【40代の仕事の探し方】ぼくが未経験職種へ転職した時の考え方

40代で仕事を探すときのポイントは「視野を広く持つ」こと。

なぜなら「今までの経験やスキルを生かす」ことにこだわってしまい、業界や職種、ポジションにこだわって失敗する方が、意外と多いからです。

ちなみにぼくは40代で、異業種の未経験職種である購買に転職しています。

この記事ではぼくが未経験で転職した時の、仕事の探し方と考え方を紹介。

この記事を最後まで読めば、40代で仕事を探すときのヒントが見つかるかもしれません。

利用出来るモノは全て利用する

まず基本になるのは、仕事を探すうえで使えるものは、すべて利用すること。

なぜなら40代で仕事を探すのは、想像している以上に難しいからです。

下手なプライドは必要ありません。

利用できるものはすべて利用して、1日でも早く仕事を見つけてください。

転職サイト

転職サイトは希望条件や勤務地などを入力すれば、多くの求人情報を集めることができます。

またプロフィールをしっかりと入力しておけば、企業側からアプローチが来ることも…あるかもしれません。

特徴は自分のペースで仕事探しができること。

応募から面接の段取り、採用後の交渉まですべて自分でやりたい方。
とりあえず情報だけほしい方には、転職サイトが最適。

ちなみにぼくは求人情報を集めるためだけに、転職サイトを利用していました。

転職エージェント

転職エージェントは、専任の担当者がついて、あなたの転職活動を1からサポートしてくれるサービス。

自分に合った求人を紹介してくれるだけではなく、応募書類の書き方や面接対策、採用後の給与交渉まで行ってくれます。

ほとんどの転職エージェントは無料で利用でき、しかもかゆいところに手が届くサービスを受けられる、とても便利なサービスです。

地方に強い転職エージェントが少ないのが欠点といえば欠点ですが…。

仕事を探すときは、利用したほうがいいサービスです。

おすすめの転職エージェント

参考までにぼくがお勧めしている転職エージェントはリクルートエージェント。

なぜならリクルートエージェントは、保有求人数が30万件以上と業界最多だからです。

はっきり言いますが、どの転職エージェントでも受けられるサービスはだいたい同じ。
また担当者との相性によっても、サービスの質が異なります。

であれば、重視するべきは紹介できる求人の多さです。

求人が多ければその分選択肢も多くなります。
選択肢が多ければ当然成功する確率も高くなるものです。

なので保有する求人数が業界最多のリクルートエージェントがお勧めです。

リクルートエージェント

ハローワーク

ハローワークは求人の紹介や相談だけではなく、応募書類の書き方や面接対策にも対応。

失業給付金の手続きや、職業訓練校などのサービスも行っています。

なので、仕事を探すときには必ず、1回は相談に行ってください。

民間の人材紹介会社にはない求人など、とても多くの求人を取り扱っています。

求人雑誌・新聞の求人広告

求人雑誌や新聞の求人広告は、情報を集めるために利用しました。

なので、雑誌や新聞に載っている求人に、直接申し込んだことはありません。

もし申し込むなら有料の求人雑誌か新聞の求人広告を使います。

理由は、求人を出すのにお金がかかるから。
そしてお金を出すということは、それだけ本気で人材を探していると考えられるからです。

親兄弟親戚、友人知人

一番採用される確率が高いのは人の紹介です。

なぜなら人材を紹介するということは、紹介した人の責任も問われるからです。

つまり!
責任を負ってでも紹介するということは、それだけ信頼できる、仕事ができる人に違いないと、会社も考えてくれるわけです。

当然採用される確率も高くなりますよね。

プライドが高いと人に紹介を頼むのは難しいかもしれません。

ですが本当に仕事を見つけたいのなら、人の紹介を頼ることも必要です。

取引先にも聞いてみる

最後は裏技的な方法ですが、思い切って取引先に人を募集していないか、聞く方法もあります。

あなたに実力があれば、話を聞いてくれる可能性があります。

ただし在職中にこの方法を使うと、会社に「辞めたがっている」と伝わる可能性高いのでおすすめできません。

もし聞くのであれば、仕事を辞めてからですね。

ちなみにぼくは、取引先からのスカウトで転職している人も、何人も知っています。
