職場で孤立したら退職するべきか

職場で孤立したら退職するべきか

職場で孤立したら退職するべきなのでしょうか。

じつはぼくは、職場での孤立を2回経験しています。

一度目は仕事に集中することで孤立から開放されました。
ですが二度目は仕事すらやらせてもらえなくなり、精神的に追い詰められて退職しています。

その経験から、職場で孤立したときに退職するべきかどうかは、仕事に集中できるかどうかが重要なポイントになります。
なぜなら孤立した上に仕事もなければ、職場はただつらいだけの場所になるからです。

この記事では、職場で孤立したら退職するべきかどうかについて、対処法を紹介しています。

最後まで読んでいただけば、退職するべきかどうか判断するきっかけがつかめるはずです。

職場で孤立したら仕事に集中できる確認

まず職場で孤立したら、仕事に集中できる環境があるかどうかを確認します。
そして仕事に集中できる環境があるのなら、職場で孤立したとしても退職する必要はありません。

なぜなら、職場で孤立した上に仕事もない状況では、精神的に追い詰められてしまうからです。
ですが仕事に集中できる環境があれば、「仕事は仕事」と割り切ることができます。

仕事として割り切ることができれば、退職せずに働き続けることも可能です。

また仕事として割り切ることで、働きながら転職先を探すこともできます。

なので、職場で孤立したときには、仕事に集中できる環境があるかどうかを確認してください。

関連記事:職場で孤立しても気にしないでいいケースとは

職場での孤立を解決する方法はあるか

また、職場での孤立を解決する方法があるか、探ることも大切です。

解決する方法として考えられるのは、次の2つ。

  • 上司に相談し仲裁に入ってもらう
  • 外部機関に相談する

上司に相談

職場での孤立を解決するには、上司に相談し仲裁してもらう方法があります。

上司には職場の雰囲気を正し、結束力を高め、成果を出す責任があります。
なので、特定の人を孤立させるなど、職場の雰囲気を乱す行為は、上司が指導して正さないといけません。

また誰かを人間関係から切り離す行為はパワハラに該当するため、上司としても放っておくことはできないはずです。

なので、上司に相談すれば、職場での孤立が解決する可能性はあります。

外部機関に相談

ただし、上司が職場での孤立を知っていて、見て見ぬふりをしている。
あるいは、上司が職場で孤立する原因を作っている場合は、外部の期間に相談してください。

人事部に相談する方法もありますが、従業員同士のいざこざだと判断されると、動いてくれない可能性があります。

なので、職場での孤立に上司が関係している場合は、外部に相談したほうが早いでしょう。

相談先は労働基準監督署の総合労働相談コーナーです。
総合労働相談コーナーでは、孤立している状況にあわせて、様々なアドバイスをしてくれます。

また相談者が望めば、会社や当事者に対して指導も行ってくれます。

会社に相談するのが怖いけど、状況を改善したいと考えているのなら、総合労働相談コーナーへの相談も考えてみてください。

関連記事
職場で孤立するのは自業自得ではない
労働問題の相談窓口一覧

自分はどう思っているのか

そして一番大切なことは、自分がどうしたいと思っているのかです。

孤立した職場を辞めたいと思っているのか、それとも働き続けたいとおもっているのか。
自分の気持ちを見つめ直してください。

ぼくも経験がありますが、追い詰められると「どうしてこうなったんだろう」、「なんでこんな目に合うんだろう」という感情を抱いてしまいます。

そして、ネガティブな感情ばかりが生まれてしまい、自分がどうしたいのかという気持ちに目が向かなくなるのです。

なので、少しだけ視点を変えて、自分がどうしたいのかを考えてください。

辞めた方がいいのか、それとも続けた方がいいのか。
結局は自分で結論を出さないと、先に進むことはできません。

最後に

職場で孤立したときに、退職するべきか、働き続けるべきかを、判断する方法を紹介しました。

ぼく自身は、仕事に集中できる環境があるのなら、働き続けるべきだと考えています。

なぜなら転職活動が結構大変ですし、仕事を辞めても、次の仕事がすぐに見つかるとは限らないのです。

なので、仕事に集中できるのなら、辞めずに続けた方がいい。
そしてどうしても辞めたいのなら、働きながら次の仕事を探せばいいのです。

ただし、職場で孤立した上に仕事もないのなら、早めに辞めないと精神的に参ってしまいます。

誰とも接点がなく、仕事すらない環境は、ただただつらいだけだからです。

この記事が職場で孤立したときに、退職するべきか悩んでいる方の、参考になれば幸いです。




面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード
おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職