「知らないことはできない」という当たり前のこと

「知らないことはできない」という当たり前のこと

「知らない」ことは「できない」、これは当たり前のことです。

ご飯の炊き方やカレーの作り方、漢字の書き方や数字の計算方法。
どれをとっても、やり方を知らなければできませんよね。

だからこそ、学校で漢字や計算を教わり、家庭で料理のやり方を教わります。

もちろん仕事も例外ではありません。

営業や見積もりの方法、業界ごとの習慣などは、自ら勉強するか教わらないとできないものです。

「知らない」と何がわからないのかもわからない

人に何かを教えるときによくある言葉が、「わからないことは聞いてください」というもの。

でも「わからないことを聞け」と言われても、知らない人には無理な話です。

何しろ「知らないこと」を教わっているわけですから、何がわからないのかも「わからない」のです。

知っている人からすれば「わからないこと」がわかる。

だから「わからないことは聞け」と言えるのですが、「知らない人」には「わからない」。

このことを教える側が理解しておかないと、教わる側が覚えるまでに長い時間が必要になります。

「当たり前」だと考えて教え忘れる

そしてありがちなのが、「私は知っているから相手も知っているはずだ」とい考え方。

例えば仕事を教えるケースでは、社内や業界での常識が「知っていて当然」の知識になります。

ぼくが経験した例では、「この会社では製品にメッキを行うことが当たり前」という考え方でした。

みんなが当たり前だと思っていることですから、誰も教えてくれません。
さらに製品を作るときに使用する図面にも、「メッキを行う」とは書いてないのです。

ぼくは図面正で制作していいと言われていますから、図面の仕様通りに製品を発注します。

ところが…。

納品された製品にはメッキをかけていません。
当然社内で大騒ぎになり、厳重注意を受けたことがあります。

図面に記載されていない仕様で、「社内の常識から外れた」からダメだ! と、言われたのです。

もちろん「図面正なのに、記載されていない仕様で注意するのはおかしい」と反論しました。

ぼくに仕事を教える人も、「社内の常識を知っていて当たり前のこと」だと考えていたため、教えることを忘れてしまったのです。

「知らない」ことを知るにはどうすればいいのか

「知らない」ことを知る方法はいくつかあります。

1つは常に知ろうとすること。

いまはインターネットでほとんどのことが調べられます。

スマホを持っていれば、場所に縛られることなく調べることができるのです。

なので、疑問に思ったことはその場で調べるようにしましょう。

調べれば調べるほどあなたの知識が増えていき、知らないことが減っていくはずです。

もう1つは失敗を繰り返して学ぶこと。

例えば「社内の常識」のような特定の分野でしか通用しない知識は、インターネットで調べても載っていませんし、本にも書いてありません。

「誰かに聞く」としても、自分が何を知らないのかわかっていないと、聞くことはできませんよね。

親切な先輩や同僚が教えてくれればいいのですが、そんな気の利く方はめったにいません。

結局特定の分野で常識と言われている知識は、失敗して学ぶしか方法がないのです。

「知らないことはできない」という当たり前のこと

と、いうことで、「知らないことはできない」のは、当たり前のことです。

何しろ「知らない」わけですから、やり方も当然「知らない」のです。

そんな「知らないこと」をやろうと思っても、できるはずがありません。

<余談>

ちなみに「できないのは知ろうとしないから」と言われるのは、「こうしたい」あるいは「こうなりたい」というゴールがあるケースです。

ゴールが決まっている状態で「知らないからできない」というのは単なる甘えでしかありませんよね。