もちろんスカウトされるだけの実力があることが、大前提ではありますが。

こだわり過ぎない

40代が仕事を探すときにやりがちな失敗は、視野が狭くなることです。

例えば今いる業界にこだわったり、経験のある職種にこだわったりすること。

こだわりすぎるあまり視野が狭くなっては、見つかる仕事も見つからなくなります。

スキル・経験を広く捉える

まず大切なことは、スキルや経験を広くとらえること。

つまりほかの職種に応用できないか考える、という意味です。

ちなみにぼくはこの考え方で、未経験である購買に転職しています。

経歴を棚卸しする

まず大切なのは、自分の経歴を棚卸すること。

経歴を棚卸するときは、身に着けたスキルや経験だけではなく、成功や失敗体験もすべて書き出します。

すべてを書き出すことで、自分では気が付かなかった長所や短所に気が付くものです。

応用することを考える

経歴を棚卸したら、希望する求人で応用することを考えます。

ぼくは営業時代に、資材の購入や値下げ交渉、生産工程の管理なども並行して行っていました。

この経験は営業の傍らで仕方がなくやっていたもので、人にアピールするものではないと思っていたのです。

ですが実際に仕事を探す時には、購買や生産管理として高く評価されました。
なぜなら受注から資材の購入、そして生産から出荷、売上の回収まで、すべての流れを把握していたからです。

経歴を棚卸してさらに応用することを考えると、意外なアピールポイントを見つけることができます。

異業種・異職種にも目を向ける

業界や職種にこだわりすぎるのも、視野を狭くする原因です。

はっきり言いますが、40代が身に着けたスキルや経験は、応用すればとても多くの仕事で役に立てます。

逆に言えば、こだわればこだわるほど選べる求人の数が減っていき、仕事を探しづらくなるのです。

なので仕事を探す時は、異業種・異職種にも目を向けてください。

ぼくは業界職種にはこだわらず、自分のスキルや経験が生かせる仕事を基準に求人を探して、結果として未経験職種に転職しています。

管理職じゃなくてもいい

役職にこだわることも、40代の仕事探しで失敗する原因です。

なぜならいくらマネジメント経験があるとはいえ、いきなり重要なポストで採用することは、求人企業にとってもリスクが高いからです。

仕事を探す時には、「いきなりは無理でも将来希望したポストに就けるかどうか」を重視したほうが、うまくいきます。

譲れないことは柔軟に考える

仕事を探す時に、「給与はいくら以上。休日は何日以上。ポストは部長以上…。」などとこだわりすぎると、選べる求人が極端に少なくなります。

なので、条件で譲れないことは、できるだけ柔軟に考えることが大切。

給与は生活に必要な最低限の金額を計算しておき、それ以上もらえるなら固執しすぎない。

ポストは将来就ける可能性があるならいいなど、ある程度柔軟に考えることも、仕事を探す時には大切です。

とにかく聞いてみる

40代が仕事を探す時は、良さそうな求人があったらとにかく聞いてみてください。

とくにハローワークの求人は年齢制限を設定できないため、40代でも応募できるか聞く必要があります。

また40代は採用されるまで時間がかかる傾向があるようなので、数をこなすことも考えないといけないからです。

なので「良さそうだからキープ」ではなく、「良さそうなら申し込む」ことが大切。

40代の仕事探しは、少ないパイを多くの求職者で奪い合っているようなもの。

キープなんて考えていたら、あっという間になくなってしまいます。

良さそうな求人があったらまず聞いてみる。
応募できるならその場で申し込む。

悩むよりも行動することが、40代の仕事探しでは大切です。

最後に

今回は以上です。

40代の仕事探しは簡単ではありません。
普通に生活してきて、普通に働いてきた人ほど、仕事探しが難しくなるのが40代です。

なので、自分のスキルや経験を生かせる求人を、視野を広く持って探してください。

そしてよさそうな求人を見つけたら、迷う前に話を聞くこと。

もしほかの人に決まってしまったら、応募することもできなくなってしまうからです。

  • 視野を広く持って求人を探す
  • 良さそうな求人を見つけたら話を聞く
  • 応募できるならすぐに応募する

この記事が40代で仕事を探している方の、参考になれば幸いです。