実力を勘違いした営業がプレゼンで大失敗

実力を勘違いした営業がプレゼンで大失敗

私は営業と経営支援の仕事をしていたころ、大失敗した経験があります。

今思えば失敗するべくして失敗したと分かるのですが、当時は失敗をするとは考えていませんでした。

ここではそんな私の失敗談を紹介していきます。

私が失敗したのは就職をして2年目の新人の頃です。

上京して都内で働きだして、少し緊張の糸が緩んでいた時期です。

さらに、後輩が入ってきていたので、後輩にいいところを見せようと頑張っている時期でもありました。

2年目は社会人経験からすれば新人ですし、先輩のアドバイスがまだ必要な時期だったでしょう。

私は1年目で先輩のお陰で売上目標を達成して調子に乗っていたのです。

そんな私の2年目に入ると営業だけはなく、他の経営戦略も任されるようになりました。

仕事が兼務になったことで、私は1年目よりも多忙になったのです。

残業をしても仕事が終わらず、夜遅くまで仕事をする日々が続きました。

経営戦略は誰も手伝ってくれないので、私一人で黙々と資料を作る日々でした。

営業はまだ2年目ということもあり、先輩にも手伝ってもらって仕事を進めていました。

先輩に手伝ってもらえば、多少私が手を抜いても、仕事がスムーズに進んでいきます。

なので、つい先輩に甘えてしまいました。

それだけではなく、甘えることで仕事が上手くいっていたことから、細かいが考えられなくなっていたのです。

ある日のこと。

会議室にこもって資料を作っていると先輩から電話がありました。

私が担当していたお客さんから、問い合わせがきているというのです。

そのお客さんは後輩に引き継いで、後輩が担当しているはずでした。

しかし、お客さんは私に問い合わせをしてきていると言うのです。

疑問にも思いましたが、すぐに客先に向かった記憶があります。

担当を引き継いだ後輩はそのときいなかったので、私が一人で客先へ行くことになりました。

客先でお客さんから言われたのは、担当者を変えないと契約しないという話でした。

私が担当者に戻るのであればいいが、そうなれなければ契約を打ち切ると言われたのです。

後輩を信じて任せたのに、全然お客さんから信頼を得られていなかったようです。

とはいえ後輩を責めてもどうにもなりません。

困った私は先輩に相談をして、私が再び担当することになりました。

しかし、客先が増えると私の仕事量はもっと増えてしまいます。

経営戦略に客先のフォローなどの仕事に追われ、深夜残業や休日出勤が増えて体調を崩すようになったのです。

そんなとき、私に担当が戻ったお客さんから連絡がありました。

次の契約について話し合いたいという連絡です。

営業として考えれば、願ってもいないチャンスです。

ですが、仕事に追われる多忙な日々を過ごしていた私は、営業や成績のことなど考えられなくなっていました。

期限の迫っている経営戦略の資料を仕上げることしか、頭になかったのです。

なかなかお客さんに連絡をできずにいると、ありがたいことにお客さんから何度も連絡をもらいました。

そして、新しい契約のプレゼンと打ち合わせを行うことになったのです。

結果から言うとそのプレゼンは大失敗でした。

とにかく経営戦略を終わらせたいと考えていた私は、プレゼン資料作成の手を抜いてしまったのです。

出来上がったプレゼン資料はただ数字を並べただけのもの。

どんなに熱心に説明しても説得力がありません。

しかも数字が並んだだけの資料では、手を抜いたことが一目でわかります。

当然、客先の担当者が怒ってしまい、プレゼンの間中私のほうをにらんでいたのです。

自分が招いた結果とは言え、散々な結果にすっかり落ち込んでしまいました。

そんな私のピンチを救ってくれたのは、いつも営業を手伝ってくれる先輩です。

プレゼンに失敗したことを先輩に報告すると、すぐにお客さんに連絡を入れ、プレゼンのやり直しをお願いしたのです。

そして新しい資料は先輩が中心となって作成。

さらにプレゼン自体も先輩が行い、客先から高評価を得ることができたのです。

私の失敗で契約打ち切り寸前までいった取引先でしたが、先輩のおかげで契約を延長することができたのです。

当時の私は、調子に乗っていたのだと思います。

もちろん仕事が忙しいことによる疲れもありました。

ですが冷静に考えてみれば、忙しいことを先輩や上司に報告し、プレゼンを手伝ってもらえばよかった話です。

きっと先輩の手伝いがあったからうまくいっていた営業を、自分の力だと勘違いしていたのだと思います。

大きな取引でも私一人でできると思い込んでいたのです。

私はこのプレゼンの失敗で、チームで動くことの大切さを学びました。

きっと先輩がいなかったら、私のせいで会社に大打撃を与えていたかもしれません。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談