40代で仕事に限界を感じても辞めてはいけない理由

40代で仕事の限界を感じる

40代なると仕事に限界を感じることが増えてきます。

例えば…

  • 後輩の出世が早い
  • 出世の限界が見える
  • 昇級の限界が見える
  • 仕事ができない奴になっていく

…などですね。

そして40代で仕事に限界を感じると、転職して心機一転出直そうかな、などと思うものです。

ですがはっきり言っておきます。

仕事に限界を感じている40代は、絶対に今の仕事を辞めてはいけません。

「転職すれば…」という思いは、現実逃避に近い感情です。
ましてや「仕事に限界」を感じているのに、採用してくれる転職先などあるはずがありません。

ということで、40代で仕事に限界を感じても、辞めてはいけない理由を紹介します。

転職すれば何とかなるのか

40代で仕事に限界を感じているのに、他の会社に転職すれば状況が変わるはずがありません。
なぜなら40代の転職は、今までの経験やスキルを生かして行うものだからです。

そして今の職場での地位は、経験やスキルを生かして働いてきた結果であるはず。
それなのに転職すれば状況が一変するとは考えにくいのです。

稀に40代が異職種・異業種へ転職した結果、高い評価を得ることはあります。

ですが異職種や異業種で高い評価を得るには、採用する企業が欲しがる経験やスキルが必要です。
つまり身につけたものを柔軟に利用する、発想力も必要になります。

もし発想を転換して自分を生かせるのであれば、今の仕事で限界を感じることはありません。

なので、他の会社に転職しても、状況が変わるとは考えにくいのです。

40代の転職は想像以上に厳しい

40代の転職は想像している以上に厳しいものです。

なぜなら40代は社会人として成熟している年齢であり、それ相応の実力と経験、人脈が求められるからです。

「今の仕事で限界を感じたから退職して、次の職場で頑張りたい」という気持ちはわかります。
分かりますが、それだけでは通じないのが40代という年齢です。

中途半端な気持ちで仕事を辞めると、取り返しのつかないことになります。

40代の転職は想像以上に厳しいことを、知っておいてください。

仕事を辞めたらもとには戻れない

もう1つ知っておいてほしいことは、仕事を辞めたらもとには戻れない、という当たり前のことです。

今は会社に勤めているでしょうから、毎月決まった日に、決まった金額の給与を受け取ることができます。
ですが仕事を辞めてしまえば、給与を受け取ることができなくなるのです。

そして40代の転職が厳しいという現実に気が付き、もとの職場に戻りたいと思っても後の祭り。
二度と戻ることはできません。

しかも転職先が見つからなければ、安定した生活に戻ることもできなくなるのです。

40代で仕事に限界を感じても、簡単に仕事を辞めてはいけません。
毎月決まった日に給与を受け取れるだけでも、幸せなことだと思ってください。

どうしても仕事を辞めたければ在職中に探す

それでも仕事に限界を感じていて、どうしても辞めたいと思っているのなら、まずは在職中に仕事を探しましょう。

転職サイトに登録してもいいですし、転職エージェントを利用する方法もあります。
あるいはハローワークの相談員に、40代の転職について相談してもいいでしょう。

在職中に転職活動を行えば、自分に転職市場での価値があるのかどうかが分かります。

もし市場価値があるのなら、在職中に次の仕事を見つけることもできるはずです。
逆に在職中に仕事が見つからないのなら、市場価値はないと思った方がいいでしょう。

どうしても辞めたいのなら在職中に転職活動を行い、自分に市場価値があるかどうかを確認するべきです。



利用するサービス

在職中の転職活動では、リクナビNEXTとリクルートエージェントを利用してください。

なぜならリクナビNEXTは転職者の8割が利用すると言われていますし、リクルートエージェントは転職エージェント最大手だからです。

大手ということは、それだけ多くの企業が利用しているということ。
つまりリクナビNEXTやリクルートエージェントを利用することで、自分の市場価値を正確に把握することができます。

公式サイトはこちら
リクナビNEXT
リクルートエージェント

最後に

40代で仕事に限界を感じても、今の仕事を辞めてはいけません。
それよりも、今の仕事でどうやって自分の力を発揮していくのか、真剣に考えるべきです。

40代で仕事を辞めると、想像以上に辛い現実が待っています。

転職先を探すことも大変です。
仕事が見つからなければ、生活もままならなくなります。

最悪の場合、バイトやパートをいくつも掛け持ちして、生活するしかなくなるのです。

なので、仕事を辞めたいのなら在職中に探すことを心掛け、簡単に仕事を辞めないようにしてください。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談