同一労働同一賃金で40代以上の転職はますます厳しくなる

同一労働同一賃金で40代以上の転職はますます厳しくなる

2020年4月から施行される同一労働同一賃金で、40代以上の転職はますます厳しくなることが予想されます。

なぜ40代以上の転職が厳しくなるのか。

その理由は…

  • 同一労働同一賃金は正社員と非正社員の待遇格差をなくすもの
  • 40代以上は人件費が高い
  • 給与を下げることが今の法律では難しい

…からです。

とくに「専門的なスキル」「マネジメント能力」「柔軟性」など、会社が求める能力を身に着けていない40代は、転職先を見つけることが困難になる可能性があります。

ということで、この記事では同一労働同一賃金でなぜ40代以上の転職が厳しくなるのか、その理由について紹介しています。

先に言っておきますが、ぼくの個人的な意見です。

同一労働同一賃金は人件費を引き上げる

同一労働同一賃金とは、責任の重さや仕事の内容が同じなら、非正社員や正社員のくくりに関係なく、同額の賃金にしよう、というもの。

同一の賃金にする方法は2つ。
正社員と同じ金額まで、非正社員の賃金を上げるか、非正社員と同じ金額まで、正社員の賃金を下げるか、です。

ですが現在の法律では、給与を減額することはまずできません。

となると、同一労働同一賃金を行うには、非正社員の賃金を引き上げるしかないのです。

人件費の引き上げに耐えられる企業は少ない

さて同一労働同一賃金が施行されれば、非正社員の賃金を正社員と同等まで上げるしかなくなります。

ここで問題になるのが、年功序列と呼ばれる制度。
つまり、年齢が増えれば自動的に給与が上がっていくシステムが、大きな問題になります。

なぜなら同じ年齢でも仕事のできる人とできない人がいるから。
そしてその人の能力にかかわらず、年齢によって一定の金額が保証されているからです。

ということは、年功序列で給与が増えてきた方を大勢雇っていると、同一労働同一賃金で人件費が大幅に増えることになります。

はっきり言って大幅な人件費の引き上げに耐えられる企業は、ほとんどないはずです。

仮に耐えられる企業があったとしても、無駄な人件費は問題が起こる前に減らそうとします。

早期退職という名のリストラが始まっている

では同一労働同一賃金で予想される、人件費の上昇を抑えるにはどうすればいいのか。

簡単です。
大した仕事もしていないくせに賃金ばかり高くなっている中高年に、仕事を辞めてもらえばいいのです。

とは言え、いきなり解雇するわけにはいきません。
法律もありますし、大量にリストラを行えば、社員の士気にもかかわってきます。

ということで、最近頻繁にニュースになっているのが「早期退職者の募集」です。

こちらの記事「早期退職や希望退職募った企業急増 黒字企業も人員削減の動き」を見てもらうとわかりますが、赤字の企業だけではなく、業績の良い企業も早期退職者を募集しています。

これはつまり、同一労働同一賃金による人件費の上昇を見越し、事前に無駄に給与の高い高齢者を切り捨てていると考えられます。

非正社員の賃金を引き上げる40代は求められていない

ストレートに言うのなら、人件費だけ高く能力が低い40代以上の人材は、企業から求められていないということ。

逆に言えば同一労働同一賃金を一つの節目として、企業としての若返りを目指しているとも言えます。

そしてはっきり言えることは、これからは年齢だけで基本給が高くなることはない、ということ。

年齢で基本給を高くしてしまえば、非正社員の賃金も高くしないといけなくなりますよね。

賃金が高くなれば企業の負担も増えますから、年齢だけで基本給が高くならないのは、ある意味自然な流れだといえます。

つまり、基本給だけが高い40代は求められていない、ということです。

能力がない40代の転職はかなり難しくなる

ということで、同一労働同一賃金が施行されることにより、能力のない40代の転職はかなり難しくなります。

理由は簡単。
非正社員に「あの人と同じレベルの仕事をやっている」と言われては、会社が困るからです。

もっと言えば、能力のない40代は正社員に転職することが難しくなり、非正社員にしかなれなくなる可能性さえあります。

中小企業は2021年から適用

参考までに中小企業に同一労働同一賃金が適用されるのは、2021年の4月からです。

罰則規定がない(2020年1月現在)ため、適用されても実施する企業は少ないかもしれません。

ですが様々な企業が早期退職者を募集し、人員のスリム化を図っている現状を見ると、とても他人事には思えないのです。

少なくとも、人件費の高い40代以上の転職は、より厳しくなると考えておいたほうがいいでしょうね。

最後に

そうでなくても40代の転職は厳しいのに、同一労働同一賃金の施工により、さらに厳しくなりそうです。

関連記事:40代の転職は想像以上に厳しい!できれば仕事は辞めない方がいい

自分のスキルや経験に自信が持てない方は、今の会社で働き続けることをお勧めします。

そして転職したいと思った時には、やめる前に自分を求める会社があるのかどうか、プロに相談してから行動に移してください。

勢いだけで仕事を辞めてしまうと、取り返しがつかなくなる可能性がありますよ。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談