貯金のメリット2つと貯金するために大切こと

貯金のメリット2つと貯金するために大切こと

年齢に関係なく貯金は絶対にしたほうがいい!

ぼくは40代になって、改めて貯金の大切さを痛感しています。

というのもぼくは浪費家なので、貯金なんてしたことがないのです。
ただありがたいことに、妻が倹約家だったので、少なからず貯金があります。

そしてぼくのわがままで転職したとき、子供の進学などなど、様々な場面で妻の貯金に助けられてきたのです。

ということで、浪費家のぼくがいうものなんですが、貯金のメリットと貯金をするために大切なことを紹介します。

貯金のメリット2つ

まずは貯金をするメリットから。

安心感が得られる

妻が貯金をしてくれたことで、一番大きかったのが「安心感がある」こと。

例えば突然仕事がなくなったとき。
貯金が1円もなければ、生活に困ってしまいますよね。

家賃だけではなく、水道光熱費に食費など、普通に生活するだけでも結構な額のお金が必要なものです。

ほかにも、突然大きな病気にかかった時の医療費、冠婚葬祭に必要なお金、車の維持費、子供の進学などなど、突然お金が必要になるシーンは意外と多い。

だからこそ、貯金があるとすごく安心できるのです。

万が一のことがあってもしばらくは生活できる。

そういった安心感を得られることが、貯金のメリットになります。

運用して稼ぐことができる

もう一つのメリットは、貯金を運用することで稼ぐことができること。

日本は資本主義なので、「お金(資本)」が多いほど、お金を稼ぎやすくなります。

株や土地、建物などに投資をして、お金がお金を生む環境を作ることもできるでしょう。

お金がお金を生む環境を作れれば、サラリーマンを辞めることだってできるのです。

ただお金を運用するためには、ある程度まとまった金額が必要。

だからこそ、運用してお金を稼ぐことは、貯金のメリットになります。

貯金をするために大切なこと

貯金のメリットが分かったとしても、少ない給与の中から貯金することは、結構大変ですよね。

ここでは、家族4人手取り20万円でも毎月コツコツと貯金してきた妻に聞いた、貯金をするために大切なことを紹介します。

貯金をすると決意する

貯金をするために大切なことは、「毎月貯金をする」と決意すること。

給与が多い少ないではなく、まずは「絶対に貯金する」という気持ちが大切です。

「絶対に貯金をする」と決意すれば、貯金するためにどう支出を抑えようか考えるようになります。

支出を抑えることに気持ちが向けば、自然と貯金ができるようになるのです。

節約する

給与が少ないのであれば、節約して貯金するためのお金をねん出してください。

妻が行っていた節約の方法は…

  • お金の使い道を決めておく
  • コンビニにはいかない
  • 家計簿をつける
  • 洋服はリサイクルで買う
  • 水道を出しっぱなしにしない
  • 電気をこまめに消す
  • 食材は冷凍する

…でした。

お金の使い道を決めておく

給料日にその月に使うお金を決めておきます。

例えば、家賃はいくら、食費はいくら、娯楽はいくら、といった具合です。

そして使うお金をビニール袋で小分けにしておきます。

最初にお金を分けておくことで、使い過ぎを防ぐことができるのです。

コンビニにはいかない

はっきり言ってコンビニは高い。

コンビニで買い物をすればするほど、無駄なお金を払うことになります。

なのでコンビニにはいきません。

家計簿をつける

お金の使い道を把握するために、家計簿は必須。

たとえ100円でも、入ってきたお金と使ったお金は、すべて家計簿につけましょう。

洋服は安売りかリサイクル

自分の着る服は安売りかリサイクルでしか買いません。

子供が着る服も、小学生の間はリサイクルがほとんどでした。
なぜならあっという間に成長するから。

安売りやリサイクルを利用すれば、かなりのお金を節約することができます。

水道・電気を使いすぎない

水道と電気を使いすぎないのは、節約の基本です。

ただ妻はトイレの水をけちることもあり、ちょっとやりすぎでしたが…。

とはいえ節約すれば、その分お金に余裕はできます。

食材は冷凍する

我が家では食材を1週間ごとにまとめ買いし、賞味期限が近い肉や魚は冷凍しておきます。

冷凍しておくと意外と長持ちするもので、1週間以内であれば普通に食べられるのです。

よく賞味期限ぎりぎりで安くなった肉などを買い、冷凍保存することで、食費を抑えることができるんですよね。

1週間以内で使い切るようにしていますが、誰も体調を崩したことはありません。

最後に

貯金はマジで大切です。

20代から貯金と運用をうまく行っていけば、40代で脱サラリーマンも夢ではないのです。

正直な話浪費家だった自分が情けなく思えるくらい、貯金は大切だと気が付きました。

だからこそ、今20代の方はぜひ貯金をして、そして運用してお金を稼いでほしい。

そんな思いを込めてこの記事を書いています。

たとえ給与が少なくても、少しずつ貯金をしていくと、未来が変わってきますよ。