転職年齢限界説の真実。転職は需要と供給で決まる

転職年齢限界説の真実。転職は需要と供給で決まる

  • 転職の限界は何歳なのか知りたい?
  • 年齢で転職が厳しくなるのはなぜ?
  • 転職で成功する方法はあるの?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いているぼくは今までに転職を4回行い、年収800万円までたどり着きました。

30代、40代でも転職を経験していますので、「35歳の壁」のような転職年齢限界説も身をもって体験しています。

そんな実体験を踏まえ、「転職の限界だといわれる年齢」「なぜ年齢とともに転職が厳しくなるのか」「転職で成功するために大切なこと」を紹介しています。

5分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

転職に年齢は関係ない

答えを先に書いてしまえば、転職に年齢は関係ありません。

ぼくは40代で転職に成功しています。
ぼくの友人は50代で転職に成功しましたし、前職の上司も50代で部長として転職してきました。

つまり、転職に年齢は関係ありません。

転職年齢限界説とは

転職年齢限界説は、考えが甘い転職者への戒めです。

なぜなら転職年齢限界説で言われる35歳や40歳などは、年相応のスキルがないと転職が厳しくなる年齢。

35歳以上になれば、未経験の転職はほぼ不可能になります。
40歳を超えれば、年相応のスキルや経験がないと、転職できません。

つまり転職年齢限界説は、考え方の甘い人が転職に踏み切らないように、戒めるためのもの。

ではなぜ、年齢とともに転職は厳しくなっていくのでしょうか。

年齢で転職が厳しくなる理由

年齢で転職が厳しくなるのは…

  • 転職は需要と供給で成り立っている
  • 年相応のスキルや経験が求められる

…からです。

転職は需要と供給で成り立っている

転職は「転職市場」と呼ばれることからもわかるように、需要と供給で成り立っています。

例えば同じ未経験者でも、年齢によって次のように需要は変化していきます。

  • 20代未経験者:需要が多い
  • 30代未経験者:需要が少ない
  • 40代未経験者:需要はほぼない

これは「未経験者」を「資格」や「経験」に変えても同じです。

つまり転職が年齢で厳しくなるのは、転職市場での需要が減っていくからです。

年相応のスキルが求められる

年齢を重ねれば、当然求められるスキルや経験のレベルも上がっていきます。

例えば何かの資格を持っている場合でも、求められるスキルや経験は次のように変化していきます。

  • 20代:資格
  • 30代:資格+実務経験
  • 40代:資格+実務経験+マネジメント経験

実際はこんなに単純な話ではなく、年齢とともに求められるスキルや経験には、もっと多くなっていきます。

つまり年齢を重ねると、求められるスキルや経験のレベルも上がっていきます。

年とともに需要は減っていく

残念な話ですが、必要なスキルや経験を身に着けていたとしても、需要は年齢とともに減っていきます。

40代ではマネジメントスキルが必要だと書きました。
ですがマネジメントスキルが求められる「役職」は、それほど多くありません。

なぜなら役職は上に上がるほど数が減っていくから。
係長より課長のほうが、課長より部長のほうが人数は少なくなりますよね。

つまり年齢を重ねるほど「年相応のスキルや経験」を求められますが、実際に「年相応のスキルや経験」を必要とする仕事は数が少ないのです。

なので年とともに需要は減っていきます。

年齢で転職が厳しくなるのは仕方がない

まとめると、年齢で転職が厳しくなるのは仕方がないことなのです。

需要は年とともに減っていきます。

  • 20代:需要が大きい
  • 30代:需要が小さい
  • 40代:需要がほぼない

ですが求められるスキルや経験は高度になってきます。

  • 20代:未経験でもいい
  • 30代:実務経験+実績
  • 40代:実務経験+実績+マネジメント能力

つまり年齢が上がると「需要はほぼない」のに「難易度は高い」という状況になるのです。

だから年齢で転職は厳しくなってきます。

