40代の転職はなんとかなるが一番危ない

実は「40代の転職が厳しいのはわかっている。でもなんとなるでしょ」という考えが一番危ない!

「厳しいのはわかっている」という人も大勢いますが、実際にその厳しさを味わった人はいません。

なぜなら厳しいことが本当に理解できていれば、「なんとかなる」とは思わないからです。

はっきり言いますが、40代で次を見つけずに退職すると間違いなく地獄を見ます。

世の中を見てください。
多くの会社が40代以上を対象とした早期退職者を募集していますよね。

ハローワークの相談員も、「40代を求める会社はほとんどない」と言い切るほどです。

それほど40代という年齢は、会社から必要とされていません。

つまり40代の転職は、「何とかなるさ」でなんとかできるほど、甘くはない! ということです。

40代を求める会社はないという現実

何度でも言います。

40代を求める会社は、ほとんどありません。

いや、下手をすると全くないといっていいほどです。

年齢がネックになる

ネット上には「40代はマネジメント能力が必須」とか、「40代でも謙虚さが大切」とか言われ、40代でも転職で成功できそうな雰囲気が出ています。

ですが現実は全然違います。

少なくとも、普通の学歴で普通に就職して、普通に過ごしてきた40代を求める企業はありません。

つまり40代というだけで、転職に大きな壁ができるのです。

スキルや経験は関係ない

そして40代が身に着けたスキルや経験は、ほぼ重視されません。

なぜならもっと若い年代を教育したほうが、将来性もあるし吸収力も高い。
そして今いる40代よりも、大きく飛躍する可能性があるからです。

「これまで培ったキャリア?なにそれ?」

と馬鹿にされているんじゃないかと思うほど、スキルや経験は関係なく、年齢だけで判断されます。

マネジメント能力があっても厳しい

もっと言えば、マネジメント能力があっても関係ないのが現実です。

ピンポイントで中間管理職を求めている求人なら話は別。
ですが、そんな求人はほとんどありません。

なぜないのかって、40代以降の転職が厳しいことをみんな知っているからですよ。

つまりマネジメント能力があっても、それに合致する求人が少ない。

しかもマネジメント能力は、規模や業界によって必要とされる能力が異なります。

そのうえ40代以上を対象としている求人が少なく、さらにマネジメント能力を求める求人はもっと少ない。

つまり、マネジメント能力があっ多としても、40代の転職は厳しいのです。

辞めるなら次を見つけてから

そんな厳しい現実を踏まえた上で、それでも転職したいと思うのなら、次を見つけてから退職しましょう。

勢いだけで辞めてはいけない

絶対にやってはいけないことは、勢いだけで退職すること。

勢いだけで成功できるのは、30代前半までです。

30代後半になると取り戻すことが難しくなり、40代に入るとほぼ不可能になります。

なのでどんなに会社が嫌いでも、どんなに仕事で腹が立ったとしても、どんなに理不尽な扱いを受けたとしても、40代は勢いで仕事を辞めてはいけません。

勢いで仕事を辞めた先に待っているのは、次の仕事が見つからないという地獄です。

幸いなことに日本は労働者を手厚く守る法律があります。

なので、自分や家族のことを大切に思うのなら、絶対に勢いだけで辞めてはいけません。

すべてのサービスを利用する

もし腹に据えかねることがあって、どうしても仕事を辞めたいのなら、次の仕事を見つけてからやめましょう。

そのためには、利用できるサービスはすべて利用するべきです。

ハローワーク、転職サイト、転職エージェントだけではなく、知人親戚友人親兄弟、取引先や関係者、フィナンシャルプランナーや求人雑誌など、すべてです。

そのくらいの覚悟がないと40代の転職は成功しづらい。

これは40代で転職したぼくだから、普通に過ごしてきた普通の人が転職する現実を、身をもって知ったからこそ言える、まぎれもない現実です。

最低限利用するべき転職エージェント

ということで最低限利用するべき転職エージェントは、リクルートエージェントです。

なぜならリクルートエージェントは、企業からの信頼も厚く、そして取り扱い求人数もダントツに多い、業界最大手の転職エージェントだから。

そして地方の求人も豊富に取り扱っているからです。

はっきり言いますが、転職エージェントのサポートには、担当者による当たり外れがあります。
そういう意味ではどの転職エージェントを選んでも一緒。

ですが唯一当たり外れがないのが、取り扱い求人数の数であり、転職の成否に関係するのも、取り扱い求人数の数です。

そんな意味でいえば、取り扱い求人数がダントツで多いリクルートエージェントは、唯一おすすめできる転職エージェントなのです。

リクルートエージェント

最後に

短い文章の中にぼくの思いを詰め込みました。

内容をまとめると…

  • 40代は転職するべきではない
  • 「なんとかなる」という人は現実を知らない
  • どうしても転職したいなら辞める前に次を見つけろ

…ということです。

ぼくは40代で転職して、実際にハローワークの担当者から「40代を求める企業はない」とはっきり言われました。

毎日窓口で相談を受け、数多くの求人を見ている担当者がそう言い切ったのです。

これが40代の転職の現実です。

「何とかなるさ」でなんとかなるほど、世の中は甘くありません。

一度レールから外れた人を、容赦なく地獄へ叩き落すのが現実です。

甘い夢を見ないでください。

40代の転職は地獄と隣り合わせ。

だからこそ、「何とかなるさ」で仕事を辞めてはいけないのです。