無駄な朝礼は辞めて必要なことだけを伝えよう

朝礼は無駄

朝礼ほど無駄な時間はありません。

毎朝決まった時間に集まり、よくわからないスピーチを聞き、そして「今日も頑張りましょう」で〆る。

しかも連絡事項を伝えるときも、「あとなんだっけ…。それから言わなきゃいけないことがあったような…。」と、話しながら考える人の多いと、多いこと。

そんなだらだらと意味もなく話をする朝礼は時間の無駄です。

みんな仕事を持っていて忙しいのだから、必要なことだけを短時間で伝えるようにしましょう。

朝礼の意味とは

朝礼を行う理由は、挨拶・点呼(出勤者の確認)・服装の確認・必要事項の伝達、です。

会社によっては…

1.情報の確認や共有や、それらを円滑に行うためにコミュニケーションの向上を図り「作業効率」を上げるための朝礼。

2.人間的なあり方や仕事のやり方を含めた「社員教育」のための朝礼。

3.元気ややる気を引き出し、「マインドセット」を行うための朝礼。

引用:裸の社長倶楽部

…と言う理由で行うこともあるそうですね。

ほとんどの朝礼は必要ない

はっきり言って朝礼は無駄です。

会社によっては持ち回りでスピーチを行う所もあるそうですが、何が悲しくて朝っぱらから社員の面白くもないスピーチを聞かないといけないのか。

しかもスピーチのネタを事前に仕入れる必要もありますから、社員にとって大きな負担になっていることは、容易に想像できます。

大きな声を出して元気をだす「マインドセットの朝礼」も、負担にしかならないでしょう。

そんな社員に負担をかける朝礼を、何故やる必要があるのか、疑問ですね。

必要な朝礼とは

朝礼が必要なのは、工場やお店など、パート・アルバイト・派遣社員が多く、メールなどで業務連絡ができない職場です。

「LINE」で連絡すればいいと思うかもしれませんが、「LINEはプライベートで使うもの」と考えている方は多く、仕事用で利用を強制することはできません。
ましては個人の端末を仕事用に使えというのは、おかしな話ですよね。

なのでパート・アルバイト・派遣社員が多く、メールで業務連絡ができない職場では、朝礼は必須になります。

出勤者の確認もできますし、身だしなみのチェックもできます。
さらに連絡事項を全員に伝えることができ、非常に効率がいいのです。

お店であれば接客の挨拶を復唱することで、従業員の教育もできます。

朝礼で伝えることは事前にレジメを作る

朝礼が必要だと言っても、無駄に時間のかかる朝礼は嫌いです。

とくに業務連絡の内容を、朝礼の最中に「なんだっけな…?」と考える社員の人。
本当に無駄だから辞めてほしい。

業務連絡が必要なら、何を伝えるべきか事前にレジメを作るべきです。

伝達漏れが原因でクレームになることもあります。
そのため朝礼の最中に、「後は…なんだっけ…」と言う方は、仕事をなめているか、やる気のない人ですね。

業務連絡のレジメなら5分も有れば作れます。
それすらやらないなんて、社員としてあるまじきことです。

ましてや「昨日のテレビで…」とか、朝礼で雑談のネタを提供するのは、本当に時間の無駄です。

無駄な朝礼は廃止にするべき

ということで、無駄な朝礼は廃止にしましょう。
必要な朝礼でも、無駄に時間をかけることは辞めるべきです。

まず朝礼が本当に必要なのかを考えること。
そして必要だと判断したら、何を朝礼で行うのかを考えましょう。

さらに朝礼にかける時間も決めておくべきです。
個人的に朝礼は3分前後で終わることが理想。

「挨拶・点呼(出勤者の確認)・服装の確認・必要事項の伝達」で、3分以上かかるはずがありません。

無駄な朝礼を「今までやってきたから」と行っているようなら、本当に必要かどうか、見直した方がいいですよ。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談