Uターン就職・Uターン転職とは

Uターン就職・Uターン転職

Uターンとは、地方で生まれ育った方が進学や就職で都市部に出たあとに、就職や転職、企業で出身地へ戻ることを言います。

この記事では、Uターン就職とUターン転職の違いや、Uターンで出身地に戻るメリット・デメリットを紹介しています。

関連記事:Iターン就職・Iターン転職とは

Uターンとは

Uターン転職 Uターン就職

Uターンは地方で生まれ育った方が都市部の学校に入学、あるいは就職してから出身地に戻って働くことを言います。

Uターンと呼ばれるのは、地方から都市部、都市部から地方へ移動する様子を線で描くと、アルファベットのUに見えるからです。

Uターン就職とは

Uターン就職とは、地方で生まれ育った方が都市部の学校に進学したあと、出身地で就職して働くことを言います。

Uターン転職とは

Uターン転職とは、地方で生まれ育った方が都市部で就職し、その後転職や独立で出身地に戻って働くことを言います。

Uターン就職・転職をする理由

Uターン就職や転職をする理由には、次のものがあります。

  • 学校を中退した
  • 都市部で生活できなくなった
  • 結婚や出産を機に地元に戻ってきた
  • 親の介護をするため
  • 都市部での生活に疲れた
  • 地元で働きたくなった

Uターンする方の多くは、生活環境を変えるきっかけがあって、出身地に戻ることが多いようです。

Uターン就職・転職のメリット

Uターン就職や転職で出身地へ帰ることに、どのようなメリットがあるでしょうか。

生活費が安くなる

まず出身地へ戻ることで、都市部よりも生活費が安くなります。
アパートも都市部と同じ家賃で、広い部屋に住むことができるでしょう。

また、実家に帰ることにすれば、家賃や食費、光熱費を大幅に抑えることができます。

自然豊かな環境で生活ができる

地方は豊かな自然に囲まれている場所が多いもの。
山や川がすぐそばにある環境で生活でき、四季の移り変わりを窓から見える景色で実感することができます。

空気や水も、都市部に比べると美味しいものです。

親が近くで暮らしている

親が近くで暮らしていることも、出身地に戻るメリットです。
親が傍にいれば、子育てなどで困ったときに、援助を受けやすくなります。

就職先なども、親に紹介してもらえるかもしれません。

地元の友人と交流しやすくなる

同じように出身地で働いている友達と、交流しやすくなるのもメリットです。
中学や高校時代の友達は、仕事抜きで付き合えますよね。

出身地に戻るため歓迎されやすい

Uターンで出身地に戻ると、近所から歓迎されやすいのも特徴です。
もともと顔なじみのご近所も多いため、「お帰り」と温かく迎えてくれます。

Uターン就職・転職のデメリット

Uターン就職や転職はメリットもありますが、当然デメリットもあります。

車の免許が必要

地方で働くには自動車免許が必須です。
なので自動車免許を持っていない方は、新たに取得しないといけません。

また場合によっては、自家用車の購入も必要になるでしょう。

給与が下がる

地方は物価が安いため、それに応じた給与額になります。
当然都市部に比べれば安くなるものです。

希望する職種がないかもしれない

地方は人口が少ないため、都市部では求人が出ている職種が、地方ではないこともあります。
できれば地元に戻る前に、希望する職種があるかどうかを確認してください。

親の過干渉があるかも?

出身地に戻り親の近くで生活すると、稀に親の過干渉に悩まされることがあります。
とくに家事や育児に口を出されることが多く、人によっては悩みの種になるようです。

Uターンに補助金が出る?

意外なことに、Uターンで就職や転職する方にも自治体から補助金が出ることがあります。

その内容は自治体によって様々。
就職支援や家賃補助、新築の補助や奨学金併催支援などがあるようです。

Uターンで地元に戻る前に、どんな支援をしているのか調べてみてはいかがでしょうか。

最後に

Uターンで地元に戻れば、親が傍にいる分安心して暮らすことができます。
子育てなどの支援も受けやすく、生活しやすいはずです。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談