代休?振替休日?一般社員も知っておくべき休日出勤の仕組み

代休と振替休日の違い

意外と知られていない休日出勤の仕組み。

ぼくの勤め先では、先日代休取得に関する社内規定が変更になりました。

今までは休日出勤した後に代休を請求していたのですが、今後は休日出勤をする前に代休取得日を申請する、らしいのです。

代休、つまり代わりの休日を事前に申請するのなら、それは振替休日になるはず。
なのに「代休の事前申請」という形になっていることに、すこし違和感があります。

ということで、この記事では意外と知らない休日出勤の仕組みについて紹介しています。

法定休日と法定外休日

会社の休日には法定休日と法廷外休日の2種類があります。

法定休日とは…

労働基準法35条では「少なくとも週に1日以上休日を与える」ことを定めています。
法定休日は労働基準法35条に従って得られる休日のことです。

参考までに、週1日の休みを与えることが難しい場合には、就業規則に定めることで4週の間に4日以上の休日を与えても構わないという例外処置があります。)

法定外休日とは…

法定外休日とは、法定休日以外の休日のことです。

例えば週休2日制(土日休み)の会社の場合、日曜日が法定休日で土曜日が法定外休日になるケースが多いですね

法的休日は何曜日?

法定休日と法定外休日があることは分かったとしても、法定休日が何曜日なのかはわかりませんよね。

法定休日は就業規則に定められている場合は、それに従います。
定められていない場合は、1週間のうち最も後ろにある休日が法定休日になります。

そして1週間がいつから始まるのかは、就業規則に定められていればそれに従います。
定められていない場合は、労務の管理者に聞かないとわかりません。

なぜなら1週間をどうとらえるかは、日曜から土曜が1週間(歴週)とする考え方と、月曜から日曜を1週間とする考え方があるからです。

また労働者が有利になるように、休日出勤した日を法的休日にすることもできます。
(労働者が不利になるように休日出勤した日を法定外休日にするのは、違法になる可能性が高いです。)

つまり、1週間の考え方が法的に決まっていないため、会社によっていろいろなパターンがある、ということです。

もし自分の会社の法定休日を知りたいのなら、労務管理者に聞くのが一番正確です。

法定休日と法廷外休日の割増賃金

休日出勤をすると割増賃金がもらえます。
この割増賃金が意外とややこしいので、わかりやすく整理します。

労働時間が週40時間以上の場合

労働時間が週40時間以上で、法定外休日に休日出勤をする場合は、125%の賃金が支払われます。

125%の内訳

  • 100%=「1日の基本給」
  • 25%=「残業代(時間外労働の割増賃金)」

労働時間が週40時間以上で、法定休日に休日出勤をする場合は、135%の賃金が支払われます。

135%の内訳

  • 100%=「1日の基本給」
  • 35%=「休日手当(法定休日に出勤した場合の割増賃金)」

と、なります。

注意点として、割増賃金の残業代(25%)と休日手当(35%)は加算されません。
午後10時から午前5時までの深夜労働を行った場合は、深夜手当25%が加算されます。

労働時間が週40時間以内の場合

労働時間が週40時間以内で、法定外休日に休日出勤をする場合は、100%の賃金が支払われます。

100%の内訳

  • 100%=「1日の基本給」

労働時間が週40時間以内で、法定休日に休日出勤をする場合は、135%の賃金が支払われます。

135%の内訳

  • 100%=「1日の基本給」
  • 35%=「休日手当(法定休日に出勤した場合の割増賃金)」

と、なります。

注意点として、法定外休日に休日出勤をする場合は、労働時間が週40時間以内でも、週40時間を超えた時間に関しては25%の割増賃金(残業代)が支払われます。
ただし割増賃金の残業代(25%)と休日手当(35%)は加算されません。
午後10時から午前5時までの深夜労働を行った場合は、深夜手当25%が加算されます。

できるだけわかりやすく書きました。
法定休日と法定外休日で割増賃金の扱いが異なるので、結構ややこしいですよね。

代休と振替休日

では次に、代休を振替休日の違いを説明します。

  • 代休とは、休日出勤が行われた後に、ほかの労働日を休日にすること
  • 振替休日とは、休日と労働日を事前に交換すること

つまり代休と振替休日の違いは、休日出勤の代わりの休みを、事前に決めるのか事後に決めるのかの違いです。

なーんだそんなことか。

と、思うかもしれませんが、代休をとるか振替休日をとるかによって、割増賃金の扱いが変わってくるんですよ。

参考:厚生労働省「振替休日と代休の違いは何か

代休と振替休日で割増賃金の取り扱いが異なる

代休と振替休日がややこしく感じるのは、割増賃金の扱いが異なるからです。

まずは代休の場合。
代休は休日出勤を行った後に休日を取得するため、割増賃金が支払われます。

法定外休日に休日出勤を行い、後日代休を取得した場合は、割増賃金である35%(休日手当)が支払われる、ということです。

次に振替休日の場合。
振替休日の場合は、事前に休日と労働日を好感しているため、割増賃金が支払われません。

つまり法定休日に休日出勤をしたとしても、事前に振替休日を設定していれば、割増賃金である35%(休日手当)は支払われない、ということです。

25%(残業代)の扱いはどうなるのか

ここで疑問に思うのが、25%の残業代の扱いですよね。

25%の割増賃金(残業代)は、週40時間以上の労働を行った場合に支払われます。
なので、代休や振替休日を取得したとしても、その週の労働時間が40時間を超えていれば、25%の割増賃金(残業代)が支払われるのです。

ではなぜ法定外休日の休日出勤なのに、代休や振替休日を取得させるのでしょうか。

法定外休日の休日出勤で代休を取得させる理由

上で説明したように、週40時間以上働いた方が法定外休日に休日出勤を行う場合は、125%の賃金を支払わないといけません。

ですが、代休や振替休日を取得させることで、100%(1日分の基本給)を支払わなくてよくなるのです。

つまり代休を取得しない場合は、休日出勤分(1日分の基本給)+残業代(25%)を支払わないといけません。
ですが代休を取得すれば、残業代(25%)だけになるのです。

なので、会社は休日出勤をした社員に対して、できるだけ代休や振替休日を取得するように言ってくるわけです。

最後に

休日出勤による割増賃金の扱いについて説明しました。

はっきり言ってややこしいですよね。

法定休日と法定外休日で割増賃金の考え方が異なりますし、代休か振替休日かでも、割増賃金の扱いが異なります。

でもややこしいからと言って会社任せにするのではなく、最低限の仕組みは理解しておくべきです。

知っているだけで得することもありますから。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談