30代の転職で迷う時はキャリアアップできるかどうかで決める

30代の転職で迷う

転職は将来を左右する重大な決断。
だからこそ、転職するかどうか迷うのは当たり前です。

とくに30代は、前半はまだ仕事を見つけやすいのですが、後半はかなり厳しくなってきます。
そのため転職で失敗すると、やり直すことが難しいのです。

だからこそ30代の転職で迷う時は、キャリアアップできるかどうかで判断してください。
なぜならキャリアをきちんと積んでいけば、30代後半でも転職ができるからです。

この記事では30代の転職で迷う時に、考えるべきことを紹介しています。

関連記事:転職するかどうか迷ったら。迷う人に転職を勧めない理由

なぜ今の仕事を辞めたいのか

まずなぜ今の仕事を辞めたいのか、理由を考えてください。

例えば…

  • 上司が嫌い
  • 仕事が面白くない
  • 昇進できない
  • 残業が多い

…など、何でも構いません。
今の仕事ではダメな理由を、思いつくだけ全て書き出します。

そして書き出した理由を見て、本当に転職しないと解決できないのかを考えてください。

30代の転職は思っているより難しい

30代の転職は思っているよりも難しいものです。
その証拠に30代で転職した方のうち、約4割の方は給与が減っています。

給与が増えた方は3割ほどしかいませんし、増えたとしても3割未満の方がほとんどです。

とくに30代後半になると、選べる求人の数が減っていきます。

なので転職は最後の手段にして、できるだけ今の仕事を続けた方がいい。

だからこそ仕事に感じている不満を、転職せずに解決できないのか考えてください。

転職のリスクを知っておく

どうしても転職したい場合は、次のリスクがあることを知っておいてください。
なぜならすべての希望を叶える転職先は、まず存在しないからです。

  • 転職先が見つからない
  • 前職より給料が下がる
  • 会社に馴染めない
  • 勤務時間が長くなる
  • 仕事内容が違う
  • スキル・経験が通用しない
  • 人間関係が上手くいかない

希望した仕事で採用されたとしても、人間関係で躓く可能性があります。
また給与がアップしたとしても、残業や休日出勤が増えるかもしれないのです。

30代で転職に失敗すると、やり直すことが難しくなります。

どうしても転職するのなら、リスクがあることを理解しておくべきです。

詳しくはこちら⇒「30代の転職に潜むリスクとは

キャリアアップできるか考える

仕事への不満が転職でしか解決できない場合は、転職してキャリアアップできるかどうかを考えます。

自分が納得できる条件の求人があるか

転職を行動に移す前に、希望する仕事の求人について調べます。
とくに「求人の数」「採用条件」は、必ず調べるようにしてください。

例えば求人の数が10件もなければ、採用される可能性がかなり低くなります。
給与が5万円も10万円も下がるようなら、転職したことで生活が厳しくなるかもしれません。

仕事を辞める前に調べることで、無理な転職をしなくて済みます。

身につけたスキルや経験を生かせるか

求人を調べるときに、求められるスキルや経験も確認します。

とくに今まで身につけてきたスキルや経験が、希望する仕事で生かせるかどうかを確認することが大切。

なぜなら30代を採用する企業は、戦力になるスキルや経験があるかどうかを重視しているからです。

もしスキルや経験が生かせないのなら、転職するべきではありません。

今の仕事を続けながら、他の企業が欲しがる経験やスキルを積んでください。

未経験の仕事でもスキルや経験が重要になる

未経験の仕事を希望する場合でも、今まで身につけたスキルや経験が重要になります。

なぜなら30代で全くの未経験者を採用する企業は、ほとんど存在しないからです。

ぼくは30代で営業から経理に転職しています。
ですが未経験では転職できず、職業訓練校に通い資格と経験を身につけています。

人件費も高くなる経験ゼロの30代を採用する企業は、ほとんどありません。

あるとすれば、人の入れ替わりが激しい業界や職種だけ。

だからこそ、未経験の仕事を希望する場合でも、今までに身につけたスキルや経験が重要です。

中途採用で活躍している人はいるか

最後にインターネットの口コミサイトや面接の質問で、中途採用で活躍している人がいるかどうかを確認します。

中途採用で活躍している人、昇進している人がいる会社なら、転職後に評価される可能性が高くなります。

逆に中途採用が活躍できない職場なら、転職すると思わぬ苦労を強いられるかもしれません。

  • 同じように中途採用された人がいるのか
  • 中途採用された方の現在のポジション
  • どんな人が活躍しているのか

この3つを面接で聞けば、中途採用でも活躍できるかどうかを判断することができます。

転職は当たり前ではない

最後に30代の転職に慎重になるべき理由を説明します。

最近の風潮として「転職が当たり前になった」と煽り、転職エージェントに結びつける記事が増えました。

たしかに一昔前と比べれば転職する方が増えた気がしますよね。

ですが厚生労働省の調査結果を見る限り、転職者はほとんど増えていません。
参考:平成29年雇用統計調査結果の概況

どちらかというとインターネットが急速に普及したことで、転職に関するサービスや記事を目にする機会が増え、その結果「転職はネガティブなこと」というイメージが払しょくされただけです。

つまり「転職はポジティブだ」と思う方が増えただけ。

なので「転職が当たり前になった」と聞いて、「転職しやすくなっている」と考えるのは勘違いでしかありません。

とくに30代後半からの転職はまだまだ厳しいのが現状です。

安易な転職は身を亡ぼす

30代で安易な転職に踏み切ると、今までのキャリアを全て失ってしまうかもしれません。
とくに30代後半の転職は、不平不満だけで上手く行くことはないでしょう。

だからこそ「今までのキャリアを転職で伸ばす」、と言う考え方が大切になってきます。

30代で安易な転職に踏み切ると、身を亡ぼす可能性があることを知っておいてください。

関連記事:転職でキャリアアップするには

最後に

30代で転職に悩んだときは、キャリアアップできるかどうかで判断してください。

なぜなら30代の転職は、まだまだ厳しいのが現実だから。
とくに30代後半の転職は、想像しているよりも難しいと考えるべきです。

転職は普通の商品と同じように、「需要と供給」で成り立っています。

「転職が当たり前になった」と騒いでも、受け入れる企業が増えるわけではありません。

だからこそ、30代で転職をするなら慎重に行動するべきです。

キャリアを全て失ってから、「失敗した」と嘆いても元に戻すことはできませんから。




面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード
おすすめのまとめ記事 仕事を辞めたい

30代の転職