部下を成長させる仕事の任せ方

部下に仕事を任せる

部下に仕事を任せることが苦手、という上司は意外と多いようです。

ぼくが今まで出会った上司の中にも、部下に仕事を任せられない人がたくさんいました。

なぜ、部下に仕事を任せられないのか。

その理由は大きく3つあります。

  • 部下の能力がわからない
  • 部下と信頼関係ができていない
  • 上司が保身に走っている

ただ仕事を任せるために部下の能力を把握したり、信頼関係をこれから築くとなれば時間がかかります。

そこでこの記事では、どうやれば部下に仕事を任せやすくなるのか、その方法について紹介します。

やってほしいことを明確に伝える

部下に仕事を任せるときは、何をしてほしいのかを明確に伝えます。

伝える内容は次の4 つ。

  • その仕事の目的
  • 仕事を終わらせる期間
  • 望む結果(ゴール)
  • なぜその仕事を任せるのか
  • 定期的な報告

まずその仕事の目的は必ず伝えてください。
何のためにやるのかがわからなければ、部下は自分で判断できなくなります。

次に必ずその仕事を行う期間を決めること。
期間が決まっていなければ、だらだらと続いてしまい、そのうちやらなくなります。

その仕事で上司が望む結果(ゴール)についても話をしてください。
またゴールにたどり着けるのなら、やり方は問わないことも伝えます。

そして部下のどの部分を評価して仕事を任せるのか、理由も話してください。
仕事を任せた理由を伝えることで、部下のやる気を引き出すことができます。

最後に期間を決めて報告するように伝えてください。
部下に任せるといっても、放置はだめです。

上司は部下のサポートに徹する

部下に仕事を任せるときに大切なのは、上司はサポートに徹すること。

間違っても途中で口出ししてはいけません。
もちろん手を出すのもダメです。

途中で改良を求めるのも、あとから注文を付けるのもダメです。

任せた以上は部下にすべてをやってもらうことが大切。

上司がやるべきなのは、部下が働きやすくなるように、サポートすることです。

全員の前で任せたことを伝える

部下に責任感を持たせたいのなら、関係者の前で「この仕事のリーダーは○○さんに任せた」と、発表することが効果的。

関係者も誰がリーダーか理解できますし、仕事を任された部下にも緊張感を持たせることができます。

さらに事前にみんなの前で伝えることを話しておき、意気込みを発表してもらうなどしてもいいでしょう。

みんなの前で発表することで、部下はより頑張ろうと思ってくれるものです。

定期的に進捗を確認する

部下からの報告を待つのではなく、自分から進捗を確認することも大切。

ただし、余計な口は出さないこと。

あくまでも進捗を確認するだけにして下さい。
そして困ったことがあったら、いつでも相談に乗ることを伝えておきます。

部下にしてみれば、困ったら助けてもらえると思うだけで、安心感が得られるものです。

そして声をかけることで、仕事を見てもらえていると思ってもらえます。

大切なのは「余計なことは言わない」「余計な手出しはしない」です。

あくまでも、今どんな状態なのかを確認し、励ます程度にしてください。

仕事を任せることで部下は成長する

実際に仕事を任された人を何人も見ていますが、みんな前向きに仕事に取り組んでいます。

というのも、仕事を任せた上司の対応が素晴らしく、サポートに徹しているからです。

仕事を任せると、部下は成長します。

自分で考える力や責任感が身に付き、より大きな成果を上げてくれるものです。

部下の成長を望むなら、積極的に仕事を任せるべきです。

責任の薄い仕事を任せてもいい

部下に任せる仕事は、何も売り上げや利益に直結するものだけ、とは限りません。

例えば事務所や現場をきれいに保つために、5S活動のリーダーを任せることもできます。

挨拶を徹底するために、あいさつのリーダーを任せてもいいでしょう。

現場の導線を考え、配置換えを仕切るリーダーを任せる、ということもできます。

考えれば様々な形で仕事を任せることはできるものです。

「部下の能力がよくわからない」

そう思うのなら、まずは社内改善のリーダーを任せてみてはいかがでしょうか。

最後に

仕事を任せることで、部下は大きく成長します。

担当者の時は頼りなかった部下も、リーダーを任せた途端に力を発揮する、なんて話もたくさんあるものです。

仕事を任されると、信頼されていると感じます。

その信頼が「下手な仕事はできない」という思いに代わり、そして部下の成長につながるのです。

なので「不安だから任せられない」ではなく、「不安だから成長してもらうために任せる」ことが大切。

よっぽどダメな人でない限り、仕事を任せることで成長するものです。




本当に向ている仕事の見つけ方

向いている仕事の見つけ方
  • この仕事に本当に向いているのか
  • もっと活躍できる仕事があるはず
  • もっと給与が高い仕事ができるはず
  • 自分の才能を教えてほしい
  • 適職さえわかればすぐに辞めるのに!

そんな悩みを持っている方向けに

自分の才能を知って、向いている仕事を見つける方法

を紹介!

向いている仕事を見つける