります。

ただし、理由を書くよりは「一身上の都合」とした方がスマートですよね。

退職届に具体的な理由を書くケース

退職届に具体的な退職理由を書くケースは、会社都合なのに退職届の提出を求められたときです。

会社都合の退職とは…

  • 会社の倒産
  • 事業所の廃止
  • 解雇(違反・違法行為による懲戒解雇は自己都合退職)
  • 会社側退職の勧奨を受けた場合(退職勧奨)

…が、考えられます。
この場合は会社都合による退職になるため、本来退職届や退職願を提出する必要はありません。

ですが会社によっては、「手続き上必要だから」などと理由を付けて、退職届の提出を求めてくることがあります。
もし求めに応じて退職届を提出する場合は、絶対に「一身上の都合」とは書かないこと。
退職に至った具体的な退職理由を書くようにしてください。

書き方は「会社が倒産したため~退職いたします」、「退職勧奨により~退職いたします」となります。

※会社都合だと考えられる場合は、「退職願」を出さないでください。
退職願は「退職してもいいですか?」と会社に訪ねる意味があるため、合意退職だとみなされてしまいます。

また、会社都合に当たると考えられる退職理由…

  • パワハラやセクハラ、いじめが原因の退職
  • 突然仕事を外された
  • 理由なく賃金が大幅に引き下げられた
  • 契約更新を拒否(雇止め)

…がある場合も、具体的な退職理由を書いてください。
具体的な…とは、できるだけ詳しく内容を書く、ということです。

具体的な退職理由を書くともめる

会社都合に当たる退職理由を退職届に記入すると恐らく会社ともめます。

例えばこんな理由の退職届を書いたとして…

「上司によるパワハラが〇年〇月〇日頃より始まりました。
毎日のようにみんなの前で怒鳴られ、ときにはみんなから見える壁際に3時間近く立たされたこともあります。
あまりの辛さに人事部へ訴えましたが、何も対応してもらえませんでした。
それどころか上司からのパワハラがひどくなったのです。
今日まで約1年パワハラに耐えてきましたが、これ以上上司のパワハラに耐えることができないため、〇年〇月〇日を持って退職いたします。」

…会社が納得すると思いますか?
恐らく「書き直せ」か「自己都合と書け」と言われるでしょう。

なので、詳細な理由を書いた退職届を提出する場合は、事前に労働基準監督署か弁護士に相談されることをおすすめします。
おすすめ記事:仕事を辞めたい人必見!労働問題の相談窓口一覧

ハローワークで会社都合にしてくれることもある

ぼくは社内の人間関係から切り離され、仕事を一切やらせてもらえなくなったことが原因で、仕事を辞めたことがあります。
その際、退職届に「一身上の都合」と書いて、社長に提出しました。

当然「自己都合による退職」になったのですが、ハローワークで事情を説明したら「会社都合」に変更してくれたのです。

もしパワハラやセクハラ・いじめなど、会社都合だと思われる理由で退職した場合は、ハローワークで相談してください。
できれば事前に仕事を辞めたい人必見!労働問題の相談窓口一覧で紹介している窓口に、相談されることをおすすめします。

最後に

退職届に具体的な退職理由を書くケースについて紹介しました。

具体的な退職理由を書くケースとは、会社理由で退職するのに、退職届を提出しなければいけない時。
つまり「どういった理由で退職したのか、証拠を残したいケース」です。

自己都合退職の場合は、具体的な退職理由を書く必要はありません。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談