なぜ納期を守る必要があるのか

なぜ、納期を守る必要があるのか。

転職先の業界では、納期遅れが当たり前のように起こっています。
しかもどの取引先も、事前連絡をしてきません。

今までは「納期を守るのが当たり前」だと考えていたので、納期遅れが頻繁に起こることが、不思議で仕方がないのです。

日本は納期に厳しい社会だといわれています。
それでも、納期を守らない会社はある。

ではなぜ、納期を守る必要があるのか。
取引先が納期を守らない理由とともに、ぜひ最後まで読んでください。

納期を守れない理由

納期は守って当たり前、守れないのであれば事前に打ち合わせるものです。

ですが対応可能な納期を連絡せず、一方的に納期を破棄する会社が存在します。

なぜ納期を守れないのか、その理由をいくつか紹介します。

納期に無理がある

まず考えられるのは、設定された納期に無理がある場合。
これは、発注元が一方的に納期を決めた場合に起こります。

受注先が対応できない納期を、発注元が一方的に押し付ければ、納期を守れなくて当たり前です。

無理がある納期を守れというほうが、理不尽ですよね

罰則がない

契約で納期遅延の罰則がなければ、出来たら納めればいいか、と考えてしまうかもしれません。

といっても、納期を守るのは当たりませの事。
「納期=約束」なので、一方的に納期を無視すれば、当然信頼を失います。

とはいえ罰則がなければ、守らなくてもいいと考える人はいます。

取引がなくなっても損害が少ない

発注元との取引がなくなっても、経営上の損害が少ない場合も、納期を無視されます。
この考え方で仕事を選ぶ会社は、意外なほど多いものです。

事前に納期を決めていても、大口の取引先から仕事が入れば、小口の仕事は後回しにされます。

結果として納期に間に合わなくても、特にお詫びなどはありません。

損害が少なければ、後回しにされるのは、本当によくある話です。

習慣になっている

意外と多いのが、納期遅延が習慣になっている会社です。
これは長い取引の中で、「数日の遅れなら問題ない」と知っていることが原因になります。

発注元の納期を把握しているため、連絡した納期を無視する。
最終納期に遅れなければ問題がないと考えている取引先も、結構な割合でいます。

納期は納期。
守って当たり前なのですが……。

遅れても問題ないという長年の習慣は、なかなか改善できないものです。

納期を守る理由

ではなぜ、納期を守らないといけないのか。
その理由をいくつか紹介します。

信頼を損なう

「納期=約束」です。
納期を守らないのは、約束を守らないのと同じ。

約束を守らない人は、信頼されません。
約束を一方的に破れば、培ってきた信頼も失います。

つまり納期を守らなければ、厚い信頼も一瞬で失ってしまうのです。

信頼を得る、あるいは守るためにも、納期は守らなければいけません。

スケジュールが狂う

納期が遅れれば、事前に立てたスケジュールが狂います。
スケジュールが狂えば、発注元の納期もずれてくるでしょう。

とくに繁忙期に納期遅れが発生すると、立て直しができないほどスケジュールが狂います。
時には関係会社すべてに影響を与えることがあるのです。

全体のスケジュールを守るためにも、納期は守る必要があるのです。

多額の損失が発生する

納期から遅れれば、少なからず損失が出ます。

例えば納期が遅れたことでスケジュールにずれが出ると、スケジュールを組みなおす必要が出てきます。
つまり、本来必要のなかった「スケジュールの組みなおし」という人件費が発生するわけです。

ほかにも、納期遅延による罰則もあります。
元請けで損害が発生すれば、高額な損害賠償を求められることもあるでしょう。

それ以外にも、予定していた工程が行えずに、多くの人手が無駄になることもあります。

つまり納期遅れが多額の損失が発生するわけです。

これを避けるためにも、納期は守らなければいけません。

最後に

今回は以上です。

納期を守れないと信頼を失います。
下手をすると、多額の損害賠償を請求されることもあるのです。

なので、一度決めた納期は守る必要があります。

ただし、相談したにも関わらず一方的に決められた納期は違います。
できない納期を守れというのは無理な話です。

なので、納期はお互いに納得のいく日にすることが大切。
そして守れないときは、必ず事前に連絡を入れましょう。

納期を守ることを前提に、連絡を密に取りながら、仕事を進めることが大切です。

会社に依存しない人生を!
サラリーマン向け無料ブログ講座

わたしは、今あなたが読んだこのブログで、毎月10万円以上稼いでいる現役のサラリーマンです。

ブログのジャンルは転職や仕事の悩み。

つまり、毎日の仕事で感じた不満や悩み、仕事で得た経験をブログの記事にして、毎月10万円以上稼いでいます

この話を聞いてこう思いませんか?

「仕事のことを書くなら、わたしにもできそう」と。

 

今回ブログの基礎がわかる「サラリーマン向けブログ講座」を始めました。

なぜブログ講座を始めたのかというと、公式LINEの友達を増やしたいからです(笑)

この「サラリーマン向けブログ講座」では、ブログだけで2000万円以上稼いだ筆者が、ブログ運営に必要な知識を無料で配信

毎日送られてくる全11回の講座を読むだけで、何をどうすればいいのかがサクッと丸わかり。

始め方は簡単。
ぶのし公式LINEを友達登録するだけ。

「ブログ副業を始めたい!」

そう思ったらぜひチャレンジしましょう!
「始めたい」と思った今が、学ぶチャンスです!

>>>無料ブログ講座の詳細はこちら