新卒2年目で退職しても問題なし!仕事がいやなら逃げてもいい

ぼくは今までに4回転職しています。

4回も転職すれば、転職で不利になりますし、下手をすればまともな仕事にも付けなくなる、と言われていますよね。

ですがぼくは今、購買としてちゃんと働いています。

家も持ち家ですし、借金は家のローンだけ。
子供も大学まで進学させていますし、少なからず貯金もあります。

その経験から言えることは、新卒2年目で退職しても何の問題もない!ということ。

むしろ20代で退職をためらうと、人生がつまらなくなるかもしれませんよ。

新卒2年目で退職しても問題なし!

新卒で入社しても3割は3年以内に退職します。
ちなみに令和元年は、3年以内の離職率が4割(39.7%)です。

つまり新卒で会社を退職するのはよくある話だということ。

あまり難しく考えすぎると、逆に行動しづらくなります。

考えるべきこと

退職を難しく考える必要はありません。

ですが最低限のことは考えておくべきです。

給与は十分もらえているか

まず大切なのは給与のこと。

十分な給与がもらえていて、毎年昇給もしているのなら、勤め続けたほうが稼げるようになります。

というのも、転職すると給与は下がるのが普通だからです。

もし残業代が出ないとか、同業他社と比べて給与が安いのなら、話は別。

働くほどあなたが損をしますから、早めに退職しましょう。

経験やスキルが得られるか

給与とは別に、経験やスキルが得られるかどうかも大切なポイント。

仮に給与が少なくても、役立つ経験やスキルが身につくのなら、続ける価値は十分にあります。

なぜなら身に着けた経験やスキルを活かして、今より待遇の良い会社へ転職することもできるからです。

もし給与も安い、経験もスキルも身につかないのなら、働くだけ時間の無駄です。

さっさと見切りをつけて、ほかの仕事を探しましょう。

会社を退職しても何とかなる

ぼくが初めて会社を退職した理由は、「もっと仕事ができるはずだ!」という根拠のない自信があったからです。

そして勢いだけで退職しました。

その結果、人間関係などで結構苦労しましたし、悩んだこともあります。

ですが不思議と仕事が見つからない、ということはなかったですね。

順風満帆とは言えませんが、思っている以上に普通の生活ができている、という感じです。

なので、新卒2年目で退職しても大丈夫!

若さがあれば仕事はいくらでも見つけられます。

会社を退職しても、意外と何とかなるものです。

新卒2年目で退職したい人に伝えたいこと

ぼくが初めて退職したとき、すでに結構していて子供もいました。

なので新卒2年目で、独身で退職できる人が結構うらやましかったりもします。

そこで独身で退職できる方へ、「ぼくが独身だったら」という想いを書きます。

すぐに転職する必要はない

退職しても、すぐに転職する必要はありません。

ブランクがあれば転職で不利になるのは確かです。

ですが若ければ、そこまで大きな問題になる話でもないのです。

生活に困らないのであれば、少しゆっくりしてもいい。

旅行にでも行って、気持ちをリフレッシュしてください。

先のことを考える

無理に転職すると、やりたくもない仕事をやることになります。

なので気持をリフレッシュしている間に、この先どうするのかを考えてください。

  • フリーランスにある
  • 転職する
  • 資格を取る

おっさんみたいな言い方をするなら、「若ければ何でもできる」です。

「働きたくないなぁ」と思うのなら、楽しめることで稼ぐ方法を考えてもいい。

ゆっくりと先のことを考える時間も大切です。

貯金はするべき

ものすごく個人的な意見ですが、貯金はしておきましょう。

日本は資本主義の国です。
資本主義ではお金を持っている人ほど、生活が豊かになります。

ぼくが若いころを思い出したとき、激しく後悔していることが貯金をしなかったことです。

なので、貯金は絶対にしてほしい。

ある程度の貯金があれば、運用してさらに稼ぐことができます。
参考までに20代から貯金と運用を正しく行えば、40代でセミリタイアできるほど稼げます。

退職する人にこんなことを言うのはおかしいかもしれません。

ですがこの先何をするにしても、貯金は絶対にしておくべきです。

チャレンジしやすいのは若い時だけ

30代になれば退職をためらうようになります。

40代になれば、仕事がどんなにつらくても、退職できなくなります。

なぜなら年齢が上がるにつれて、求人の数が極端に少なくなるからです。

逆に言えば、20代で退職してもどうにでもなる、ということ。

そしてやりたいことにリスクを取ってチャレンジできるのは、若いうちだけだです。

新卒2年目で退職しても何とかなります。

言い方は悪いかもしれませんが、若いうちの退職は大した決断じゃないのです。

退職を考えると、将来への不安を感じるかもしれません。

ですがもしやりたいことがあるのなら、思い切ってチャレンジしてください。

思い切ったチャレンジができるのは、若いうちだけですから。

行動あるのみ!

退職を決めたなら、それに向かって行動しましょう。

もし迷っているのなら、思いついたことをやってみてください。

例えば転職エージェントに登録するとか、資格の勉強を始めるとか。

起こす行動は何でもOKです。

何も考えずにダラダラと今の仕事を続けるよりは、何か行動を起こしたほうが大分マシです。

ちなみに転職エージェントに登録するなら、リクルートエージェントがおすすめ。

ということでこの記事は以上です。

会社を退職して苦労したことも、時間が経てばいい思い出です。

深く考えて足踏みするよりは、ぜひ思い切って行動してみてください。