「仕事で大失敗、もうだめだ…」と落ち込んだら読む記事

仕事で大失敗、もうだめだ

「仕事で対失敗をした……もうだめだ……」

仕事で失敗すると、すごく落ち込みますよね。

ぼくも何度か仕事で大失敗をしたことがあります。

2か月かかる納期を3週間で回答したり、入荷まで半年かかる商品の発注を忘れたり…。

納品日に発注モレに気が付いたり、2000万円の見積もりを200万円で出す人がいたり…。

そのたびに「仕事に行きたくない、このまま逃げたい」と、思ったものです。

ちなみに詳しくは書けませんが、懲戒処分に該当するような大失敗をしたこともあります。

その時は毎晩上司に事情聴取され、本当につらい日々を過ごしました。

でも数多くの失敗を経験したことで、あることに気が付きました。

それは……

  • 大体の失敗は時間が解決してくれる
  • 周りはそんなに気にしない
  • どうにもならない失敗はない
  • 報告すれば大抵の失敗は怒られて終わる

……ということ。

そんな経験から、仕事で大失敗し「もうだめだ…。」と思った時の対処法を紹介します。

この記事を最後まで読めば、解決するヒントが見つかるかもしれません。

大体の失敗は時間が解決してくれる

大抵の失敗は時間が解決してくれる

大抵の失敗は時間が解決してくれます。

それが大失敗だとしても同じです。

失敗したときは悔しくて恥ずかしくて申し訳なくて、いたたまれない気持ちになるでしょう。

上司や同僚の視線も気になるものです。

周りが気にしないと言ってくれても、心の中では何を思われているかわからない。

そう思うこともあるでしょう。

ですがこの悩みは時間が解決してくれます。

大失敗した後の数日がつらくても、2週間・1か月・3か月と時間が経つにつれ、みんな忘れていきます。

そう、大抵の失敗は時間とともに薄れていくのです。

周りはそんなに気にしない

周りはそんなに気にしていない

失敗をすると周りの目が気になりますよね。

それが大失敗ともなれば、どんな目で見られるのか不安に感じるものです。

ですが周りはそんなに失敗を気にしません

正確には、人のことをそんなに気にしていないんです。

むしろ自分のことだけで手いっぱいなんですよね。

大きな迷惑をかけられたとしても、しっかりと誠意をもってお詫びをすれば、ほとんどの人が許してくれます。

もしいつまでたってもうわさになったり、影口を叩かれたりするのなら、それはあなたの態度に問題があるのです。

失敗をしたときに、周りの目が気になるのは仕方がないこと。

ですが、他人は自分のことをそこまで気にしていないということも、覚えておいてください。

どうにもならない失敗はそんなにはない

どうにもならない失敗はそんなにはない

数多くの失敗を経験してきて言えることは、どうにもならない失敗はそんなにはない、ということ。

例えば………

入荷まで半年かかる商品の発注を、忘れたことに気が付いたのは、なんと出荷日の前日です。

明日納品する商品なのに、「明日から半年かかります」とお客様に連絡しなければいけなくなったのです。

この時の絶望感はすさまじかった。

顔面から血の気が引き、体温が一気に下がっていく。

そして全身から冷たい汗が吹き出し、めまいと吐き気と頭痛が同時に襲ってくる。

さらに立ち眩みも加わって、いまにも倒れそうな状態になります。

社内が蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、上司からは怒涛の如く怒られる。

………そんなめちゃくちゃな大失敗をしても、会社をクビにはなりませんでした。

結局お客様にはさらに半年待ってもらい(もちろん誠意を尽くして謝罪しています)、上司には始末書・対策書などいろいろな書類を提出。

まぁ、規定通りの対応をとって終わったわけです。

これだけの大失敗をしても意外と何とかなります。

言い換えればどうにもならない失敗はそうそうない、ってことです。

どうにもならない失敗とは

参考までにぼくが考えるどうにもならない失敗は次の2種類。

  • 法に触れる失敗
  • 人命にかかわる失敗

この2つの失敗をしてしまうと、どうにもならなくなります。

逆に言えばこの2つとは関係のない失敗であれば、意外と何とかなるものです。

失敗したら隠さず報告

