仕事では相手を見て話しかけるタイミングを考える

相手のことを何も考えず、自分のペースで話しかけてくる方が、意外なほど大勢いますよね。

特に年齢やキャリアを重ねた上司ほど、相手の状況を考えようとせず、一方的に用件を伝えてくる方が多いように感じます。

仕事で誰かに話しかけるときは、話しかけるタイミングを計ることが大切。

なぜなら自分のペースで話しかけると、相手の仕事の邪魔をしてしまうことがあるからです。

この記事では、なぜ相手を見て話しかけないといけないのか、その理由を紹介しています。

突然話しかけられると仕事の邪魔になる

はっきり言って突然話しかけてくる方は、仕事の邪魔でしかありません。

ぼくの場合は、よく上司が突然話しかけてきます。

ぼくが仕入れ明細の入力などの事務処理を行っていても、誰かと打ち合わせをしていてもお構いなし。

「あれどうなった」「今度飲みに行こう」などなど、好き勝手なことを話してくるのです。

自分の要件を優先して聞いてほしい、という気持ちはわかります。

特に上司であれば、部下は自分の言うことを聞くものだ、と思っているかもしれません。

ですが何か作業を行っているときに話しかけられるのは、ものすごく邪魔ですし不愉快です。

特に「すぐこれやって!」というような突然の作業指示は、「自分でやれ!」と言い返したくなるほど腹が立ちます。

仕事中である限り、だれもが何かしらの作業を行っているはずです。

だからこそ、仕事の邪魔にならないためにも、突然話しかけるのは避けるべきです。

相手が仕事でミスをする可能性が生まれる

話しかけた相手が繊細な作業を行っていたらどうでしょうか。

目を離すとケガをする可能性がある、危険な作業を行っていることもあります。

そんな方に対して、突然「この仕事のことだけど…」と話しかけたら、仕事でミスをしてしまうかもしれませんよね。

ちょっと目を離したことが原因で、大けがをしてしまう可能性もあります。

もしあなたが話しかけたことが原因で、仕事のミスやケガが起こってしまったら…。

謝っても謝り切れないほど、後悔することになるでしょう。

相手の状況を見て話しかけるのは、ミスや事故を防ぐためにも大切なことです。

今よろしいですか?と聞くことも大切

社会人のマナーとして、話しかけるときは「今よろしいですか?」と聞くように言われた方も多いはず。

ぼくも社会人になったばかりのころ、先輩や上司に話しかけるときは「今お時間よろしいでしょうか?」と、聞くように教わりました。

この「今よろしいですか?」という一言があるだけで、意外と仕事がスムーズに進むようになります。

人によっては「今よろしいですか?」と聞くと、確実に断られるから聞かないほうがいい、という方もいます。

ですが誰かと一緒に働く以上、相手の状況を確認するために「今よろしいですか?」と聞くことは、とても大切なことです。

あいても「今よろしいですか?」と聞かれれば、良いか悪いかを答えてくれます。

もし今がダメであれば、いつなら良いのかも教えてくれるでしょう。

話しかけるタイミングがわからないときは、一言「今よろしいですか?」と確認してみてください。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談