サラリーマンになりたくない人も、サラリーマンを経験するべき2つの理由

サラリーマンになりたくない

サラリーマンになりたくない! という方は大勢いますよね。

昔は「サラリーマンになりたくない」と思っても、お金を稼ぐ方法が限られていたため、サラリーマンを選択するしかありませんでした。

でも今は、クラウドソーシングやサイト・ブログの運営。
サロンの運営やnoteでのコンテンツの販売。

ユーチューバーに転売ビジネスなど、パソコン1つあれば(簡単ではありませんが)稼ぐことができます。

働き方自体が大きく変わってきているのです。

なのでサラリーマンになりたくなければ、他の道を探すことができます。
でも、サラリーマンになりたくないと思っている人も、一度はサラリーマンを経験したほうがいい。

この記事ではなぜサラリーマンを経験したほうがいいのか、その理由を紹介しています。

ちなみに「働きたくないからサラリーマンになりたくない」、という方へ向けた記事ではありません。

お金を貰いながら学べる

サラリーマンを経験したほうがいい理由は、一言で言えば「お金を貰いながら学べる」からです。

もちろんきちんと学ぶには、真剣に仕事に取り組むことが前提になります。

社会人の基礎が身に付く

日本の会社は新入社員にすごく優しいところです。
何しろお金をかけて、社会人としての基礎を教えてくれますし、一人前になるまで育ててくれます。

社会人としての基本的なマナー(電話応対や上座などの知識)も、わざわざ教えてくれるのです。
しかも社会人としての基礎を教わっているのに、給与を貰うことができます。

これほどコストパフォーマンスの良い教育は、他にありません。

サラリーマンになって消費するのは「時間」だけ。
でも社会人としての基礎を学ぶための時間だと思えば、給与が貰える文かなりお得です。

サラリーマンになると、社会人としての基礎を、給与を貰いながら教わることができます。

会社の仕組みが分かる

サラリーマンとして働くだけで、会社の仕組みを学ぶことができます。
人事・総務・経理・技術・開発等々…、それぞれの部署がどんな役割を担っているのか、実際に見て学ぶことができるのです。

また社内規則などの決まりや棚卸しの流れなど、会社を運営するために必要なことを学ぶことができます。

サラリーマンになるだけで会社の仕組みが学べるなんて、すごくお得ですよね。

人脈が築ける

サラリーマンになると、強制的に人脈が増えていきます。
とくに営業の場合は、1カ月で100枚以上の名刺が集まるほど、様々な人と出会うチャンスがあります。

出会いがあっても人脈として繋げられるかは本人次第ですが…。

とはいえサラリーマンは、個人営業ではとても出会えないような人にも会えるのです。
これは独立を考えている方にとって、チャンスでしかありません。

意思決定の流れが分かる

サラリーマンとして働けば、会社の意思決定の流れを知ることができます。
意思決定の流れを理解していれば、誰と交渉すればいいのかが、分かるようになるのです。

交渉する相手が分かれば、次どんなアクションを起こすべきか判断することができます。

決定権のない担当者に無駄な時間を使う必要がなくなるのです。
意思決定の流れは、外から見ても絶対に分かりません。

サラリーマンとして働くことで、リアルな意思決定の流れを知ることができるのです。

学びながら準備ができる

サラリーマンとして働くことで、お金を貰いながら様々なことを学べます。
また空き時間を利用すれば、独立に向けた準備を進めることも可能です。

例えば空き時間に副業を行い、徐々に規模を拡大することもできます。
また副業で稼いだお金を投資に回せば、生活費を削ることなく資産が増やせるのです。

副業で稼いだお金を使って、土日だけ起業することもできます。

つまりサラリーマンとして働けば、お金を貰って学びながら、独立へ向けた準備もできるのです。

最後に

サラリーマンになることで、様々なことを学び、経験することができます。
また、ブログやホームページの運営を並行して行えば、かなりの金額を稼ぐこともできるのです。

ぼく自身サラリーマンの給与+ブログ収入で、月100万円近く稼いでいた時期もありました。
生活費の心配がない分気持ちに余裕があり、コンスタントに稼ぐことができたのです。

さらにブログが失敗したときも、サラリーマンの収入で生活できる安心感がありました。

その経験から、将来独立したいと考えている方でも、サラリーマンは絶対に経験するべきだと考えています。

何しろサラリーマンになれば、会社が教育してくれますし、実に多くの人に出会うことができますから。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談