失敗は隠さずに報告

数多くの失敗をしてきた経験から言うと、失敗をしたら隠さずに報告することが大切です。

なぜなら隠したり、報告を遅らせたりすると、自分が苦しくなるからです。

翌日に持ち越すと眠れなくなる

まずいえることは、失敗の報告を翌日に持ち越すと、不安と恐怖で夜眠れなくなります。

  • 上司に報告したら怒られるだろうな
  • ミスが大事になったらどうしよう
  • ひょっとするともうばれていて、出社と同時に怒られるかも

そんな不安と恐怖が一晩中頭の中を駆け巡るのです。

すると目がさえてしまい、眠れなくなります。

報告が遅れるほど大事になる

さらにきついのは、報告が遅れるほど失敗が大失敗になる可能性が高くなります。

例えば先ほどの商品の発注を忘れていたミスの場合。

納品日の前日に連絡すればものすごく怒られます。

ですがもし、報告を先延ばしにして、納品日の翌日に連絡したらどうなるでしょう。

おそらく激怒され、二度と注文が来なくなるでしょう。

それどころか、担当者やその上司だけでは話が収まらず、もっと上の役職者に対応を依頼する事態になるかもしれません。

つまり報告を先延ばしにすると、火種で済む話が大火事になってしまうのです。

嘘をつくと戻れなくなる

また失敗を隠すために嘘をつくと、後戻りできなくなります。

また同じ話を例にしますが、書品の発注を忘れていたミスの場合。

入荷まで半年かかるのに、「納品が遅れています。1週間後には入荷する予定です」と嘘をつけば、その場は収まるかもしれません。

ですが1週間後に商品が用意できなければ、さらに問題が大きくなりますよね。

嘘をごまかすために、「問屋で欠品した」「配送のトラックが事故を起こした」など、さらに嘘をつくことになるでしょう。

嘘を嘘で塗り固め、何が本当かわからなくなり、最後には取り返しのつかないことになります。

正直に報告して償ったほうが楽

ぼくの経験では、失敗はすぐに報告したほうが、後々精神的に楽になります。

確かに大失敗をすれば大事になりますし、対応と原因追求のために何日も時間がかかるかもしれません。

でもね。

失敗の対策を会社が取ってくれるということは、解決に向かっているということ。

「いつかバレルかもしれない…」と怖がるよりも、「失敗をどうやって償おう」と考えたほうが、気持ちとしては楽なんです。

なので、失敗の大小に関係なく、正直に報告して償ったほうが楽なんです。

大体の失敗は時間が解決してくれる

時間が解決してくれる

最後にもう一度、大失敗をしたときの究極の対処法を教えます。

それは、大体の失敗は時間が解決してくれる、です。

といっても、何もせずにただ時間だけが過ぎても解決しません。

やるべきことをきちんとやって、解決するための努力をすれば、時間とともに良い方向に進んでいく、という意味です。

大失敗をするとすごく落ち込みます。

ですが落ち込んでいてもどうにもなりません。

やるべきことをきちんとやって、失敗を解決するために全力を尽くしてください。

あとは時間が解決してくれますから。

人気記事泣くほど仕事がつらい人へ。本当につらいときは耐えずに逃げてください。

会社に依存しない人生を!
サラリーマン向け無料ブログ講座

わたしは、今あなたが読んだこのブログで、毎月10万円以上稼いでいる現役のサラリーマンです。

ブログのジャンルは転職や仕事の悩み。

つまり、毎日の仕事で感じた不満や悩み、仕事で得た経験をブログの記事にして、毎月10万円以上稼いでいます

この話を聞いてこう思いませんか?

「仕事のことを書くなら、わたしにもできそう」と。

 

今回ブログの基礎がわかる「サラリーマン向けブログ講座」を始めました。

なぜブログ講座を始めたのかというと、公式LINEの友達を増やしたいからです(笑)

この「サラリーマン向けブログ講座」では、ブログだけで2000万円以上稼いだ筆者が、ブログ運営に必要な知識を無料で配信

毎日送られてくる全11回の講座を読むだけで、何をどうすればいいのかがサクッと丸わかり。

始め方は簡単。
ぶのし公式LINEを友達登録するだけ。

「ブログ副業を始めたい!」

そう思ったらぜひチャレンジしましょう!
「始めたい」と思った今が、学ぶチャンスです!

>>>無料ブログ講座の詳細はこちら