40代の転職は給与が安すぎてみじめになる

40代の転職は給与が安くてとてもみじめな気持ちになる

タイトルの通りです。
私は43歳で転職しました。

というのも、独立して失敗したからです。

転職活動は本当にみじめでした。

何しろハローワークの職員が私の年齢を聞いただけで、次のように断言したんです。

  • 40代の転職は厳しい
  • 求人はほとんどない

つまり転職活動を始める前に「40代の転職は無理だ」と、遠回しに言われたわけです。

そして次の仕事を見つけても、年収がめちゃくちゃ下がるという……。

仕事で失敗しているから、仕方がないといえば、仕方がないのかもしれません。

年収ダウンがとにかくみじめ

40代求人の給与が安い

みじめだなぁ。

そう思ったのは、何よりも年収が大幅に下がったことですね。

自慢じゃありませんが、独立する前は年収1千万まで行っていたんです。

独立したあとも年収800万円くらいありましたし。

それが40代で再就職したら、手取り22万円ですよ……。

もうね。
なんだこの低さは!と、悲しくなりました。

とはいえ独立に失敗していますから、給与がもらえるだけでもありがたい。

お金がないと食べていくこともできませんから。

でもみじめでしたね。

今まで頑張ってきたのはいったい何だったのかと、本気で落ち込みました。

30代より下だと思うと泣きたくなる

年下より給与が安い

さらに落ち込むのは、同じ会社で働いている30代よりも、給与が安いということ。
向こうは役職がついていますから、仕方がないことなのですが。

それでも年下に年収で負けるのは悔しい!

ほんの数か月で同等以上の仕事をこなせるようになっても。
実績で上に行ったとしても、年下のほうが給与が高いのです。

まぁ、知らなければ大きな苦痛にはならないのかもしれませんが。

それでもみじめですよね。

親戚だと比べられる可能性がある

一番怖いのは、親族の集まりで年収の比較をされることです。

よくありますよね。

  • お宅の旦那いくらくらい稼いでいるの?
  • 給与はどのくらい?

こんな下世話な質問をされること。

これが本当に恐怖です。

多分……というか、間違いなく年下の甥っ子のほうが給与が高いでしょうね。

これはこれで、本当に惨めな気持ちになります。

40代の転職は慎重に

安易にやめてはいけない

そんな経験をした私から言えるのは、40代の転職は慎重に行いましょう、ということ。

何も考えずに転職へと踏み切ると、この世の地獄を見ることになります。
みじめなだけで済めば、まだいいほうかもしれません。

何しろ世間は40代に対してとても冷たい。

どこぞの社長が45歳定年説なんて言うの打ち出しましたよね。
反発もたくさんありましたが、あれが経営者の本音です。

つまり40代で転職しようというのが間違い。
よほどのスキルがない限り、今の会社にしがみついたほうがいいんです。

40代の転職がどのくらい厳しいかというと…続きはこちら➡40代の転職は想像以上に厳しい!できれば仕事は辞めない方がいい

転職したいならプロを頼れ!

40代で転職したいなら、プロを頼りましょう。
なぜなら、世間は40代に冷たいからです。

普通に転職しようとすると、給与ががっつり下がります。
それを避けるには、あなたを必要としている会社を探すしかありません!

必要とされていれば?

ほしい給与をもらえますよね。
やりたい仕事もできます。

で、必要とされている仕事を探すには?

個人じゃ無理です。
出回っている求人情報だけで探すのは限界があります。

何より、本当に人が欲しい会社は、転職エージェントを使います。

なぜか?

必要なスキルのある人だけに紹介する、非公開求人として扱われるからです。

なぜ非公開求人が良いのか。
まず、余計な応募がありません。

スキルも経験もない応募はうざいだけ。
これがないわけです。

次に、信用できる人だけが求人を知ることができます。
プロが「この人なら!」という人に求人を紹介しますからね。

この2つがめちゃくちゃ大きい。

なので、本当に人が欲しい企業は転職エージェントを使います。
この事実を理解してください。

さて、40代で転職を成功させるには?

転職エージェントを頼りましょう。
ほかの道は、知人友人の紹介しかありません。

それが期待できないなら・・・転職エージェントを利用しましょう。

プロはプロたる所以があります。

給与が下がるの・・・いやですよね?
新卒と同じ給与とか、笑えませんよね?
今の生活を維持したいと思いますよね?

それなら、道はひとつです。

大丈夫!
気に入らなければ断ればいいだけです。

大手を振って、プロを頼りましょう!

リクルートエージェント

タイトルとURLをコピーしました