転職で成功するために大切なこと

転職で成功するために大切なのは次の4つ。

  • 転職の目的を明確にする
  • 需要を調査する
  • 自分を高く売る方法を考える
  • より多くの求人を見る

ひとつずつ説明します。

転職の目的を明確にする

まず大切なのは転職の目的を明確にすること。

目的のない転職だと、転職できたとしても、成功したかどうかの判断がつきません。

それに、目的のない転職で公開したら、転職した意味がなくなってしまいますよね。

だからこそ、転職の目的を明確にすることが大切です。

需要を調査する

上で紹介したように、転職は需要と供給で成り立っています。

なので転職市場での、あなたの価値(需要)を確認することはすごく大切です。

調べる方法は簡単。
転職サイトやハローワークの求人で、あなたのスキルや経験に合致する求人がどのくらいあるのかを調べるだけ。

あるいは転職エージェントに登録して、紹介される求人の数を確認してもいいですよね。

需要が多ければその分転職しやすくなります。

だからこそ、転職市場での自分の需要を確認することは、すごく大切です。

自分を高く売る方法を考える

転職では、いかに自分を高く売り込むかがすごく大切。

高く売り込むことができれば、相手から「来てほしい」と言わせることもできます。
給与交渉も行いやすくなるでしょう。

ではどうやって自分を高く売り込むのか。

職務経歴書をきちんとつくる

自分を高く売り込むためには、職務経歴書をきちんと作ることが大切。

今までに身に着けたスキルや資格、経験したこと、失敗から学んだことなど。
職業の経歴を時系列で前ぐ書き出してください。

「面倒くさい」と思うかもしれませんが、転職で職務経歴書ほど大切な書類はありません。

なぜなら職務経歴書を作りこむことで、自分でも気が付かなかった長所や短所に気が付けるからです。

自分を高く売り込むには、職務経歴をきちんと作ることが大切です。

応募先に合わせて作戦を考える

職務経歴書をもとに、応募先に応じて売り込み方を変えていきます。

例えば「購買」なら、原価低減の実績や値段交渉などの経験が有利に働きそうだ、とか。

営業なら新規開拓の経験や実績、現在の人脈をアピールしたほうがいいかな、などです。

経歴がはっきりしていれば、売り込み方も臨機応変に変えることができます。

応募先が求める人材像に近づくことができれば、当然採用されやすくなるものです。

より多くの求人を見る

最後に大切なことは、より多くの求人を見ること。

転職は需要と供給だけではなく、企業と求職者のマッチングの場でもあります。

マッチングの場で大切なのは、より多く出会うこと。
より多く出会うことができれば、よりマッチした求人を見つけやすくなります。

だからこそ、より多くの求人を見ることが大切です。

多くの求人を見るには転職エージェントを利用する

より多くの求人を見るには、転職エージェントの利用が最適。

なぜなら転職エージェントでは、あなたの経歴にマッチした求人を紹介してくれるからです。

やみくもに多くの求人を見ても、あなたの経歴にマッチしていなければ、何の意味もありませんよね。

だからこそ、経歴をもとに求人を紹介してくれる、転職エージェントの利用が最適なのです。

大手転職エージェントを利用する

より多くの求人を紹介してもらうには、取扱求人数の多いリクルートエージェントを利用してください。

なぜなら一般的な転職エージェントの取り扱い求人数が1万~3万件なのに対し、リクルートエージェントは30万件以上と、ダントツで多いからです、

もちろん転職のサポート経験も豊富。

求人数が多ければ、それだけあなたにマッチした求人と出会いやすくなります。

もしほかの転職エージェントを利用するとしても、リクルートエージェントだけは必ず利用してください。

リクルートエージェント

最後に

今回は以上です。

転職年齢限界説は都市伝説のようなもの。

結局は年相応のスキルや経験を身に着けていないと、年齢に関係なく転職は厳しくなります。

もし転職したいのなら、自分のスキルや経験をもとに、転職市場での価値を調べることが大切。

転職市場で価値があれば、年齢に関係なく転職で成功することができます。