20代転職の迷いは今の仕事を見つめ直すことで解決する

20代で転職に迷う

転職は将来を大きく左右する決断ですから、迷うのは当たり前です。

とはいえいつまでも「転職しようかな、どうしようかな」と迷っているわけにもいきませんよね。

20代で転職に迷う時は、「今の仕事」を見つめ直してください。

冷静に今の仕事を見つめ直すことで、転職への迷いを消し去ることができます。

この記事では20代転職の迷いを断ち切るため、今の仕事を見つめ直す方法を紹介しています。

今の仕事を続けたいかどうか

まず考えるべきなのは、今の仕事を続けたいかどうかです。

今の仕事を続けるに進む

今の仕事を続けたくないに進む

※リンクをタップすると移動します。

今の仕事を続ける場合

今の仕事を続ける場合は、会社の将来性や自分の未来の姿について考えます。

今の会社に将来性があるかどうか

将来性のない会社で働き続けても、望む未来は手に入りませんよね。
なので今の会社に将来性があるかどうかを考えてください。

会社の将来性を判断するポイントは…

  • 過去3年間の業績の推移
  • 人件費を削減していないか
  • 人が頻繁に辞めていないか
  • 社員のレベルはどうか
  • 業績を伸ばすための戦略があるか

…で判断します。

会社の将来性の考え方

過去3年間の業績推移を見れば、会社の経営状態を判断することができます。
もし赤字が続いているようであれば、かなり危険な状態だと言えるでしょう。

またコストカットのために人件費を削減している場合、利益が圧迫されていると考えられます。

そして人が頻繁に辞める会社は、人間関係や業務内容などに問題を抱えているものです。

さらにパート・アルバイトの比率が極端に高い会社は、社員教育が行き届かず、レベルの低い社員が増えてしまう傾向にあります。

そして業績を伸ばすための戦略がなければ、いつか売上が落ち始めるでしょう。

もし会社に将来性がないと考えられる場合は、早めに転職することをおすすめします。

自分に市場価値があるかに進む

会社に将来性がある場合は、望む未来が手に入るかどうかを考えてください。

望む未来が手に入るかどうか

会社に将来性があったとしても、自分の未来に結びつかなければ意味がありません。

なので今の仕事を続けることで…

  • 給与は増えるかどうか
  • 昇進ができるかどうか
  • プライベートは充実しそうか
  • 思い描く経験が詰めそうか

…などを考えてください

もし望む未来が手に入らない場合は、どうすれば手に入れられるかを考えるべきです。

仕事を辞めずに解決できるかに進む

もし今の仕事で望む未来が手に入るのなら、転職する必要はありません。

最後にに進む

今の仕事を続けたくない

今の仕事を続けたくない場合は、なぜ仕事を辞めたいのか、理由を書き出します。

仕事を続けたくない理由を書き出す

仕事を続けたくない理由、仕事を辞めたい理由を、思いつく限り全て書き出します。

例えば…

  • 上司の評価が気に入らない
  • 先輩と合わない
  • 給与が安すぎる
  • 昇進できる気がしなし
  • 悪口、影口が多い

…などです。

仕事を続けたくない理由を書き出したら、どうすれば解決できるかを考えます。

仕事を辞めずに解決できるか

まず考えるべきなのは、仕事を続けたくない理由を、仕事を辞めずに解決できるかどうかです。

もし「異動願いを出す」「上司に相談する」「業務改善を提案する」などで解決できるのであれば、無理に転職する必要はありません。

最後にに進む

ですが解決できない場合は、転職で解決することを考える必要があります。

転職すれば解決できるか

仕事を辞めずに解決できない場合は、転職することで解決できるかどうかを考えます。

例えば「給与が安い」のであれば、最低限の給与を決めて求人を探すことで、解決出来るかもしれません。
上司や先輩との関係が悪いのであれば、転職でリセットすることができます。

転職で解決できる場合は、本格的に転職を考えるべきでしょう。

自分に市場価値があるかに進む

ただ転職しても解決出来ない場合は、今の仕事を続けるべきです。

今の会社に将来性があるかどうかに進む

自分に市場価値があるか

転職を決意しても、市場価値がなければ転職で成功することはありません。
また、希望する仕事の求人が少なければ、転職すること自体難しいでしょう。

なので転職を行動に移す前に、自分の市場価値と求人の量を調べてください。

市場価値の調べ方

市場価値があるかどうかは、キャリアコンサルタントや転職エージェントに相談すれば、だいたいわかります。

多くの転職エージェントでは、相談だけの登録も受け付けています。

「本当に転職するべきかどうか」
「今後のキャリアプランをどうすればいいのか」

こういった漠然とした思いを、キャリアコンサルタントに相談するだけでも利用が可能です。

もちろん相談した結果「今の会社に残ります」でも問題はありません。
無料でキャリアコンサルタントに相談できますから、迷っているときこそ相談してみてください。

おすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』と『doda』

『リクルートエージェント』は、業界最大手の総合転職エージェントで、保有する求人数が多いのが大きな強みです。

担当者によってサービスの質にばらつきがありますが、とにかく求人数が多いので、思いもよらなかった求人を紹介してもらえます。

リクルートエージェント

『doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、リクルートエージェントと1・2を争う総合転職エージェントです。

提案力に定評があり「悪い口コミ」もほとんどなく、担当者の当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

職務経歴書の添削や面接対策・カウンセリングなど、実践的なサポートが素晴らしいと高評価を得ているので、転職を考えている全ての方におすすめです。

doda

希望する仕事の求人があるか

希望する求人があるかどうかは、ハローワークインターネットサービスやネット検索で調べます。

今は「職種+求人」でGoogle検索をすれば、今募集している求人が一覧で表示されます。

そして表示された求人の「給与」「休日」「仕事内容」などをまとめていけば、希望する求人があるかどうか一発で分かるはずです。

もし希望する求人がない場合は、今の仕事を続けながら求人が出るのを待つしかありません。

あるいはスキルや経験を生かせる、別の仕事を探してみてください。

最後に

20代が転職で悩んだときに、今の仕事を見つめ直す方法を紹介しました。

転職はリスクのある行為です。
なので中途半端な気持ちで転職に踏み切ると、間違いなく後悔します。

だからこそ、本当に辞めるかどうかを判断するために、今の仕事を見つめ直すことが大切です。




おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職